MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型BMW M3 G80は2020年に日本発売?フルモデルチェンジ最新情報!

新型BMW M3 G80

新型BMW3シリーズG20フルモデルチェンジして2019年に発売されるということは、新型BMW M3 G80の発売が待ち構えているということです。

BMW M3はMシリーズの中でも最も人気がある・・・かどうかはM4の登場で怪しいところなのですが、人気なのは間違いないですね。

今回は2020年日本で発売と噂されている、新型BMW M3 G80フルモデルチェンジ最新情報をお届けいたします!

目次

新型BMW M3 G80とは?

2019年3月に発売のBMW3シリーズG20をベースとして開発中の、ハイパフォーマンスモデル。

参考:BMW次期新型3シリーズG20がフルモデルチェンジ!日本発売は2019年3月?

 

ライバル車種であるAMG C63に負けることは許されない宿命を背負った1台です。

参考:新型AMG C63(205後期型)がマイナーチェンジ!2019年日本発売?

 

新型BMW M3 G80の画像

①2017年冬に撮影された『新型BMW M3 G80』

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

カモフラージュされている箇所が多すぎてよく分かりませんね・・・

分かりにくいですがリアのマフラーは4本出しとなっています。

 

②2018年春に撮影された『新型BMW M3 G80』

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

新型BMW M3(G80)

カモフラージュは全く変わらないため、外装はベールに包まれたままです。

 

③『新型BMW M3 G80』のレンダリング画像

新型BMW M3 G80

新型BMW M3 G80

新型BMW M3 G80

 

海外サイトが発表したBMW M3(G80)のレンダリング画像です。

確かにこんな感じになりそうだなという雰囲気ですね。

 

BMW次期新型3シリーズG20のMパフォーマンスパーツ

BMW3シリーズG20

新型BMW3シリーズG20がベールを脱いだことで、新型M3 G80の姿も想像しやすくなりましたね。

 

 

広告

新型BMW M3 G80 のスペック

①新型BMW M3 G80の『エンジンとパワー』

新型M3は引き続き3.0Lの直列6気筒ターボエンジンを搭載する予定です。

シルキーシックスと呼ばれる伝統の直6エンジンの搭載を聞いて、ファンも安心したことでしょう。

 

現行型のF80はベースグレードで431馬力を発揮していますが、新型M3は500馬力を超える出力となるのではないかと噂をされています。

もし500馬力到達が本当なのだとすれば、W205型のAMG C63を上回る出力になってしまい、コーナリング性能の劣るAMGがどう対抗してくるのか、見ものですね。

軽量(と言ってもライバル車種よりは軽い程度)であることが競合車種であるAMG C63やアウディRS4に対する優位性であるため、ハイブリッドの搭載は予定していないとのことです。

しかしながら次期型のAMG C63はハイブリッドシステムの搭載を仄めかすような発言をしており、様々な技術的問題が解決すれば新型M3にもハイブリッドシステムの搭載は、十分にあり得るのかもしれません。

 

②新型BMW M3 G80の『駆動方式』

新型M3は引き続きFR(後輪駆動)を採用するでしょう。

4WD(xDrive)を採用する可能性も噂されていますが、上位グレードであるM5を走りで上回ってしまう可能性があるため、新型M3の4WD(xDrive)採用は見送られると予想します。

AMGのCクラスが4MATICを採用しないのと同じですね。

 

③新型BMW M3 G80の『トランスミッション』

BMW M5(F90)にも採用された”8速Mステップトロニック・トランスミッション”が搭載される予定です。

新型BMW M5(F90)のスペック!エンジンや馬力(パワー)は?

驚異的なシフトスピードが息継ぎをほぼ感じさせない、スムーズかつ激しいGを感じられる加速を実現させます。

 

MモデルにはDCT(デュアルクラッチトランスミッション)のイメージが強かったですが、BMWがDCTではATに勝つことができないと発言していることを体現することになりそうです。

DCTの優位性は”軽量”と”変速スピードの速さ”の2つですが、技術の進歩によりトルコンATがDCTを上回るようになったということでしょう。

 

④新型BMW M3 G80の『プラットフォーム』

新型3シリーズでも採用されるCLARという軽量プラットフォームを使用する予定であり、現行型のF80型よりも軽量なマシンに仕上がると予想されます。

軽快なハンドリングにより磨きがかかるのではないでしょうか。

またCLARの採用はボディサイズの拡大を意味しています。サイズは大きくなるものの軽量化は進むわけですね!

 

新型BMW M3(G80)の動画

まつけん
見当たらない・・・
マイケル
死ぬ気で探せ
まつけん
鬼だ・・・

 

広告

新型BMW M3 G80 の発売日は?G20よりは遅れる!

新型BMW M3 G80の発売は2020年内と言われており、東京オリンピックの年まで待たなければならなさそうです。

新型BMW3シリーズが2019年3月に発売予定ですので、新型M3の発売はまだまだ先のことになりそうです。

 

現行型のM3 F80は2018年5月に生産終了となりますので、約2年間の空白期間が生じることになりますね。

環境規制に適合することができず、改良を加えるだけの資金をペイできないと見込んでの生産終了のようですが、ちょっぴり悲しいですね。

 

広告

新型BMW M3 G80のフルモデルチェンジまとめ

新型BMW M3 G80の発売は2020年とまだまだ先のことであるため、謎のベールに包まれた点が非常に多いです。

特に気になるのは”見た目”であると思いますが、その姿を我々の前に見せてくれるのは早くとも2019年となりそうです。

気長に待ちましょう!

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次