AMG C43セダン!マイナーチェンジ後の画像!発売は2018年?

2018年3月6日のジュネーブモーターショーにて、AMG C43が公開されました!

W205型になりAMGファミリーに加わったC43について、画像を使いながら魅力を解説します!

★メルセデスベンツCクラスのまとめページはこちら!Cクラスの情報を徹底網羅!★
W204 C63amg【解体新書】この記事だけで満足ですか?メルセデスベンツCクラスについてもっと知りたい方のためのまとめページ!

Sponsored Link

 

マイナーチェンジしてAMG C43(W205後期)は何が変わった?

①出力向上


C63AMGと通常のCクラスの中間に位置するモデルであるAMG C43。

3.0LのV6エンジンを搭載し、390馬力ものパワーを誇るハイパワーセダンです。

前期型は367馬力だったので23馬力の出力向上となりますが、多分僕が乗り比べてもよく分からないと思います(笑)

 

②マフラーエンド


後期型になり楕円型の4本出しマフラーとなりました。先代であるW204のAMGのようですね。

 

③ライト類

ヘッドライトの変更

比較画像がないと分かりませんよね!

前期型のヘッドライト及びテールライトがこちらです↓

 

テールライトの変更

テールライトは光り方がほんの少し変わったみたいです。

 

④フロントグリル


前期型はダイヤモンドのようなものが散りばめられていましたが、後期型になりスッキリしました。

前期型のC63と同じグリルになったため、マイナーチェンジ後のC63はパナメリカーナグリル(縦グリル)を採用してくるかもしれませんね。

前期型のグリルはこんな感じです↓

 

⑤フロントバンパー

同じ画像かよ!と思ったでしょうが、分かりやすい画像なので再度使用。

フロントバンパーのデザインもマイナーチェンジにより変更されました。

ちなみに前期型のフロントバンパーの様子はこちら↓

どちらがいいかは好みの問題ですが、前期型も後期型に負けず劣らずカッコいいと思います!

 

Sponsored Link

AMG C43(W205後期)の内装の画像


内装もカッコいい!しかしながらボタンが多くて、お年寄りには優しくない設計。

 

AMG C43の発売日は2018年?

2018年3月に市販型が発表されたとなると、少なくとも欧州での発売は年内でしょう。

日本でも年内に姿を見ることができるかどうか、だと思います。

 

最後に

AMG C43は4MATICという四駆システムを採用しています。
曲がりくねった道ではC63より速いかもしれませんね。

発売が楽しみです!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください