MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型BMW3シリーズG20のボディや荷室サイズは?F30と比較すると大型化!

新型BMW3シリーズG20

新型BMW3シリーズG20ボディサイズは、F30型(先代)と比較するとどのようになったのでしょう。

情報によると全体的に大型化したようですが、どれほどサイズが大型化したのでしょうか?

今回は新型BMW3シリーズG20ボディサイズ及び、荷室のサイズについてF30型比較をしながら解説をしてまいります!

目次
広告

新型BMW3シリーズG20のボディサイズについて

①F30型と比較するとデカい!?

新型BMW3シリーズG20

F30型 G20型 比較
全長 4,645mm 4,709mm +64mm
全幅 1,800mm 1,827mm +27mm
全高 1,440mm 1,442mm +2mm
ホイールベース 2,810mm 2,851mm +41mm

※F30型はグレードによって僅かにサイズが異なります

 

全体的にかなりでかくなってしまったG20型3シリーズ。

もっとも顕著なのは全長が64mmも伸びたことです。

中国では車体が長い車が好まれる傾向にあるので、全長が伸びたことは中国市場を意識してのことかもしれませんね。

 

全長が大きく伸びたことで、ホイールベースが41mm長くなっています。

つまり室内空間が拡大したと言えるでしょう。

後部座席は更に広くなったと考えられます。

また41mm伸びたことで直進の安定性も増しているはずです。

それを感じ取れる人は少ないとは思いますが(笑)

 

日本で運転するにあたって最も気になるのは全幅の拡大でしょう。

F30型は1,800mmと日本国内を走るにあたって最高にちょうどいいサイズだったのですが、G20型3シリーズは1,827mmと27mmも全幅が拡大しています。

最近の車の多くが巨大化していますが、ほんの少し拡大されたこと

 

②F30のサイズは海外と日本では違う?

BMW3シリーズF30

F30(日本) F30(海外)
全長 4,645mm 4,620mm
全幅 1,800mm 1,811mm
全高 1,440mm 1,430mm
ホイールベース 2,810mm 2,810mm

F30型3シリーズは、海外で発売されているものと日本で発売されているもののサイズが違います。

グレード等で全長や全高は多少変わるのですが、日本仕様に向けて改良されたのは全幅の縮小です。

 

なぜ日本では全幅が1,800mmが乗りやすいと言われているか、それは道が狭いからというのが原因の1つです。

もう1つは機械式立体駐車場の全幅の制限の多くは『1800mm』か『1850mm』と言われており、その制限に対応するためにボディサイズを縮小したといわれています。

 

つまりG20型3シリーズも日本仕様は全幅が縮小されている可能性がありますね!

さすがに1,800mmまで縮小するのは難しいかと思いますが。

 

ちなみに1,800mm制限の立駐に1,800mmの車を停めるのは、神経をとがらせていないと擦りそうになるので、ヒヤヒヤものです(笑)

 

③G20は機械式立体駐車場に入るか?

新型BMW3シリーズG20

G20型3シリーズの全幅は、パリモーターショーのワールドプレミアされた車体だと1,827mmと公表されています。

つまりこのままのモデルが日本にやってくると、1,800mm制限の立駐に停めるのは不可能ということです。

1,850mm制限の立駐でも両側に1cm程しかマージンがないため、駐車の難易度が上がります。

 

日本仕様がもう少しサイズを縮小していれば、ちょっとは停めやすくなるかと思います。

ただしそれでも1,800mm制限の立駐にG20型3シリーズを駐車することはできないでしょう。

 

新型BMW3シリーズG20の荷室サイズは?

新型BMW3シリーズG20の荷室

G20型3シリーズの荷室容量は480Lです。

F30型3シリーズの荷室容量も480Lです。

つまりフルモデルチェンジによって荷室容量に変化はありません。

 

参考までにF30型の荷室にどれだけ物を積むことができるのかを検証した画像があるので、ご覧ください。

 

F30型の荷室

大きなスーツケース2つと、小さめのスーツケースを1つ入れています。

高さがあまりない分大きなスーツケースを3つ以上入れるのは難しいようです。

 

F30型の荷室

後部座席を倒せば大きな荷物を入れることが可能です!

セダンタイプなのでボディに傷をつけないように入れるのが難しいのですが、入ることは入ります。

 

ちなみにライバル車種であるW205型のCクラスの荷室容量は445Lなので、G20型3シリーズの方が荷室容量は広いです。

広告

新型BMW3シリーズG20に関連するその他の記事

[card2 id=”1173″ target=”_blank”]

参考:新型BMW 3シリーズG20の内装最新画像!フルデジタルメーターを採用?

[card2 id=”6415″ target=”_blank”]

参考:新型BMW 3シリーズG20の内装最新画像!フルデジタルメーターを採用?

[card2 id=”6526″ target=”_blank”]

参考:新型BMW3シリーズツーリングワゴンG21の日本発売は2019年10月か!?

 

広告

新型BMW3シリーズG20のサイズについてのまとめ

G20型3シリーズはフルモデルチェンジによってボディサイズが大型化しています。

特に運転する際に最も気になる全幅が拡大していますね。

日本仕様ではもしかしたら縮小する可能性もありますが、F30型の1,800mmを超えてくるのではないでしょうか。

平置き駐車場であれば特に気にするほどのサイズ感ではないですが、機械式立体駐車場に頻繁に車を駐車するようであれば、選択肢から外れてしまうかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次