マツダ新型次期デミオがフルモデルチェンジ!2020年発売となるか?

デミオコンセプト

※上記画像は現行デミオのコンセプトイメージ

マツダの新型アクセラが2019年に登場。

となると最もお手頃なコンパクトカーであるデミオもフルモデルチェンジがそろそろでしょう。

新型次期デミオは『2019年』or『2020年』に登場となる線が濃厚です。

同時期にアテンザのフルモデルチェンジも予想されており、デミオのフルモデルチェンジも非常に楽しみですね!

今回はマツダ新型デミオのフルモデルチェンジ情報、特に発売時期にフォーカスしてお届けしたいと思います!

Sponsored Link

新型次期デミオの発売は周期的に2020年!?

  • 初 代:1996年~2002年
  • 2代目:2002年~2007年
  • 3代目:2007年~2014年
  • 4代目:2014年~

デミオのフルモデルチェンジ周期は上記の通り。

およそ6年前後でフルモデルチェンジをしています。

最短で5年、最長で7年。

もうデミオはいつフルモデルチェンジをしてもおかしくないですね。

 

個人的には2020年の後半になるのではないかと予想しています。

2018年末のクリスマスイブに当記事を書いていますが、スパイショットが全く出回っていないので2019年内のフルモデルチェンジはないだろうと思っています。

ではなぜ2020年後半なのか?

 

新型次期デミオはアテンザよりも後のフルモデルチェンジか?

2020年にはアテンザもフルモデルチェンジを行うと言われています。

現行アテンザは2012年後半から発売開始、現行デミオは2014年なのでアテンザのほうが先だろうと。

同時期に2車種がフルモデルチェンジするかなあ、ということでアテンザが2020年前半ならデミオは2020年後半かなと思っています。

 

ただしCX-3も2020年にフルモデルチェンジとは言われています。

今まではデミオをベースとしていましたが、アクセラをベースに大型化すると言われています。

 

このままだと

マツダは2020年に何車種フルモデルチェンジすんねん!

となってしまうので、恐らくこの内の1車種は『2019年』or『2021年』のフルモデルチェンジとなるでしょう。

登場次期だけで考えるのであれば、2014年に登場したCX-3が2021年にフルモデルチェンジになるかと思います。

CX-3がアクセラベースで生まれ変わるなら2019年登場も夢ではありませんが。

 

参考:新型次期CX-3はフルモデルチェンジでアクセラベースに?サイズを比較!

 

新型次期デミオはのエンジンはSKYACTIVE-Xと?

①SKYACTIVE-X

SKYACTIVE

2019年発売となる新型アクセラに搭載される次世代型ガソリンエンジン、SKYACTIVE-Xの搭載は間違いないでしょう。

今までのSKYACTIVEとどう違うのかが気になりますよね。

簡単に言うと、今までのエンジンよりも低燃費かつ高トルクなガソリンエンジンが生まれたということです。

 

HCCI(予混合圧縮着火)という技術を現実にすることで達成できた、次世代エンジンとも言えるSKYACTIVE-X。

一般のユーザーからしてみればよく分からないことですが、ディーゼルエンジンでやっていたことをガソリンエンジンでもできるようにしたということですね。

 

これにより従来のSKYACTIVE-Gと比較して『全域で10%以上、最大で30%のトルク向上』『20~30%の改善』と謳っています。

力強い加速力と低燃費が手に入りますということですね。

 

また、新型アクセラには2.0Lのエンジンが搭載されるかと思いますが、デミオに2.0Lは大きすぎるので1.5Lにダウンサイジングされることになるでしょう。

 

②SKYACTIVE-D Gen2

SKYACTIVE

マツダのディーゼルエンジンは、尿素SCRシステム(有害物質を分解する装置)を使わずともクリーンな排気を行うことができます。

尿素SCRシステムとは、尿素を素に化学反応を起こして、排出されるNOx(窒素酸化物)を分解する装置のことです。

これを搭載すると重量増・装置を搭載することによる高額化といったデメリットがあります。

独自技術でそれをなんとかしたわけです。

 

このSKYACTIVE-Dも次世代型(Gen 2)の開発が進んでおり、2020年に完成が予定されています。

新型次期デミオの発売が2020年になると、次世代型のGen 2が搭載されるかもしれませんね。

2019年だと従来のSKYACTIVE-Dが搭載されるでしょう。

Sponsored Link

新型次期デミオのデザイン予想!アクセラがヒント?

デザイン

マツダ車は良くも悪くもみんな似たようなフロントフェイスをしています。

たまにフロントの画像だけを切り取って、どれがどの車種か?なんていうクイズの画像を見かけます。

一般の人だとまあまず正解できません(笑)

 

つまりマツダ車のデザインの基本コンセプトは同じということです。

2020年に新型次期デミオが登場するなら、2019年に登場するアクセラのデザインが一番のヒントになるでしょう。

 

新型アクセラことマツダ3のデザイン

独特な多角形を意識した大きなフロントグリル、切れ味の鋭いヘッドライト。

 

新型アクセラことマツダ3のデザイン

リアはどの程度似てくるか分かりませんが、傾向として丸型のテールランプは引き継がれていくでしょう。

新型次期デミオのフルモデルチェンジまとめ

デミオコンセプト

※現行デミオのコンセプトイメージ

新型次期デミオは2020年後半にフルモデルチェンジと予想しました。

しかしながら、アテンザのフルモデルチェンジが2019年になった場合は2020年前半もありうるかなと。

 

要はアテンザのフルモデルチェンジの数ヶ月後に、新型次期デミオは登場すると考えています。

フルモデルチェンジが近いと購入を躊躇してしまいがちですが、後期型は熟成が進んでいますし、何よりも買いたいと思った時が買い時です。

Sponsored Link

1 Comment

三木 修

デミオ4代目を2回乗り継いでいます。今年1年車検を残して新型を と思っていましたが、少し待つことにしました。 一つ気になるのが、360度ビューの事で、ミラーを閉じた時はサイドビューが見れない(ディーラー)とのこと。狭い交互通行路では、ミラーを閉じて、慣れた感で走行していますが、そういう場面では運転がおぼつかない方はオプション付けないのでは(ミラーを閉じる事すらやらないか!?)、と思います。是非改善されてはと思いますが・・・(ディーラーへは進言済み)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください