マツダCX3とCX5の違いを比較!維持費やサイズ面ではどっちが不利?

マツダCX-3とCX-5

マツダの売れ筋車種であるCX-3CX-5ですが、購入を考えた時にどっちがいいのか迷ってはいませんか?

CX-3CX-5ではぱっと見でサイズが全く違いますね。

その他気になるのは車の維持費かと思いますが、やはりサイズ大きいだけあってCX5の方がお金はかかってしまうのでしょうか。

様々な面から違いを考察し、CX3CX5のどっちがおすすめなのかお伝え致します!

Sponsored Link

マツダCX-3とCX-5の主な違いを比較!

マツダCX-3とCX-5

①『車両本体価格の違い』を比較

そもそもCX-5の方が大きいです。

車格も上です。

当たり前ですがCX-5の方が車両本体価格は高額になっています。

ということでこの2台がどれくらい車両本体価格が違うのかを見てみましょう。

ということで一部グレードでCX-3とCX-5を比較していきます。

 

グレード CX-3 CX-5
20S/25T ¥2,127,600〜 ¥2,570,400〜
XD ¥2,436,480〜 ¥2,883,600〜
(FF)20S/25T
Exclusive Mods
¥2,598,480 ¥3,650,400
(4WD)20S/25T ¥2,824,480 ¥3,877,200
(FF)XD
Exclusive Mods
¥2,868,480 ¥3,655,800
(4WD)XD
Exclusive Mods
¥3,094,480 ¥3,882,600

※金額は税込み

※黄色い下線がベースグレード

 

こうして横並びに見ると車両本体価格の差は歴然です。

 

ベースグレードで約40万円

中間グレードは約60万前後

最上位グレードで約100万円弱

 

上位グレードになればなるほどCX-3とCX-5の車両本体価格の差は大きくなります。

20S/25Tはガソリン車で、XDはディーゼルです。

ちなみにExclusive Modsが最上位グレードに該当します。

 

CX-5は上位グレードにおいて、ガソリンとディーゼルの価格差がほとんどないのも特徴ですね。

 

 

②『ボディサイズの違い』を比較

もちろんのことCX-3とCX-5ではサイズが全く違います。

ではサイズがどれくらい違うのかを比較してみましょう!

まずはボディのサイズから。

CX-3 CX-5
全長 4.275mm 4,545mm
全幅 1,765mm 1,840mm
全高 1,550mm 1,690mm
ホイールベース 2,570mm 2,700mm

 

全体的にCX-3を一回り大きくするとCX-5になるといった感じですね、

全幅が1,765mmのCX-3は運転に自信がない人でも取り回しやすいサイズであり、そういった人が乗る場合でもある程度安心できます。

 

CX-5は全幅が1,840mmとそこそこの大きさであり、運転に自信がない人やコンパクトカーばかり運転してきた人にとっては慣れるまで大変かもしれません。

慣れてしまえばなんてことはないのですが、狭い機械式駐車場には入らない場合がありますね。

 

機械式駐車場に関しては、CX-3・CX-5共に注意です。

CX-3でも全高がひっかかってしまう場合があります

 

③『室内サイズの違い』を比較

CX-3 CX-5
長さ 1,810mm 1,890mm
1,435mm 1,540mm
高さ 1,210mm 1,265mm

長さ:+8cm

幅 :+10.5cm

高さ:+5.5cm

 

室内サイズの違いで最も影響を受けるのは後部座席です。

 

CX-3のベースはデミオと同じであり、後部座席の足元がちょっと狭いかなと感じました。

それ以外は特に問題はないです。

ただし167cmの僕が乗った感想ですので、180㎝くらいあると話は変わってくるかもしれません。

 

CX-5の後部座席はリクライニングもついており、足元もCX-3と比較すると広いです。

また、CX-3には後部座席にリクライニング機能がついていません。

後部座席にしょっちゅう人を乗せるのであればCX-5に軍配が上がりますね。

 

マツダCX-3とCX-5では維持費はどれくらい違うのか?

マツダCX-3とCX-5

年間にして5万円も程度だろうというのが結論です。

 

●自動車税

CX-3の自動車税は一律¥39,500です。

CX-5はディーゼル及び25シリーズを選択すると¥45,000となります。

差額は¥5,500ですが、年に一度の支払なので誤差の範囲かと思います。

 

●燃費

燃費はグレードやディーゼル化によっても違いますが、CX-5の方が比較的燃費は悪いです。

CX-3とCX-5の燃費に最も開きがあるグレードで、約4km/Lの違いがあります。

年1万キロ走り、ガソリンが¥150/Lだとします。

それでも年間¥20,000以下の差です。

 

●その他

あと考えられるのはタイヤ交換ですが、何インチのタイヤを履くかで変わってきます。

過激な走行をしない限り、数年に1度の交換でいいので年間¥20,000以下の差額で収まるかと思います。

 

●結論

実は車両本体価格の差の割に、維持費はそこまで変わらなさそうです。

走り方で維持費は変わってきますが、維持費に大きな差は生じにくいといえるでしょう。

Sponsored Link

マツダCX-3とCX-5のどっちがおすすめ?

●金銭的余裕がないので少しでも安い方がいい

●普段停める機械式駐車場の最大全幅が1,800mm以下

 

という条件であればCX-3を選択する他ありません。

あとは様々な条件を見て選ぶしかないですね。

 

後部座席に3人乗せてみんなで旅行に行きたい!という人はCX-5がおすすめです。

CX-3でも3人乗れないことはないですが、やはりスペースの余裕が違います。

トランクの容量も違いますからね。

 

サイズや金銭面がネックにならないのであれば、CX-5で良いのではないでしょうか。

 

マツダに関するその他の記事

マツダ新型アクセラのベース『魁コンセプト』のエクステリア マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ後のデザインを比較し評価!

参考:マツダ新型アクセラはフルモデルチェンジでデザインがどうなる?比較考察!

CX-3の購入でお悩みなのであれば、アクセラという手段も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

マツダCX-3とCX-5の違いのまとめ

大きな違いは車両本体価格サイズです。

維持費はそこまで変わらないと思われるので、あとは好きな方を選べばいいかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください