マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ後のデザインを比較し評価!

マツダ新型アクセラのベース『魁コンセプト』のエクステリア

マツダ新型アクセラが2018年11月のLAオートショーでワールドプレミアと言われています。

そして10月17日にはマツダが15秒に渡る動画を公開しました。

そこにはマツダ新型アクセラと思われる車影が映し出されています。

新型アクセラフルモデルチェンジすることで、デザインがどのように変わるのか現行型のアクセラ比較して考察していきます!

【11月28日更新】遂に新型アクセラのデザイン画像が公開!

Sponsored Link

【11月28日更新】マツダ新型アクセラのデザインが公開!

①エクステリアデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

 

②インテリアデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

新型アクセラことマツダ3のデザイン

 

新型アクセラのデザイン画像がついに公開されました。

一瞬魁コンセプトと見まごう程、美しい出来映えなのではないでしょうか。

 

マツダ新型アクセラと『魁コンセプト』のデザインを比較

新型アクセラのデザインは、2017年に公開された『魁コンセプト』がベースになっていると考えられます。

魁コンセプトは内燃機関を搭載した車の理想を追求した、技術とデザインの英知を凝縮させたコンパクトハッチバックコンセプトです。

では早速魁コンセプトとアクセラを比較してデザインについて考察していきましょう。

 

①エクステリアデザインをアクセラと比較

マツダ新型アクセラのベース『魁コンセプト』のエクステリア

魁コンセプト

マツダアクセラ

アクセラ

全体的に車高を抑えられてスポーティな印象を受ける車です。

 

ヘッドライトは最近のマツダのトレンドである、細く日本刀のような形をしています。

フロントグリルは市販されている車と似たような多角形の構造ですね。

アクセラの画像と比較してもその名残が見受けられます。

 

マツダ新型アクセラのベース『魁コンセプト』のエクステリア

魁コンセプト

マツダアクセラ

アクセラ

デザインを最優先しているため、ドアの取っ手が特殊な形状をしており、ボディに無駄な凹凸を作らないように仕上げられています。

サイドのガラスは非常に面積が狭く、市販のモデルではもう少し窓が広くなってくるでしょう。

 

コンセプトカーではありますが、どこか市販車もこれに近い形で出てくるのではないかと期待してしまう造形です。

 

魁コンセプトはアクセラと比較し、フロント・リア共にオーバーハングを極端に短くしており、ホイールベースも長くなっています。

 

 

マツダ新型アクセラのベース『魁コンセプト』のエクステリア

マツダアクセラ

見た感じではかなりのワイドボディですね。

恐らく1,800mmを超えているかと思われますが、市販車では1,800mmを下回ってくるでしょう。

 

イカリング状のテールランプが非常に特徴的ですね。

スカイラインGTRを思い出してしまいます。

 

また、2本出しのマフラーエンドも目を惹きます。

 

全体的に見比べてみると『魁コンセプト』は全体的にロングノーズで、全体的に車高を抑え極限まで凹凸を減らすことを意識された流麗なデザインをしていることが分かりますね。

 

 

②インテリアデザインをアクセラと比較

マツダ新型アクセラのベース『魁コンセプト』のインテリア

魁コンセプト

マツダアクセラ

アクセラ

非常にシンプルかつ凹凸を抑えた造形のダッシュボードが特徴的です。

ステアリングも細く仕上げられており、モータースポーツ用のステアリングを彷彿とさせます。

 

画像ではアナログメーターを採用しているようですが、もしかすると次の新型アクセラでは流行りのフルデジタルメーターが採用されるかもしれませんね。

液晶が面は非常に薄くワイドで実用的ではないと思われるので、市販車ではセンターコンソールの現実的な位置に取り付けられるでしょう。

 

そして魁コンセプトにはHUD(ヘッドアップディスプレイ)が装着されていませんが、市販車にはヘッドアップディスプレイは間違いなく装着されると思われます。

 

マツダ新型アクセラのベース『魁コンセプト』のインテリア

ここからはどうでもいい情報なのですが、スピードメーターをよく見ると127km/hほどスピードが出ています(笑)

エンジンも4,000回転ほど回っていることを確認できます。

細かいところにも手を抜いていないということでしょうか。

Sponsored Link

マツダ新型アクセラのデザインがついに公開?

マツダ新型アクセラのベース『魁コンセプト』のエクステリア

マツダの公式が10月17日に公開した『A New Era Begins November 2018』という動画に映し出されたワンシーンです。

とある車のCピラーが映し出されていますが、これはほぼ間違いなく新型アクセラであるかと思われます。

ドアの取っ手があることから、これは『魁コンセプト』ではないでしょう。

市販モデルそのままを映し出していると思われます。

 

ここだけ見ると魁コンセプトそのものかと思うほどですね。

そう思ってしまう理由はこちら。

 

特徴的なCピラーと極端に短いリアオーバーハング

 

上記の部分においては魁コンセプトをそのまま持ってきたかのようなデザインですね。

新型アクセラは非常に期待できる1台となるかもしれません。

 

新型アクセラのデザイン

この動画ではグレーの車体も映し出されており、この車は新型アクセラセダンなのではないかと見る動きが盛んです。

ボンネットはサイドから見た時も視界に入る場所に稜線があり、ここは魁コンセプトの違いですね。

 

マツダ新型アクセラのベース『魁コンセプト』のエクステリア

魁コンセプトではヘッドライトの内側に稜線が入っており、ここはコンセプト通りのデザインにすることが出来なかった部分でしょう。

 

全体的に見て美しい新型アクセラ。

購入目的によってはCX-3よりも新型アクセラの方がいいかもしれませんね!

マツダCX-3とCX-5 マツダCX3とCX5の違いを比較!維持費やサイズ面ではどっちが不利?

参考:マツダCX3とCX5の違いを比較!維持費やサイズ面ではどっちが不利?

 

マツダ新型アクセラのスパイショット画像!

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

マツダ新型アクセラのスパイショット

引用:Motor1.com

Sponsored Link

マツダの新型アクセラの予想デザイン画像

海外ではアクセラ(海外車名はマツダ3)のレンダリング予想画像が出回っているので、その一部をご紹介いたします。

①『CAR AND DRIVER』の新型アクセラの予想デザイン

魁コンセプトに非常に近い予想デザインです。

このデザインのまま発売されると嬉しいですが、日本のナンバープレートをどこにつけるかで苦労しそうです(笑)

 

②『avarvarii』の新型アクセラの予想デザイン

新型アクセラの予想デザイン

引用:AUTO EXPRESS

『CAR AND DRIVER』の予想画像とほとんど同じですね!

それだけ『魁コンセプト』のインパクトが強烈であったということかもしれません。

新型アクセラの予想デザイン

引用:AUTO EXPRESS

リアも『魁コンセプト』のデザインを踏襲しており、非常に美しいです。

ただし後方視界がちょっと悪そう?かもしれませんね(笑)

新型アクセラの予想デザイン

引用:AUTO EXPRESS

 

新型アクセラの予想デザイン

引用:AUTO EXPRESS

矢印

●車を高く売ってみたい

●車を買い替えたい

 

そんなお悩みがあるのであれば、是非この体験談を読んでみてください。

車を下取り価格より『50万円も=一流企業の月収』高く売った話-50万円で友人は結婚指輪を買うそうです-

実体験を基鬼電に対応する必要もなく手間暇を極力省くノウハウを詰め込みました

 

下取りに出すよりも、一流企業の月収並の金額を上乗せした価格での売却も夢ではありません。

 

マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジの後のデザインを評価!

①『魁コンセプト』と比較し評価

まだ新型アクセラの真の姿はお披露目となっていませんが、レンダリング画像と比較するとコンセプトを踏襲したデザインです。

魁コンセプトは概ね高評価であり、コンセプトを踏襲した新型アクセラが発売となれば盛り上がることは間違いなしですね!

 

個人的にも凄く欲しいなと思えるような期待感があり、新型アクセラにはかなり期待しています。

コンセプトカーと市販車が全く別物になるケースは珍しくなく、キープコンセプトとなればそれだけで高評価です。

 

②『現行アクセラ』と比較し評価

現行のアクセラも十分かっこいいと思うのですが、新型アクセラはそれを上回る程カッコよく仕上がっていそうです。

もちろんのこと好みの問題があるので、新型アクセラのデザインが好きでないという方もいらっしゃるとは思います。

 

デザインの一番の違いは『オーバーハング』の長さなのではないかなと思います。

ここが好みが分かれるポイントですが、個人的には短いオーバーハングは高評価です!

 

マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ後のデザインまとめ

Cピラー及び極端に短いリアオーバーハングは健在

ボンネットの稜線は魁コンセプトから変更

 

マツダが公式に発表した動画から分かるのは上記の2点でした。

11月にはLAオートショーで新型アクセラがワールドプレミアとなるでしょう。

そこでベールを脱いだ際は、改めて情報をお届けしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください