MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

大人気!トヨタヤリスクロスの性能や特徴は?

小型SUV市場が熱く盛り上がっている中でもトップクラスの人気を誇っているのがトヨタの「ヤリスクロス」です。

 コンパクトカー「ヤリス」の派生車種であるヤリスクロスは、コンパクトカーの燃費の良さをキープしながら力強い走りとSUVらしい積載容量の大きさが魅力です。

 今回はヤリスクロスの性能や特徴、納車時期まで気になる情報をたっぷりご紹介します。

目次

トヨタヤリスクロスの性能は?

はじめに、ヤリスクロスの性能についてご紹介します。

ヤリスクロスは、走行性のだけでなく安全性能とコネクティッドサービスが充実しているのが特徴です。

今回は、中でも特に注目したいものを3つピックアップします。

 レーダークルーズコントロール

車速に応じた車間距離を維持して前方の車を追従するレーダークルーズコントロールは、高速道路などでの運転負担を軽減してくれます。

ヤリスクロスのレーダークルーズコントロールは先行車が停止した時は自車も停止し、先行車が発進した際はドライバーの操作で発進すると追従走行を再開します。オートクルーズ機能が付いている車は近年増えていますが、一度停止するとオートクルーズの再設定が必要な車も多いです。

しかし、ヤリスクロスはオートクルーズの再設定の必要がなく車を発進させると自動で追従を再開してくれるので高速道路での渋滞でも運転者の負担を減らしてくれます。

引用:トヨタ公式ホームページ

アドバンストパーク

バック駐車や狭いところでの駐車が苦手と言う人も多いのではないのでしょうか。そんなときに助けるなる機能が「アドバンスパーク」です。

カメラとソナーによりステアリング、アクセル、ブレーキを自動制御し駐車が終わるまで操作をサポートしてくれます。事前に駐車位置を登録することで区画線がないところでも駐車をサポートしてくれます。

周囲に障害物や動くものを発見したときには警報装置が鳴り、ブレーキ制御を行うことで衝突被害を軽減してくれます。

引用:トヨタ公式ホームページ

リモートスタート/マイカーサーチ

ヤリスクロスではスマホと車を連携させて遠隔地からでも車の状況を確認したり、ドアのロックをしたりなどができます。例えば、リモートスタートでは離れた位置から車のエンジンおよびハイブリッドシステムを起動させエアコンを事前に稼働させることが可能です。

これまでは、このようなリモートスタートはディーラーオプションなどで取り付けてもらうことが一般的でしたがヤリスクロスではスマホ1つでリモートスタートができるようになります。

リモートスタートは暑い夏場だけでなく、寒冷地などで車を発進させる前にアイドリングをさせてエンジンを温めることにもよく使用されます。

他にもドアの鍵を閉め忘れたか心配な場合にも、スマホアプリからドアロックの閉め忘れを確認し操作することも可能に。

大型ショッピングモールなどで車をどこに止めたか分からなくなったときでも、マイカーサーチの「カーファインダー」を使えば車をどのあたりに止めたか探すこともできます。

トヨタヤリスクロスのグレード比較!

ヤリスクロスのグレードは、主に3グレードで展開されています。(「Z”Adventure」とGR SPORTも含めると5グレードとなりますが、今回この2つは「Z」グレードに含むとします)

それぞれのグレードにハイブリッドとガソリン車が用意されており、好みに応じて選択が可能です。

HYBRID X 1.5L/X 1.5L CVT

ヤリスクロスのエントリーモデルとなる「X」グレード。

価格はハイブリッド車が2,284,000円~、ガソリン車が1,896,000円~と購入しやすい価格設定となっています。内装はファブリックシートで、フロントシートはシートとヘッドレスト一体型となった構造です。

タイヤは16インチの樹脂キャップ付きスチールホイールと外装もシンプルなデザインですが、エントリーモデルながらT-Connectヘルプネットやスマートフォンと連携できるディスプレイオーディオ機能が付いている点は他のエントリーモデルとは大きな違いです。

カスタマイズを楽しみたい方や費用の負担を抑えながら高機能SUVを体感したい方におすすめなグレードです。

引用:トヨタ公式ホームページ

引用:トヨタ公式ホームページ

HYBRID G 1.5L/G 1.5L CVT

3グレードの中で中間に位置するのが「G」グレードです。性能、デザイン、価格ともにバランスが取れている人気のあるグレードです。

価格はハイブリッド車が2,394,000円~、ガソリン車が2,020,000円~となります。

シートは上級ファブリックが使用され、後部座席は4:2:4の分割になっているためセンターシートのみ倒すことも可能になります。

引用:トヨタ公式ホームページ

タイヤは16インチのアルミホールが標準装備となりますが、オプションで「Z」グレードと同じ18インチのアルミ切削ホールの装着も選択ができます。

引用:トヨタ公式ホームページ

機能が多すぎても使いこなせるか自信がない、だけど上質な雰囲気を楽しみたいと思っている方にはバランスの取れた「G」グレードがおすすめです。

HYBRID Z 1.5L/Z 1.5L CVT

Z」はヤリスクロスの中での最上級グレードとなります。価格はハイブリッド車が2,606,000円~、ガソリン車が2,232,000円~となります。

シートは合成皮革とツィード調のファブリックで仕上げられ、上品で落ち着いた雰囲気を感じる室内となっています。

引用:トヨタ公式ホームページ

タイヤは18インチアルミホールの切削光輝でデザイン性の高さだけでなく、大きめのタイヤが力強い走りと居住性の高さを提供してくれます。

引用:トヨタ公式ホームページ

ワンランク上の車を楽しみたいという方には「Z」グレードを選ぶのがよいでしょう。

広告

トヨタヤリスクロスのおすすめポイントは?

ヤリスクロスは安全装備の充実、使い勝手の良さなどその完成度の高さから老若男女問わず人気があります。

そんな大人気のヤリスクロスのおすすめポイントをご紹介します。

燃費

車を選ぶ際には、ほとんどの方が燃費を気にされるのではないでしょうか。

ヤリスクロスは、ハイブリッド車の2WDで30.8lm/L、四駆のE-Fourも28.7km/Lと世界トップクラスの燃費性能を実現しています。

引用:トヨタ公式ホームページ

ガソリン車も2WD17.6km/L~、4WD17.4km/L~と力強い走りと高燃費を両立させた完成度の高い車になっています。

引用:トヨタ公式ホームページ

ガソリン価格が高騰している昨今において、高燃費のヤリスクロスは選択肢の1つになることは間違いないでしょう。

収納性

ヤリスクロスは小型SUVながら荷物を多く積める収納性の高さが魅力です。

トランクルームはゴルフバッグを2つ積み込むことができ、フルフラットにすることで前輪を外した27インチの自転車を2台積載することも可能になります。リアシートを倒したフルフラット状態では1,102Lの大容量空間となるため、キャンプやアウトドアなどのお出かけでも十分な荷物を運ぶことができます。

小型SUVは荷物があまり積載できないと言ったこともよく聞きますが、トヨタのヤリスクロスはSUV顔負けの積載量がおすすめのポイントです。

引用:トヨタ公式ホームページ

走破性

やはりSUVに期待したものは何と言っても「走破性」です。悪路でも力強く突破してくれるSUVは、アウトドアでも急な悪天候などでも頼もしい車です。

ヤリスクロスのE-Fourと4WDは独自の制御仕様により滑りやすい路面やスタックからの脱出をサポートしてくれます。

滑りやすい路面での発進時は4WDで安定した走り出しをサポート。そして、走行が安定すると2WDに切り替えて燃費に貢献する走りに変わります。

スリップを感知した際には再び4WDに機能に切り替わり、路面をしっかりと掴んで安全な運転をサポートしてくれます。

引用:トヨタ公式ホームページ

キャンプやアウトドア、ゲレンデへのお出かけをお考えの方はヤリスクロスの4WDを選ぶと安心です。力強い走破性と独自の制御仕様が悪路でも安全に目的地まで到達することを実現してくれることでしょう。

トヨタヤリスクロスの注目ニュース

最後にヤリスクロスの注目ニュースをご紹介します。

納車はどれくらい?

現在、新車の購入をお考えの方が一番気になるのは何と言っても納車時期ではないでしょうか。半導体不足や世界的な物流網の混乱により自動車メーカーは大幅な減産を余儀なくされ、その影響は我々ユーザーにも及んでいます。

車種によっては納車まで1年待ちや納車時期が見通せないことにより新規の受注をストップしているものもあります。

それでは、トヨタのヤリスクロスは納車までどのくらいの時間が必要になるのでしょうか。2022年8月時点ではハイブリッド車が8~9か月程、ガソリン車が6~7か月程になっています。

トヨタのヤリスクロスは発売から人気が高かったこともあり納車が長くなる傾向にありましたが、ここでも半導体不足などの影響によりさらに納車が長くなっているようです。物流の混乱は世界的に解消傾向にあるものの、半導体不足は今後も予断を許さない状況です。

そのため、さらに納車時期が遅れる可能性もあるのでヤリスクロスのご購入を検討している方は早めに注文をした方がよいでしょう。

ただ経済状況の変化や半導体の供給状況によって、時期は前後すると思われますので、必ず最新の状況を確認するようにしましょう!

広告

納車時期を早める方法はある?

「半年以上の納車まで待てない」「少しでも早くヤリスクロスを手に入れたい」と思っている方に納車を早められるかもしれない方法をご紹介します。

 その方法とは、トヨタの「KINTO」を利用することです。

「KINTO」とはトヨタが展開する車のサブスクリプションサービスで、毎月定額の料金を支払うことで車をリースするものです。この料金には車両代、税金、メンテナンス費用(車検、点検、修理等)などが含まれおり毎月定額を支払うことで新車を所有することができます。

納車が早まる理由としてはトヨタがKINTOに力を入れていることもあり車の生産をKINTO用に優先的に割り当てていたり、KINTO用に先行発注をしていたりするためです。

オプションなどに制限が出てしまう場合もありますが、KINTOを利用すればお得に早くヤリスクロスを手に入れることが可能になるかもしれません。

広告

まとめ

今回はトヨタのヤリスクロスの魅力をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

トヨタのヤリスクロスは安全性の高さ、SUVらしい走破性だけでなく高燃費を実現した完成度が非常に高い1台となっています。競争の激しい小型SUV市場の中で、トヨタのヤリスクロスは一歩先を行った先進の車であることは間違いありません。

 SUVに興味のある方だけでなく、安全性能や燃費の良さを重視したい方にもトヨタのヤリスクロスはおすすめの車となります。

トヨタのヤリスクロスで新しい時代の車と車本来の楽しさを体感してみてください。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次