新型SKフォレスターの燃費を予想!フルモデルチェンジで改善?

新型フォレスター

2018年3月にフルモデルチェンジをする予定の新型スバルフォレスターの姿が公開されましたが、新型になり燃費は改善されるのでしょうか?

燃費に関わってくるのは「エンジン」ですから、新型フォレスターに搭載されるエンジンと共に検証してまいりましょう!

★スバルフォレスターのまとめページはこちら!フォレスターの情報を徹底網羅!★
xv フォレスター 違い【解体新書】この記事だけで満足ですか?フォレスターについてもっと知りたい方のためのまとめページ!

Sponsored Link

 

現行SKフォレスター(SJ)に搭載されているエンジン

①FB20型(水平対向4気筒 2.0L DOHC)

下位グレードのフォレスターに搭載されているFB20型エンジンですが、2.0LのNAエンジンであり最高出力は148馬力です。

街中で走るには特に不満が出るようなパワーではありませんが、148馬力であれば2.0Lも必要なのかな~と思ってしまいます。

 

②FA20型(水平対向4気筒 2.0L DOHC 直噴ターボ”DIT”)

上位グレードのフォレスターに搭載されているのが、この2.0Lターボのエンジンであり、最高出力は280馬力です。

2.0Lターボで280馬力というのは、昔の日本車スポーツカー市場を思い出すようなスペックですね!

 

新型SKフォレスターに搭載されるエンジン

①水平対向4気筒 2.5L DOHC(NA)

新型フォレスターに搭載されるとみられているエンジンの1つは、従来のものより500ccボアアップしたエンジンになるようです。

すでに北米向けモデルでは、このエンジンが実用化されているみたいですね。

ボアアップした分、若干燃費は落ちてしまうかもしれませんが馬力は180馬力近くまで上昇するようです。

 

②水平対向4気筒 2.0L DOHC(NA)+マイルドハイブリッド

新型フォレスター

新型フォレスターの目玉?となるのが、2.0LのNAエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせたエンジンです。

マイルドハイブリッドって何?ってなると思うのですが、プリウスなどとは違いあくまでモーターはエンジンの補助を行うのみであり、モーターのみでの走行はできません

それがマイルドハイブリッドです。

Sponsored Link

 

新型フォレスターの燃費

①水平対向4気筒 2.5L DOHC(NA)

新型フォレスター

現行の2.0L NA搭載モデルの燃費はカタログ値で16.0km/Lです。

実燃費は走り方によっても変わってきますが、10~12km/Lくらいと報告されています。

新型フォレスターのボアアップされたエンジンでは、これより若干燃費が悪化すると思います。

ズバリ、新型フォレスターの燃費は9~11km/Lと予想します!

郊外や田舎に在住の場合はもう少し燃費が良くなると思います。

 

②水平対向4気筒 2.0L DOHC(NA)+マイルドハイブリッド

新型フォレスター

さて、気になるのはこちらのマイルドハイブリッドの燃費ですが、スバルフォレスターとしては初のハイブリッド搭載モデルです。

似たような車種である日産エクストレイル(2.0Lエンジン+ハイブリッド)はカタログ値で20km/Lですので、これに近い燃費となるでしょう。

ズバリ、マイルドハイブリッド搭載の新型フォレスターの燃費は15~16km/Lと予想します。

高速道路だと20km/L近くは走るでしょうし、フォレスターがこれだけ走れば十分だと思います。

 

その他新型フォレスターの関連記事

記事

参考:スバル新型SKフォレスターは7人乗りで2018年フルモデルチェンジ?

参考:新型スバルSKフォレスターの予想価格は?STIの価格も検証!

 

スバル新型フォレスターのTOP PAGE

新型フォレスタースポーツ
下記「スバル新型フォレスター(SK)のモデルチェンジ最新情報の全て!」がスバル新型フォレスターの総合ページです。

[blogcard url=”https://c63amg-young.com/2018/04/21/new_forester2018_fmc/”]

 

最後に

新型フォレスター

正式なスペックが出てくるのが楽しみですね。すでに現行型のフォレスターの受注生産は終了しているので、情報が公開される日は近いでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください