ベンツCクラスW205のカスタム例!AMG C63仕様にするには?

かつてはメルセデスベンツはカスタムせず純正のまま乗るのがいい、なんて流れがあったのかもしれませんが、今やCクラスもカスタムすればカッコいい車に仕上がります。

今回はCクラスの中でも最新のW205型のメルセデスベンツCクラスのカスタム例を取り上げます。

AMG C63仕様にするためのカスタムも併せて紹介しますので、AMG C63と同じように仕上げたいという方は必見です!

関連記事:ベンツCクラスW204のカスタム例!C63 AMG仕様にするには?

★メルセデスベンツCクラスのまとめページはこちら!Cクラスの情報を徹底網羅!★
W204 C63amg【解体新書】この記事だけで満足ですか?メルセデスベンツCクラスについてもっと知りたい方のためのまとめページ!

Sponsored Link

 

W205型メルセデスベンツCクラスのカスタム

①MACARS仕様

ベンツ Cクラス w205 カスタム

ベンツ Cクラス w205 カスタム

こちらは”MACARS”というショップが施したCクラスのカスタムカーです。

フロントグリルはAMG仕様に変更されており、ハイパーフォージドの”HF-LC5”という20インチのホイールを履いています。

その他車高調によりローダウン、ブレーキキャリパーがサキールオレンジに塗装されています。

また窓枠にはラッピングが施されており、全体的にダークな仕上がりとなっています。

 

②STARS仕様

ベンツ Cクラス w205 カスタム

ベンツ Cクラス w205 カスタム

大坂にある”STARS”というショップのカスタムです。

フロントリップ、ブラックのダイアモンドグリル、カナード、リアディフューザー、トランクスポイラーが装着されています。

ホイールは左右非対称の・・・なんだろう(笑)大径ホイールがを履いています。

エアロもさることながら、赤いラインがワンポイントでいい味を出していますね。

ここまで仕上げるにはお金がかかりそうですが、コツコツとカスタムを施していくといいのでは!?

ちなみにSTARSというショップは、W205専用のカスタムパーツを大量に取り揃えているようですよ!

 

③VOSSEN CVT

ベンツ Cクラス w205 カスタム

ベンツ Cクラス w205 カスタム

VOSSENのCVTという20インチのホイールを履いたS205型のCクラスワゴンです。

C63Sの19インチホイールを超える大径ホイールを履いているので、迫力がありますね。

VOSSENの左右非対称ホイールは人を選びますが、ホイールが変わるだけで車の印象はガラっと変わります。

エアロでゴテゴテに武装したくないという人にとって、ホイールの交換という選択肢はぴったりではないでしょうか。

19インチにサイズを落としても似合いそうですね!

 

Sponsored Link

 

W205型メルセデスベンツCクラスをAMG C63ルックにするには?

恐らくAMG C63と同じ見た目にしたいと思っている方がいらっしゃると思いますが、AMGにどこまで似せるかが肝になってきます。

全く同じ見た目にしようと思うのであれば、AMG C63を買う方が安く済むでしょう(笑)

 

①エンブレムチューン

リアの”AMG”C63”サイドの”V8 BITURBO”のエンブレムを購入して車体に張り付けるだけで、それっぽく・・・ならないのですが、エンブレムを貼るだけであれば1万円程度のお金があれば可能です。

しかしながらドノーマルの車体にAMGのエンブレムを貼るだけのエンブレムチューンは正直恥ずかしいです

詳しい人やAMGオーナーが見れば、ベースグレードとAMGの見分けは一瞬でついてしまいます。

冷ややかな目で見られても構わないというのであれば、エンブレムチューンはお手軽にできるので試してみてはいかがでしょうか。

少なくともエンブレムを貼りたいのであれば、ある程度見た目を弄っておいたほうが冷ややかな視線を浴びずに済むでしょう。

おすすめはエンブレムを弄らない、もしくはエンブレムレス仕様です。

 

②フロントグリルの変更

ベンツ Cクラス w205 カスタム

AMG C63のフロントグリルは横に1本のラインが入るのみです。C180やC200だと2本のラインが入っているため、そこがAMGとの違いです。

ヤフオクでもそれっぽいパーツがたくさん売られていますね。

 

ベンツ Cクラス w205 カスタム

また、後期型AMG C63のようにパナメリカーナグリルに変更することも可能です。

個人的にはかなりカッコいい弄り方だと思いますし、パナメリカーナグリルにするだけでも印象はガラっと変わります。

上の項目で紹介したSTARSというショップにてパナメリカーナグリルを販売しています。

中央のスリーポインテッドスターにはレーダーセーフティーパッケージのセンサーが組み込まれているので、DIYで変更せずにお店にお願いして交換することをお勧めします。

 

③ホイールの変更

専用ホイール

AMG C63S仕様の19インチアルミホイールを履くことでかなり印象は変わります。

が、しかし!ホイールだけで大金が吹っ飛んでいきますので覚悟しましょう。

 

④リアディフューザーの変更

AMGと言えば4本出しのマフラーということですが、リアディフューザーを変えると4本出しっぽくなります。

仕様でもぱっと見よく分かりません。

 

⑤変態の領域

お金が有り余っていればオーバーフェンダー、大径ブレーキ交換等の領域に入っていくことが可能です。

そこまでやれる人は本物です。

 

まとめ

W205型のCクラスのカスタムについて説明してきましたが、カスタムの仕方によってはかなりカッコよくキマりますね!

AMGルックにするのもアリなんですが、あえてCクラス独自の路線を突き進み、AMGオーナーをあっと言わせるようなカスタムをしてみてはどうでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください