新型カローラセダンがフルモデルチェンジで2019年発売!アクシオとの違いは?

新型カローラセダン

中国の広州モーターショーにて新型カローラセダンが発表されました。

日本での発売時期2019年下半期と言われています。

今回発表された新型カローラセダンカローラアクシオとは別物になるのでしょうか?

今回は新型カローラセダンフルモデルチェンジ情報と、カローラアクシオとの違いについてご説明いたします!

Sponsored Link

新型カローラセダンが2019年にフルモデルチェンジ!

新型カローラセダン

広州モーターショーで披露されたのは2つのカローラです。

1つはカローラハイブリッドと呼ばれる、上質さを追求したモデルです。

フロントフェイスはVWを彷彿とさせるキーンルックであり、トヨタ車のマークXに近いデザインですね。

 

これは日本では発売されない可能性が高いです。

 

新型カローラセダン

もう1つは中国で『レビン』と呼ばれているもの。

頭文字Dでのハチロクターボを思い出した方は多いのではないでしょうか。

 

フロントフェイスはカローラスポーツと同じであり、日本に入ってくるカローラセダンはこのレビンをベースにし、日本仕様に仕上げたものを導入するとアナウンスされています

 

新型カローラセダンのパワートレイン

ダイナミックフォースエンジン

新型カローラセダンには2.0Lの直列4気筒エンジンが搭載される見込みです。

トヨタが力を入れている『ダイナミックフォースエンジン』というやつですね!

 

ダイレクトシフトCVT

組み合わされるギアボックスは『ダイレクト・シフト-CVT』と『6MT』と言われていますが、日本仕様ではCVTのみとなるか…

カローラスポーツでは6MTモデルが存在していますが、セダンでも導入されるのかは不透明です。

 

 

新型カローラセダンは中国では『レビン』と呼ばれている?

レビン

Ⓒ講談社/しげの秀一

日本で発売されているカローラセダンと言えば、『カローラアクシオ』です。

カローラアクシオは日本専売のモデルであるため、今回広州モーターショーで発表された新型カローラセダンとは異なる存在です。

 

そして発表された新型カローラセダンでも、中国国内で『レビン』と呼ばれるモデルが日本仕様になりカローラアクシオの後継車種として販売されるでしょう。

レビンと言えばかつては『トレノ』『レビン』として日本でも発売されていた車ですね。

この2車種は頭文字Dの影響で、一気に日本国内で有名かつ人気になった車でもあります。

 

日本でも『カローラ レビン』として売った方が売れ行きが伸びそうな気がするのは僕だけでしょうか。

名前を変えるだけで今までカローラに見向きもしなかった層の一握りだけでも、購買について前向きになるかもしれません。

 

①カローラハイブリッド

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

上質さを表現したプレステージモデルと称されるのがこのカローラです。

どことなくカムリっぽい雰囲気を漂わせていますが、カムリより一回り小さく使用しているプラットフォームは『GA-Cプラットフォーム』。

GA-Cは『CH-R』や『プリウス』に採用されている小型のプラットフォームなので、このまま日本で発売されても難なく狭い道を走ることが出来そうです。

しかしながら中国や欧州で展開されることになりそうで、日本でこのタイプのカローラを見かける日は来ないかもしれません。

 

②レビンハイブリッド

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

日本で発売中のカローラスポーツのセダンタイプともいえる風貌の『レビン』。

こちらも同じく『GA-Cプラットフォーム』を採用しています。

 

2018年現在発売中のカローラアクシオは5ナンバーですが、フルモデルチェンジ後は3ナンバーになると思われます。

かつてはナンバーで税金等に違いがありましたが、今はそんなことはありません。

3ナンバーの方が排気量が大きくなりやすく、重量も重くなりがちという傾向があるだけで、ナンバーが違うことによる税金の差は存在しないのです。

 

つまり『3ナンバーになる=大きくなる』程度の問題なのです。

なんとなくナンバーが変わるだけで税金が変わるイメージを持っている方がいらっしゃると思いますが…

そんな時代はもう終わっていたのです。

 

新型カローラセダンとカローラアクシオの違いは?

カローラアクシオ

そもそもカローラアクシオとは、海外モデルのカローラを日本仕様にしたもののことです。

アイデンティティは小型自動車規格である5ナンバーサイズであること。

5ナンバーにこだわる人は比較的年齢層が高めの人だと思われるので、そのあたりをターゲットにした車種であると思われます。

 

『5ナンバー=サイズが小さい』ということなので、狭い路地を通行する機会が多い人にとってはうってつけのセダンですね。

 

新型カローラセダンはフルモデルチェンジにより3ナンバー化する可能性が高く、アクシオの名前は消えてしまう可能性があります。

Sponsored Link

新型カローラセダンの画像

①カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

 

 

②レビン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

新型カローラセダン

 

新型カローラセダンのフルモデルチェンジ情報まとめ

新型カローラセダン

新型カローラセダンのフロントフェイスが、カローラスポーツまんまなので「やはりそうきたか」感が半端ないですが、このデザインが好きな人にとっては朗報でしょう。

逆にこのデザインが好きでない方にとっては「おいおい」と言った感じでしょうか(笑)

 

日本にやってくる新型カローラセダンは中国名『レビン』となりそうですが、中国版『カローラ』も日本で発売すればそこそこ売れるのでは??

と思っているのは僕だけでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください