MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型発表!トヨタ 3代目新型シエンタの性能や特徴を解説!シエンタの評判や口コミはどう?

2022年8月に7年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたトヨタの「シエンタ」。

シエンタは初代から販売台数のトップ10入りの常連である人気のコンパクトサイズのミニバンです。個性的なデザインと先代から引き継がれた5ナンバーといった運転のしやすいサイズもあり、3代目の発売早々から好調なオーダーを受けています。

 今回は、今注目度No.1の新車である3代目シエンタの特徴と魅力についてたっぷりご紹介していきます。

目次

 3代目新型シエンタの特徴は?

7年ぶりにフルモデルチェンジをした3代目新型シエンタは、果たしてどのような特徴があるのでしょうか。

デザイン

新型シエンタは、エクステリアとインテリアともにお洒落な欧州車を思わせるデザインが特徴です。外観は丸みのあるデザインが特徴で、2代目のスマートなデザインから一新されました。家族で使用されるには相応しい愛着の湧くフォルムで、季節や世代を問わず飽きの来ないデザインとなっています。

 

引用:トヨタ公式ホームページ

また、スタイリッシュなデザインを好む方にはツートーンカラーがおすすめです。ツートーンカラーは赤と黒、青と黒の2種類となりますが、どちらも控えめな赤色と青色のため落ち着いた印象のあるカラーデザインとなります。

 

引用:トヨタ公式ホームページ

 そして、インテリアはまるでリビングでくつろいでいる感覚になるようなアットホーム感のあるデザイン。インパネやドアトリムにファブリック巻きが施されているデザインは、温かみのある印象を与えてくれます。カラーはブラウンと黒などを基調としており、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。ダッシュボードは水平となっているため前方の視界が良く、開放感があるため運転手だけでなく同乗者も居心地良く感じられます。

 

引用:トヨタ公式ホームページ

運転のしやすさ

新型シエンタは1代目と2代目と同様に5ナンバーサイズとなります。ミニバンとなるとどうしても車両サイズが大きくなるため、運転が苦手な人や細い道を日常的に使う人にとっては使いにくくなってしまいます。しかし、新型シエンタは全長4,260mm、全幅1,695mm2代目と同じ大きさで最小回転半径は5.0mと細い道でもスムーズに通り抜けることができます。

引用:トヨタ公式ホームページ

また、水平なダッシュボードにより前方の視界は広くなるため見渡しが良くなるだけはなく、長距離運転でも疲れにくくなります。

引用:トヨタ公式ホームページ

 新型シエンタは日常使いでも、長距離ドライブでも運転のしやすさを感じられる車に仕上がっています。

 3代目新型シエンタと旧シエンタとの違いについて

デザイン性と運転のしやすさが特徴の新型シエンタですが、3代目と旧型となる2代目シエンタではどのような違いがあるのでしょうか。

基本スペック

まずは、基本スペックから見ていきましょう。 

項目 新型シエンタ(3代目) 旧型シエンタ(2代目)
定員 5/7 5/6/7
車両重量 1,2801,370kg 1,3201,380kg
全長 4,260mm 4,260mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,695mm 1,675mm
排気量 1,490cc 1,496cc
燃費(WLTC) 18.328.8km/L 14.022.8 km/L

新型シエンタは2代目と同全長、同全幅とキープした5ナンバーサイズとなるため運転のしやすさは変わらないでしょう。しかし、全高が2代目と比較して20mm高くなっているため室内が広く感じられ、乗り降りもしやすくなります。

スライドドアの開口高さも2代目が1,140mmだったのに対して、新型シエンタは1,200mm60mm高くなっています。

この高さであればチャイルドシートに子どもを乗せたり、荷物の積み下ろしをしたりする際に頭上を気にすることなく楽々作業が可能です。そして、特に注目をしたいのが燃費です。ガソリン車では約18km/L、ハイブリッド車では約2528km/Lの高燃費を実現。燃料タンク容量は40Lとなるため、ハイブリッド車では満タンで1,000km近い走行が可能となります。

ガソリン価格が高騰している近年では、ファミリーカーとしてこれほどの高燃費を実現してくれる車は貴重な存在となるでしょう。

安全性能

近年の車では、自動ブレーキやレーンアシストなどさまざまな安全装備が備わっています。新型シエンタでは、どのような安全装備が付いているか見てみましょう。 

安全装備 新型シエンタ(3代目) 旧型シエンタ(2代目)
プリクラッシュセーフティ

歩行者・自転車(昼夜)

歩行者()

レーントレーシングアシスト
レーンディパーチャーアラート

白線/黄線検出

道路端検出

ふらつき警報

白線/黄線検出

ふらつき警報

レーダークルーズコントロール
ロードサインアシスト
プロアクティブ

ドライビングアシスト

ドライバー異常対応アシスト
先行車発進告知
アダプティブハイビームシステム

上記は一例ですが、新型シエンタでは安全性能に関する機能が大幅に向上していることが分かります。

プリクラッシュセーフティではこれで日中の歩行者しか検知ができなったのが、夜間の歩行者と自転車も認識が可能となります。ロードサインアシストは道路標識をメーターのマルチインフォメーションディスプレイに表示してくれるため、走り慣れない道路でも制限速度や進入禁止の情報いち早く認識することができます。

走行中の安全と事前に危険を察知してくれる機能が充実しているため近場の運転、遠出の運転どちらでも安心したドライブを楽しむことができます。

広告

3代目新型シエンタおすすめポイント

新型シエンタのようなコンパクトサイズのファミリーカーはトヨタ以外でも各社が商品を揃えています。その中でも、トヨタの新型シエンタはデザインだけでなく性能面も使い勝手も高い車となっています。

そんな新型シエンタのおすすめポイントについて3つご紹介していきます。

シートアレンジ

新型シエンタは5人乗りの2列シート車と7人乗りの3列シート車があります。5人乗り2列シート車の最大の魅力は、荷室長の長さです。

リアシートを倒すと2,045mmの荷室が誕生します。2,045mmの大きさがあるので、27インチの自転車も楽々積み込むことができます。開口高さも1,070mmあるため、ハンドルが当たることを気にせずに乗せ込むことが可能です。

 

引用:トヨタ公式ホームページ

 そして、広い室内では近年人気が高まっている車中泊にも十分な広さです。積載量も十分なので、キャンプやアウトドアを楽しみたいと考えている方にも新型シエンタはおすすめとなります。

引用:トヨタ公式ホームページ

 7人乗りの3列シートは5人乗りに比べて積載量が劣りますが、3列目シートを倒せば26インチの自転車は積載が可能になります。2列目シートは片側だけ倒すこともできるため、3人乗りでラゲッジスペースを広く確保するなどシートアレンジのパターンはさまざまあります。

 

引用:トヨタ公式ホームページ

新型シエンタは、5人乗りでも7人乗りでもシートアレンジで多岐に渡る目的や用途に対応することが可能になります。

高燃費

ガソリン価格が高騰している近年では、燃費性能は気になるポイントの1つのです。新型シエンタは使い勝手良さだけでなく、高燃費も魅力です。2WDハイブリッド車は、約28km/Lとファミリーカーとしてはトップクラスの燃費を誇っています。4WDも約25km/Lとなるため、アウトドアで使用したいと考える方にもこの高燃費は嬉しいポイントです。

ガソリンタンクは40Lなのでガソリンを満タンにすれば約1,000kmの走行も可能となり、長距離ドライブにも安心して出掛けることができます。

引用:トヨタ公式ホームページ

ガソリン車は、2代目のシエンタから約4km/Lも向上とこちらを進化を感じられる車となっています。ガソリン車には新型の直列4気筒1.5L直噴エンジン「Dynamic Force Engine」が搭載されています。

新型エンジンは排気、冷却、高速燃焼技術などエネルギーロスを極限まで抑えることで熱効率を向上させて高出力、高燃費を実現させました。Dynamic Force Engineのトランスミッションには「Direct Shift-CVT」が組み合わされ、発進時と高速走行ではスムーズな加速を実現します。

 

引用:トヨタ公式ホームページ

予防安全性能

安全性能はトヨタが力を入れている機能の1つでもあります。新型シエンタでは、「Toyota Safety Sens」が全車標準装備となっています。

Toyota Safety Sens2種類のセンサーを使用してあらゆる危険を察知し、ドライバーの安全運転をサポートします。

Toyota Safety Sensのサポート

  • プリクラッシュセーフティ:ぶつからないをサポート
  • レーントレーシングアシスト:高速道路のクルージングをサポート
  • レーンディパーチャーアラート:はみ出さないをサポート
  • レーダークルーズコントロール:ついていくをサポート
  • アダプティブハイビームシステム/オートマチックハイビーム:夜間の見やすさをサポート
  • ロードサインアシスト:標識の見逃し防止をサポート
  • ドライバー異常時対応システム:救命・救護をサポート
  • プロアクティブドライビングアシスト:安全運転をさりげなくサポート
  • 発進遅れ告知機能:先行車・信号出遅れをサポート

引用:トヨタ公式ホームページ

 人を多く乗せるファミリーカーでは、安全を切り離すことはできません。新型シエンタではトヨタの高い予防安全性能が標準装備となるため、大切な家族や友人を乗せる車としては安心と信頼ができる1台と言えるでしょう。

シエンタの評判や口コミは?

新型シエンタだけにとどまらず、シエンタの口コミや評判はどうなのでしょうか。ご参考までに、一部のSNSを掲載させて頂きました。

広告

3代目新型シエンタの価格帯について

新型シエンタはハイブリッド車とガソリン車があり、それぞれXGZの順に高い仕様となっています。定員数もそれぞれ5名と7名が設定されており、用途や予算に応じて選択肢がある点は嬉しいポイントです。

それでは、ハイブリッド車とガソリン車の価格設定について見ていきましょう。

ハイブリッド車

グレード ハイブリッドシステム 駆動 定員数 本体価格
X 直列3気筒1.5リッター(M15A-FXE)

&

リダクション機構付のシリーズパラレルハイブリッド

2WD 5 2,380,000
7 2,420,000
G 5 2,650,000
7 2,690,000
Z 5 2,870,000
7 2,910,000
X E-Four

(4WD)

5 2,578,000
7 2,618,000
G 5 2,848,000
7 2,888,000
Z 5 3,068,000
7 3,108,000

ガソリン車

グレード ハイブリッドシステム 駆動 定員数 本体価格
X 直列3気筒1.5リッター Dynamic Force Engine (M15A-FKS) 2WD 5 1,950,000
7 1,990,000
G 5 2,300,000
7 2,340,000
Z 5 2,520,000
7 2,560,000
広告

まとめ

7年の時を経て投入された新型シエンタはデザイン、居住性、積載量、燃費とすべての点において大幅な進化を遂げました。

個性的で温かみのあるデザインは愛着も感じられ、街を走れば注目を集めること間違いなしです。ツートーンカラーは落ち着いた色合いとなり、クールで少し大人なデザインを希望するにはおすすめです。

ファミリーカーは3ナンバー車も多く、運転が苦手な人にとっては敬遠されがちですが新型シエンタはコンパクトで小回りが利くのが特徴。日常的に子どもの送り迎えがあったり、家族や友人と車を使って出掛けたりする機会の多い方にとって新型シエンタは使い勝手良い車です。

そして、家族や友人を多く乗せるファミリーカーでは安全も重要な要素です。新型シエンタはトヨタの最新安全装備が備わっており、運転者の危険察知と運転をサポートしてくれます。すべての面において高いパフォーマンスを発揮してくれる新型シエンタは、ドライブの楽しさと大切な人との充実した時間を提供してくれます。

家族や友人との大切な時間を新型シエンタで楽しんでみてはいかがでしょうか。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次