MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型クラウン2018はLINEでカーナビの設定ができる?登録方法は?

新型クラウン2018はなんとLINEでカーナビの目的地を設定できるという驚きのシステムが搭載されています。

カーナビの設定以外にも何時に出発すれば到着時間に間に合うか、目的地の天候、給油が必要か?なんてことがLINEで分かってしまうんです。

超便利ですね。今回は新型クラウン2018でLINEを利用した便利な使い方の登録方法をお伝えいたします。
[box class=”box1″]★”トヨタ”新型クラウン”2018のまとめページはこちら!新型クラウンの情報を徹底網羅!★
[kanren id=”5420″][/box]

 

目次

新型クラウン2018のLINEの設定方法

[timeline][tl label=’STEP.1′ title=’QRコード’] QRコードを読み取る [/tl]
[tl label=’STEP.2′ title=’友達になる’] My CROWNと友達になる [/tl]
[tl label=’STEP.3′ title=’手続きを行う’] My CROWNのトーク画面の【ご利用開始手続き】をタップ [/tl]
[tl label=’STEP.4′ title=’ログイン’] TOYOTA/LEXUS共通IDでログイン
※IDがない場合は新規登録[/tl]
[tl label=’STEP.5′ title=’車種選択’] T-Connect IDで利用する車種を選択[/tl]
[tl label=’STEP.6′ title=’情報登録’] 自分のクラウンの情報を確認して【登録する】をタップ [/tl]
[/timeline]

もちろんのことですが、新型クラウン2018のオーナーにならないとこのサービスは利用できません。

そりゃ車がなければ始まりませんからね(笑)

 

広告

新型クラウン2018のLINE設定の詳細

①My CROWNと友達になる!

新型クラウン2018のカタログ52ページにあるQRコードを読み取ります。

するとMy CROWNというアカウントが出現するので友達登録をしましょう!

 

②TOYOTA/LEXSU共通IDでログイン

共通IDをお持ちでない方は新規登録をすれば、共通IDを取得できます。

 

③T-Connect IDで車種を選択

【T-Connectお申込み控え】という書類にIDとパスワードが記載されています。

書類がない!という方は、恐らく新型クラウン購入時にサービスに申し込んでいるはずなので、車検証やカーナビの取扱説明書、注文時の書類に紛れている可能性があります。

書類を無くしてしまってもIDとパスワードはこちらのサイトで再発行が可能です。

 

④車種情報を確認して登録

あとは登録ボタンをタップするのみ!

 

新型クラウン2018のLINEサービス(T-Connect)を動画で見たい!

 

新型クラウン2018でLINEサービス(T-Connect)を使用するために必要な機器は?

新型クラウンはT-Connectナビを搭載しているため、スマホかポケットwifiを持っていれば利用可能です。

スマホの場合はテザリング機能を使う必要があるため、通信制限には気を付けましょう。

Bluetooth接続一部端末では可能なのですが、機種やキャリアによって異なるので詳細はこちらをご覧ください。

 

またDCMという専用通信機器を装着することで、スマホやポケットwifi無しでもLINEサービスを使うことが可能です。

 

新型クラウン2018のその他の記事

[box class=”box1″]★”トヨタ”新型クラウン”2018のまとめページはこちら!新型クラウンの情報を徹底網羅!★
[kanren id=”5420″][/box]

広告

新型クラウン2018のLINE登録まとめ

新型クラウン2018でLINEの登録を行う方法は、非常に簡単です。

新車で購入する場合はディーラーの営業が細かく説明してくれると思いますが、中古車を購入したときには手間取ってしまうかもしれませんね。

 

また、テザリングをいちいちするのはめんどくさいと思うので、お金がかかってもDCMを導入した方がいいような気がします。

DCMの利用は年間2万円以下なのですから。

広告

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる