2018年Cクラスクーペ(C205)がモデルチェンジ!AMGは?

AMG C43

2018年3月に公開されたメルセデスベンツCクラスW205型の後期型ですが、クーペ型ももちろんのことマイナーチェンジを行います。

後期型のCクラスクーペ(C205)の公開は3月28日だそうですね!

Cクラスクーペを購入される方は通な方が多いと思いますが、AMG C43やAMG C63の投入についての情報も気になりますよね?

ということで色々と調べてまいりました!

Sponsored Link

 

Cクラスクーペ(C205後期型)

AMG C43

2018年3月に公開される、Cクラスクーペ(C205)の後期型ですが、AMG C43及び通常モデルの販売の情報が続々と出てきています。

どうやらEQというモーターを補助動力として使用するモデルも登場してくるようですね。

 

マイナーチェンジをしたAMG C43クーペは?

c43 後期

c43クーペ後期

c43クーペ後期

 c43クーペ後期

 c43クーペ後期

390馬力のV6ツインターボエンジンは、前期型より23馬力アップされており、デザインの変更も行われています。

主な変更点等は以前こちらの記事にて詳細を記載したので、是非ご覧ください!

リンク:AMG C43セダン!マイナーチェンジ後の画像!発売は2018年?

Sponsored Link

 

マイナーチェンジをしたAMG C63クーペは?

AMGはOne man, One engine、マイスターが組み上げたエンジンでなければ認めない!

という方にとって、ロボットが組み立てたC43のエンジンでは不満でしょう。

そんな方はきっと、マイスターがその手で組み立てたエンジンを搭載するAMG C63の登場を待ちわびていることと思います。

セダン(W205)、ステーションワゴン(S205)共に情報が出てこない後期型のAMG C63の情報ですが、ほぼ確定している情報が1つあります。

それは次の63モデルはパナメリカーナグリル(縦にラインが入ったグリル)を採用してくるということです。

 

パナメリカーナグリル

これがAMGのパナメリカーナグリルの原点となった「300SL」です。

GLC 63はパナメリカーナグリルを採用していますし、AMG C43のフロントグリルは前期型の63のものと同じデザインです。

AMGとしては今後の63モデルは、原点回帰としてパナメリカーナグリルを採用するという意思の表れでもありますね。

 


こちらのスパイショットでは、フロントグリルが隠されていますがこの中にはきっとパナメリカーナが隠されているでしょう。

後は続報を待ちたいところですね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください