MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型レガシィB4がフルモデルチェンジ!時期は2019年で日本発売か?

新型レガシィ

新型レガシィB4フルモデルチェンジし、2019年日本発売すると言われていますね!

2019年に様々な車種がフルモデルチェンジすると言われているスバルですが、発売時期はどうなるのか?

また、スバルのフラッグシップであるレガシィB4フルモデルチェンジして一体どうなるのか?

様々な情報をお届けいたします!

 

目次

新型レガシィB4の日本発売時期は2019年?

レガシィB4

新型レガシィB4の日本発売時期は、2019年だともっぱらの噂ですね。

ここ1~2年でフルモデルチェンジを控えている車種は以下の通り。

 

フォレスター(2018年夏)

レガシィB4(2019年末)

レヴォーグ(2019~2020年)

 

スバルの中期経営計画によると、スバル内でのモデルチェンジの期間が空かないようにどんどんモデルチェンジしていこう!という方針なので、毎年何かしらの車種で盛り上がることができそうです。

2019年春頃にワールドプレミアを行うみたいですので、2019年の秋口には日本発売となるか!?

2019年春の大きなモーターショーは下記の通りです。

 

①シカゴモーターショー(2月)

②ジュネーブモーターショー(3月)

③ニューヨークモーターショー(3月末~4月)

 

2018年のシカゴモーターショーではマイナーチェンジ後のレガシィB4が展示されていましたね。

スバルの主戦場は北米ですから、北米で開催されるモーターショーでお披露目になるのではないかと思います。

※2019年2月のシカゴモーターショーでワールドプレミア決定です

 

レヴォーグも2019年にフルモデルチェンジと言われていますが、2019年はレガシィに注力して2020年発売となるかもしれませんね。

 

新型レガシィB4のフルモデルチェンジ画像

新型レガシィB4

新型レガシィB4

基本はキープコンセプトであまり大きな変化はないですね。

エクステリアに関しては新型のフォレスターと同じような味付けという感じで、スバルらしいと言った感じでしょうか。

車に詳しくない人が見ると、簡単に見分けがつかなさそうです(笑)

 

新型レガシィB4

内装に関してもスバルの他の車種と似たようなレイアウト。

しかしながら、大きく目を引くのは縦長の大きなスクリーン

まるでテスラのようですね。視認性はかなりよさそうです。

 

新型レガシィB4のフルモデルチェンジ『予想』画像

レガシィB4レンダリング

引用:carscoop

あくまでも予想画像ですが、基本はキープコンセプト

レガシィに詳しい人でなければどこが変わったのかよく分からないレベルです(笑)

 

新型フォレスターもエクステリアに関する大幅な変更はありませんでしたね。

スバルのフルモデルチェンジの方針そのものがキープコンセプトなのでしょうか。

 

既存の顧客に対しては有効かもしれませんが、個人的には攻めたデザインをした車種が出てきて欲しいなとは思います

 

例えばトヨタ・・・というよりはレクサスですかね。

スピンドルグリルという砂時計のような形をしたグリルを積極的に採用していますが、正直賛否両論です。

良くも悪くも攻めのデザインというブランドイメージを形成しています。

一時期デザインが大人しすぎると言われていた反動かもしれませんね。

 

スバルのコンセプトカーは結構攻めたデザインをしています。

しかしながらいざ販売となるとかなり落ち着いたイメージとなり、がっかり・・・という人もいますね。

 

コンセプトカーちっくな車を1車種でも投入すれば面白いなと思う次第です。

 

新型レガシィB4のフルモデルチェンジ「スパイショット」!

新型レガシィB4フルモデルチェンジのスパイショット

引用:paultan.org

新型レガシィB4フルモデルチェンジのスパイショット

引用:paultan.org

新型レガシィB4フルモデルチェンジのスパイショット

引用:paultan.org

 

新型レガシィB4フルモデルチェンジのスパイショット

引用:paultan.org

フルモデルチェンジ後のエクステリアはまるで間違い探しのよう。

どこが変わったのかぱっと見ではよく分かりません。

 

ヘッドライトの形状がシンプルになりましたが、テールライトの形状はほぼ現行型のデザインをキープ。

全体的なシルエットもあまり変わりがありません。

 

新型レガシィB4は「中身で勝負」ということでしょうか。

新型レガシィB4の搭載エンジンは?

水平対向4気筒

スバルが中期経営計画でも発表しているダウンサイジングターボエンジンが搭載されると思われます。

2019年の発売に間に合うことを考えたら、1.8L水平対向4気筒ターボエンジンでしょう。

現行型のレガシィB4は2.5L水平対向4気筒自然吸気エンジンを搭載しており、最高出力は176馬力。

現在の技術力をもってすれば1.8Lターボなら、176馬力を超えることは難しいことではないでしょう。

1.5Lの水平対向4気筒ターボエンジンも開発中ではあるのですが、投入は2020年を予定しているため恐らくレガシィB4には搭載されないと予想します。

搭載されても販売後にモデルを追加するという形になるでしょう。

 

北米仕様は3.6L水平対向6気筒という漢仕様のエンジンの代替となるものが搭載されるかと思いますが、日本仕様では排気量の大きなエンジンは搭載されないでしょう。

日本でハイパワーなセダンに乗りたいのであればS4をどうぞ、ということですね。

 

広告

新型レガシィB4もやっぱりCVTか?

リニアトロニック

新型レガシィB4もCVTが搭載されることは間違いないでしょう。

引き続きのリニアトロニックです。

 

スバルのCVTは比較的評判がいいのと、本気で走りたい人はレガシィをチョイスすることが少ないため、特に問題はないのではないでしょうか。

単純な街乗りであればラバーバンドフィールが気になるタイミングも少ないでしょう。

 

新型レガシィB4のアイサイトはVer.4を搭載?

2018年現在では、アイサイトはVer.3が搭載されています。

アイサイトVer.4が2020年頃に登場すると言われていますが、レガシィB4の発売に間に合うのでしょうか。

 

そしてスバルが2018年の中期経営計画では、安全システムについて下記のようにリリースをしました。

『“ただ⽌まればいいってもんじゃない”・・・乗る⼈すべてにやさしい 安⼼して使える』

 

危ない時にただ自動で止まればいいというのではないということですね。

 

現行のアイサイトでは基本的には前方の状況を把握するのみにとどまっていますが、Ver.4では全方位の衝突を回避するシステムとなるのではないでしょうか。

2014年に発表した「際立とう2020」ではそのように発表されていました。

 

次のアイサイトでどれほどの進化を遂げるのか見ものですね!

果たして新型レガシィB4のフルモデルチェンジに間に合うのか・・・

矢印

●車を高く売ってみたい

●車を買い替えたい

 

そんなお悩みがあるのであれば、是非この体験談を読んでみてください。

[card2 id=”5592″ target=”_blank”]

[center][btn href=”https://c63amg-young.com/2018/07/15/how_to_trade-in/” class=”raised accent-bc strong rippler rippler-inverse” target=”_blank”]CLICK HERE[/btn][/center]

実体験を基鬼電に対応する必要もなく手間暇を極力省くノウハウを詰め込みました

 

下取りに出すよりも、一流企業の月収並の金額を上乗せした価格での売却も夢ではありません。

 

広告

スバルのフルモデルチェンジに関する記事

[card2 id=”6339″ target=”_blank”]

参考:新型レヴォーグの次期フルモデルチェンジ!時期は2019年でまたCVT?

 

広告

新型レガシィB4のフルモデルチェンジまとめ

エクステリアに変更があまり見受けられないので、ワクワク感が減ってしまうのは否めません。

新型レガシィB4の大きな変更点は「エンジン」と「新型アイサイト」ということになりそうです。

続報が入り次第、随時情報を更新してまいります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 現行型はグリルがやぼったい。そこだけ目立ち、全体のバランスや、デザインの流れをくずしている。
    次期型では改善されることを願う。
    これ以上幅を拡張しないでほしい。
    軽の横にしか止められない。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次