MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型レクサスSUV「LX600」の性能や特徴は?口コミもチェック!

LEXUSは高級車ブランドとして、世の中に認知されていますが、そのLEXUSのSUVに新型モデルが発表されています!

レクサスとしては4世代目となる『レクサスのフラッグシップSUV「LX600」』

これまで培ってきた高い走破性を最新のテクノロジー搭載とグレードアップしているとの事ですが、実際はどうなんでしょうか?

LEXUS『LX600』の最新テクノロジーが、どのようなものか検証していきましょう!

目次

2022年1月発売!新型レクサス「LX600」とは?

引用:LEXUS公式ホームページ

レクサスは、2022年1月12日に次世代レクサス第2弾のモデルとして新型「LX600」を販売しました。

「LX」はレクサスシリーズで人気のSUV(Sport Utility Vehicle)です。

レクサスのSUVモデルには、LX/RX/NX/UXの4車種がありますが、LXは「Luxury Crossover(ラグジュアリー クロスオーバー)」の略称で、様々な要素をかけ合わせることで高級感を演出させた逸品になります。

新型レクサス「LX600」の特徴や性能は?

引用:LEXUS公式ホームページ

レクサスは、1989年の創業以来、運動性能と乗り心地に注力して、現在までの人気を博しています。「LX600」は、この運動性能と乗り心地をさらに追及させた新型車種となっています。

「オフロード性能」と「オンロード性能」を両立させることで、どんな悪路でも快適で良質な運転が可能な性能となっています。このようなレクサスの伝統的な運動性能の向上だけでなく、多様化する消費者のニーズや希望に沿った様々な変化に対応しています。

「LX600」のさらに細かい特徴や性能について下記で説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

新しいプラットフォーム「GA-F」

引用:LEXUS 公式ホームページ

レクサスは「LX600」で初めて「GA-F」というプラットフォームを採用しました。

プラットフォームとは、自動車の土台であり、日本では「車台」と呼ばれる部分を指します。これは、「乗り降りや運転のしやすさ」を最重要視したうえで、車の重心を低くしたり、各パーツの配置を下げたり、様々な項目にわたり徹底的に追求し開発することで、消費者のニーズに答えています。

「GA-F」は「Global Architecture-F」の略で、プラットフォームの中でもフルサイズのフレームをもつ車種に最適化されたものです。

「LX600」は「GA-F」を採用したことで、最大200㎏の軽量化に成功しました。また、エンジン位置をより後方に移動させることで、車両の前後バランスを最良化しています。

軽量化に成功していますが、耐久性が低くなっていることは全くありません。むしろ逆に耐久性は高くなっています。まず、ボディに車両の各箇所にアルミニウムを採用することで、軽量化かつ高強度なボディに仕上げています。また、TWB(曲線テーラード・ウエルドブランク)を用いた加工により、強度と剛性を保ちつつ、軽量化を達成しています。

つまり「LX600」は、「GA-F」でフルサイズの車両に最適なプラットフォームを採用し、素材にアルミニウム、加工にTWBを用いることで、レクサス特有の乗り心地の良さを損なわず、軽量化かつ耐久性を確保しています。

オフロード走行と性能

「LX600」には、オフロードとオンロードのどちらでもストレスなく走行できる能力が備わっています。

リヤとフロントのサスペンションにより路面追従性と悪路走破性を、リヤショックアブソーバーにより路面からの衝撃を緩和させています。また、V6 3.5L ツインターボエンジンを搭載し、最高出力305kW、最大トルク650N・ⅿを発生させます。これにより、オフロードとオンロードのどちらでも扱いやすい走行能力を確保しており、燃費効率にも貢献しています。

オフロード走行は、以下の性能を参考にしてください。

1.最適距離のホイールベースと対地障害角

ホイールベースの距離は2,850㎜で、高い悪路走破性と広い車内を両立させています。対地障害角により、勾配の激しい地形や大雨による冠水時にも対応が可能となっています。

2.マルチテレインセレクト

マルチテレインセレクトとは、路面状況に応じた走行支援を6つのモードから選択できるシステムです。これにより、オフロードでも低速走行から高速走行まで可能にしています。モードは、「AUTO」「DIRT」「SAND」「MUD」「DEEPSNOW」「ROCK」があり、初採用の「AUTO」モードは、各種センサーによって路面情報を車両が認識して、最適なモードに切り替えてくれます。ちなみに、「DIRT」は未舗装路の走行時、「SAND」は砂地路の走行時、「MUD」は泥濘路の走行時、「DEEPSNOW」深雪路の走行時、「ROCK」は岩石路の走行時に対応しています。

3.クロールコントロール

勾配の激しい地形やデコボコの地形を走行するときに、アクセルやブレーキの細かい操作って難しいですよね。そんなときに、クロールコントロールが真価を発揮します。クロールコントロールが作動中には、ドライバーがアクセルを操作しても、加速操作を妨げないシームレスな駆動力・ブレーキ制御を確保してくれます。これにより、悪路でも安心した走行を実現させてくれます。

4.ダウンヒルアシストコントロール

ダンヒルアシストコントロールとは、エンジンブレーキだけでは減速が不十分な坂道を降るときに、自動的にブレーキ操作を制御することで安定した走行を可能にしています。坂道での細かいアクセルやブレーキ操作に注意をはらうことなく、ハンドル操作に集中することができます。

5.マルチテレインモニター

LX600」には、フロント、リヤ、左右サイドの4つのカメラで周辺状況を確認できます。運転手の死角になりやすい道路状況をカメラで確認できるのは、運転初心者だけでなく経験者にとっても安心のできる設定ですよね。

引用:LEXUS 公式ホームページ

オンロード走行と性能

クルマ素性の刷新に加えて、新開発パワートレーンや、電動パワーステアリング、電子制御ブレーキを採用することで、減速、操舵、加速がシームレスにつながる気持ちの良い走りを実現しています。

オンロード走行は、以下の性能を参考にしてください。

1.AHC

AHCは、車高を調節できるシステムです。車高ポジションは、Normal/Hi1/Hi2/Low4種類があり、各種設定にあわせて自動で調節してくれます。乗降モードでは、車高をLowに下げることで乗り降りしやすくなり、高齢者や体が不自由な方にも優しい設計となっています。

2.AVS

AVSとは、走行時に減衰力を自動的に切り替えることで滑らかな走行を実現させています。シティライドで、段差を超えるようなときには減衰力を低くし快適な乗り心地を提供してくれます。一方で、ハンドル操作の際には、減衰力を高めることで安定感を高めてくれます。

3.電動パワーステアリング

電動パワーステアリングとは、車両が自動的にハンドルの操舵力をコントロールしてくれます。走行状況を車両が自動的に判断し、操舵感を軽くしたり、適度な操舵感を与えてくれたり、ドライバーにとって満足感のあるドライビングを提供してくれます。

4.電子制御ブレーキ

クルマを運転する上で、安全は一番に気を使いたいところですよね。「LX600」では、電子制御ブレーキにより、細かなブレーキ制御が実現し、ドライバーに安心感を与えながらの走行を可能としています。

引用:LEXUS 公式ホームページ

新型LEXUS「LX600」の3種類のグレード

引用:LEXUS公式ホームページ

新型「LX」はLX600という型ですが、その中に「LX600”EXECUTIVE”」「LX600」「LX600”OFFROAD”」の3種類のグレードがあります。さらに、「LX600」と「LX600”OFFROAD”」には5人乗りと7人乗りが販売されています。

  • 「LX600”EXECUTIVE”」の販売価格は18,000,000円
  • 「LX600」の販売価格は12,500,000円
  • 「LX600”OFFROAD”」の販売価格は12,900,000円

「LX600”EXECUTIVE”」と「LX600」では、かなり価格に違いがある為、レクサス公式サイトをご覧いただき、細かい違い等をご確認ください。

広告

新型LEXUS「LX600」のボディ構造、デザインは?

引用:LEXUS公式ホームページ

LX600」のボディサイズは、全長5,080mm×全幅1,980mm×全高1,910mm、ホイールベースは2,850mmで、全長5mを超え、SUVでも大きいサイズとなっています。このボディに対応させるため、タイヤはレクサス最大の22インチを採用しています。

外観は、重厚感かつスタイリッシュな表現がされていて、力強いフォルムとなっています。

内観は、ドライバーが運転により集中できるように洗練された構造となっています。

1.Tazuna Concept

Tazuna Conceptは手綱で馬を操る人間から着想を得て、複雑な操作を必要としない直感的な操作を実現させています。例えば、ディスプレイとメーター画面などのディスプレイゾーンでスムーズな視線誘導を実現させてくれます。

2.スイッチの操作性を追求

ヒーターコントロール系スイッチと走行系スイッチを上下に設置させ、配置をわかりやすいような工夫がされています。また、スイッチの形状をトグル式、プッシュ式、ダイヤル式に分けることで直感的な操作が可能となっています。

3.快適さを追求したシート

シートは、からだ全体を包み込むような安定感と運転時の腕さばきをアシストするような機能性を併せ持ちます。クッションパッドは、長時間の運転でも疲れにくいように圧分散がされる構造をしています。また、人間工学の観点から冷房の効果を最大化させるようなシート構造にもなっており、冬季や夏季を問わず快適な運転ができます。

4.大容量のラゲージルーム

LX600」の5人乗りであれば、ラゲージルームは容量が1,109Lでゴルフバッグが5個収納できます。7人乗りは容量が174Lとかなり小さくなり、ゴルフバッグも1個までの収納となってしまいます。しかし、シートアレンジも可能でセカンドシートとサードシートを格納できるので収納には困らないと思います。

カラーバリュエーションは6種類から用意され、インテリアはシートマテリアルとオーナメントパネルが2種類ずつの計24パターンがあり、自分だけの「LX600」にカスタムすることが可能です。

詳しい構造やデザインは『LEXUS公式サイト』をご覧ください。

LX600の「指紋認証式プッシュスタートスイッチ」

引用:LEXUS公式ホームページ

「LX600」には、レクサス初の指紋認証を搭載されています。これは、スマートキーを所持し、ブレーキを踏みながらスイッチを押すことで、指紋が照合されればエンジンがかかります。指紋は、複数保存できるため家族で共有する場合にも不便なく利用することができます。

クルマは決して安価な購入ではないため、盗難を防ぐための仕組みが備わっているのは嬉しいですね。

さらに驚きの機能は、指紋認証と同時に、シート位置やミラーなどの各種設定もその指紋の人に合わせて保存されることです。

この機能により、いちいち別の人が運転した後に、自分でシートの位置などを直す必要がなくなるため、とても利便性に優れています。

広告

LX600の口コミは?口コミ検証!

実際に、「LX600」を購入した方や購入を悩んでいる方の反応など気になる所です。いろいろな方の口コミを紹介させていただきますので、ご参考にしてください。

【先代LX570との性能を徹底比較!?】

これまで、LX600の性能について説明してきましたが、実際のところ先代のLX570とどう違うのか気になるところですよね。YouTubeで徹底的に比較してくれている方がいましたのでぜひ参考にしてみてください。

【試乗&購入!】新型レクサスLX600の加速&ハイテクオフロード性能がスゴい‼

【新型LX “EXECUTIVE” エグゼクティブを完全紹介!】

LX600は、3種類のグレードがあると前述しましたが、最上位グレードのLX600“EXECUTIVE”を徹敵的に紹介してくれています。文字では説明できないようなフォルムや内装などを細かく見られますので参考にしてください。

【新型レクサスLX】エグゼクティブは1800万円!王様気分が味わえます。

【迷車との評価も!?】

100%満足できる買い物というのは、中々ありませんよね。それは、今回のLX600に関しても同じです。購入前にデメリットをしっかりと把握しておくことも大事なのではないでしょうか。そのうえで、自分にあっているか判断し購入に踏み切ってください。

【やや迷車⁉】レクサス新型LX600オフロードを内外装チェック

【実車は写真よりも迫力がある!?】

https://twitter.com/LAKE_X_X/status/1482646139195490314

広告

まとめ

引用:LEXUS公式ホームページ

これまで、新型レクサス「LX600」の説明をしてきましたが、やはり一人一人の好みもあり、どんなに良い物でも賛否両論があるでしょう!

しかし、LX特有の乗り心地の良さや走行性能はバッチリなので、店舗で試乗だけでもしてみてはいかがでしょうか。

決して安い買い物ではないため、しっかりとこの記事を読んでいただき、口コミに目を通して決めていただくと良いですね!

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次