車の一括査定の鬼電話がしつこい!無視しても意味がないが解決策はある?

一括査定に安易な気持ちで申し込むと…

鬼のように電話がかかってきた経験はおありでしょうか?僕はあります(笑)

相場が知れたらいいな~くらいの気持ちで申し込むと、しつこいどころではありませんよね。

申し込んだ直後に何十件も電話がかかってくる様は、まさに地獄絵図!

無視しても電話は数日にわたってかかり続けるわけですが、対応する方法はあるのでしょうか?

答えは、申し込む前に対策をすればあります!

申し込んだ後にお悩みであれば、次に活かしましょう。

車の一括査定の電話がしつこい理由!

オタサーの姫

車の査定は買取業者にとっては戦争です。

例えは悪いですが、申し込んだ瞬間あなたの車はオタサーの姫です。

オタクたちが我先に我が物にせんと、『デート=査定のアポ』を取り付けようと電話をかけてくるんです。

他の『男=業者』に負けないように勝負を仕掛けてくるわけです。

 

最初にアポを取った人が一番有利だからこんな争いが起きるのです。

最初に電話をかければ、

「他の奴なんて気にせず俺と『デート=査定のアポ』しようよ。」

と言葉巧みに営業トークをして、最初にアポを取ってあわよくばうちで決めてもらおうという寸法です。

 

のんびり構えていたら、いつの間にか他の『男=業者』にあなたを取られているかもしれないのです。

 

そんなわけで業者は一斉に鬼電をしてくるのですが…

あまりにも電話の件数が多いので、無視したくなる気持ちはよく分かりますが無視していたらどうなるのでしょうか?

 

車の一括査定の電話の対処法は無視では意味がない?

しつこい電話

無視し続けていたらいつかは電話がこなくなるでしょう。

 

しかししつこい業者は何日の間にもわたって電話をかけてきます。

無視するよりは、一度電話をとって

「気が変わったので今の車を乗り続けます。」

と言って電話を切った方が話が早いです。

 

「また電話がかかってくるのかな?」

と思いながら毎日を過ごすより、さっさと売る気がないことを伝えた方が精神的に健康です。

 

人間は終わっていないことに対してストレスを感じますので、早く売る気がないことを伝えて終わらせたほうが得策です。

車の一括査定は申し込む前に対処すればなんとでもなる!

なんとかなるぜと意気込む男性

とはいえ、あなたは申し込んだ後こう思われているのではないでしょうか?

「二度と使わねえ!」

僕もこう思ったことがありますが、一括査定そのものは車を高く売ることに関しては優れたサービスなのは間違いないです。

実際に僕と友人が使ってみてそう感じました。

車を下取り価格より『50万円も=一流企業の月収』高く売った話-50万円で友人は結婚指輪を買うそうです-

一括査定を使うとどう得をするのか?

電話がかかってこない申し込み方法

高く売るための活用法

 

この3点に注力して、体験談をもとに記事を書いているので一度一括査定に申し込んで後悔している方に読んでいただけると、

「こうすればよかったのか~」

と思っていただけるかと!

 

車の一括査定のしつこい電話についてのまとめ

電話は無視せず「売る気はありません」と伝えたほうが早い

カーセンサーの一括査定を利用する

電話NGの旨を伝える

 

申し込んでしまった後では、ひたすら無視し続けるか、かかってきた電話で断りを入れるかの2択しかありません。

長期間電源を切っておくという手段もありますが、現実的ではないでしょう。

僕は無視していたこともありますが、途中から面倒になって「今は売る気がないんです!」と電話対応するようになりました。

 

とはいえ一括査定そのものは、車を高く売ることに関しては優秀なサービスであり、申し込む前であれば電話がかかってこなくする方法をとれます。

矢印

この記事に書いてある通りにすれば、ほぼノンストレスで一括査定を利用できるので一度試してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください