新型AMG C63(205後期型)がマイナーチェンジ!2019年日本発売?

ついにメルセデスベンツCクラスの最強モデルである、新型AMG C63マイナーチェンジ後の画像と動画が公開されました!

セダン・クーペ・ワゴン・カブリオレと205型Cクラス4兄弟全てが後期型へとマイナーチェンジします。

マイナーチェンジされたC63は2019年内に日本発売開始となるか?街中で走る姿を見るのが非常に楽しみです!

★メルセデスベンツCクラスのまとめページはこちら!Cクラスの情報を徹底網羅!★
W204 C63amg【解体新書】この記事だけで満足ですか?メルセデスベンツCクラスについてもっと知りたい方のためのまとめページ!

Sponsored Link

205後期型 AMG C63について

 

大きく変わったのは、フロントグリルがパナメリカーナグリルになったこと!

パナメリカーナグリルについては後程ご説明いたしますが、一言でいうと”縦のラインが入ったグリル”と言ったところでしょうか。

横一文字にシルバーのラインが入っていた前期型とは、大きく顔つきが変わりました。

パナメリカーナグリルってあんまり好きじゃなかったんですが、一目見てかっこいいと思ってしまいました(笑)

 

新型AMG G63、GLC63でもパナメリカーナグリルが採用されており、今後のAMGはパナメリカーナグリルがスタンダードとなるようです。

ただしワンマン・ワンエンジンではない、いわゆる工場で生産されたエンジンを搭載するモデルには、パナメリカーナグリルは与えられないようです。

例)43,53シリーズ

 

パワートレインは前期型と変わらず4.0LのV8ツインターボエンジンで、通常モデルは476馬力、Sは510馬力とのことです。

 

新型AMG C63(205後期型)の画像

①AMG C63セダン

AMG C63セダン

AMG C63セダン

 

②AMG C63クーペ

AMG C63クーペ

AMG C63クーペ

AMG C63クーペ

AMG C63クーペ

 

③AMG C63ワゴン

AMG C63ワゴン

AMG C63ワゴン

 

④AMG C63カブリオレ

AMG C63カブリオレ

AMG C63カブリオレ

 

パナメリカーナグリルで厳ついフロントフェイスとなり、獰猛さをアピール。

羊の皮を被った狼と例えられることがありますが、羊の皮は半分以上剥がれかけています。

 

また、前期型のW205型AMG C63についての記事はこちらです!

c63セダンの画像 W205 メルセデスAMG C63の化物スペック、その価格は?

参考:W205 メルセデスAMG C63の化物スペック、その価格は?

 

新型AMG C63に採用されたパナメリカーナグリルとは?

1950年代にレースで優勝した300SLというメルセデスのレーシングカーのグリルが”パナメリカーナグリル”の名称のルーツとなっています。

その300SLが優勝したレースはメキシコで行われており、レース名が”カレラ・パナメリカーナ・メヒコ”ということだそうです。

Sponsored Link

新型AMG C63(205後期型)の動画



欲しいけど年収の倍以上はするのでなかなか厳しい…

中古で出回るまでは我慢ですね💦

 

新型AMG C63(205後期型)の日本発売は2019年?

通常のCクラスが2018年に発売され、それを追うように日本では2019年に発売となるでしょう!

価格は1500万円前後と予想されます。

グレードは現行型と同じく『C63』『C63S』の2つが用意される見込みです。

前期型みたく『エディション1』的な何かがあるかもしませんが、ブラックシリーズの噂は聞こえてきませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください