ベンツGクラスことゲレンデの内装を徹底解説!後部座席は広い?

ゲレンデ 試乗

さて、前回の記事で紹介したメルセデスベンツGクラスことゲレンデのG350dですが、試乗しただけではなく内装についても調査を行いました。

それではゲレンデの内装について徹底的に解説してまいります!

★Gクラスことゲレンデのまとめページはこちら!ゲレンデの情報を徹底網羅!★
メルセデスベンツGクラス(ゲレンデ)のまとめページ!中古車・新車情報や試乗体験も完全網羅!

Sponsored Link

 

Gクラス(ゲレンデ)のインパネ周辺

①ゲレンデの運転席周辺

ゲレンデ 内装

まずは運転席です。

ハンドルはメルセデスベンツで使われているオーソドックスなタイプではありますが、飾りすぎずシンプルな作りになっています。

自分で撮った写真があるのですが、構図があまりにも酷いので綺麗な画像で代用(笑)

 

ゲレンデ 試乗

メーター類も非常にシンプルですね。中央の液晶は様々な情報を表示させることができ、燃費や水温、油音情報など様々な情報を手に入れることができます。

水温や油音の情報、もしくは燃費を表示させて使っていらっしゃる方が多いのではないかと思います。

 

ゲレンデだからといってゴテゴテのゴージャス感があるわけではありません。

元々が軍用車のオフローダーであることを考えれば、コンセプトに沿った作りとなっているのではないでしょうか。

 

ゲレンデ 内装

ゲレンデ 内装

運転席及び助手席の全体像はこのような感じです。

 

②ゲレンデのセンターコンソール

ゲレンデの内装

おいおいおいと言わんばかりのボタンの多さ(笑)

1回試乗しただけではよく分かりません。

中央上部の液晶がカーナビ及びその他インフォメーションが表示される場所となっており、視認性は良いですね。

運転の際邪魔になることはありません。

 

こちらはデフのON/OFFを行うスイッチです。

街乗りではまずOFFにしておけば問題ありません。

急な坂や悪路を走る走破性を高めるために使うのですが、これを使うと非常に小回りが効かなくなります。

そのため街乗りでONにしてもメリットはありませんし、むしろ運転しづらくなるだけですね。

 

興味がある方はあまり車の往来がない場所で一度試してみるといいかもしれません。

本当に小回りが効かなくなります(笑)

 

③ゲレンデの前列のその他内装

ゲレンデの内装

家に帰ってから気づく。シフトレバーの写真を撮っていない!

シフトレバーはシーケンシャルシフトのようになっており、前後に倒すことでR・N・Dレンジを操作します。

ポジションでレンジを把握できないため個人的にはシーケンシャルタイプのシフトレバーはあまり好きではありませんが・・・

これは好みの問題ですね。

 

パーキングにする際はPというボタンを押すだけです。もちろん解除する時も押すだけ。

次はドリンクホルダーについて見て参りましょう!

 

お分かりいただけただろうか。

バスケットボールのリングのようなものが見えますが、それがドリンクホルダーです。

運転席側にはないため、ドリンクホルダーはこれ1つのみです。

あまり大量の飲み物を持ち込むことはできませんね(笑)

後部座席には2つ分ドリンクホルダーがあるのでご安心を。

 

ゲレンデの内装

また、こちらは助手席に装着されているバーのようなもの。

ゲレンデの座席の位置が高く、乗り降りを少しでも楽にするために装着されているようです。

乗り降りの際にここを掴んでおけば安全!ということです。

Sponsored Link

 

Gクラス(ゲレンデ)の後部座席

ゲレンデの内装

写真を撮るのが下手すぎました(笑)ということでもっと綺麗な画像をどうぞ。

ゲレンデ 内装

後部座席は本当に広く、大人が3人横並びに座ってもスペースは十分です。

さすがはゲレンデ。キングオブSUVというだけあって5人フル乗車となった場合でも快適性を損ないません。

 

ゲレンデの内装

足回りのスペースも非常に広く、膝から運転席まで拳約2個分のスペースがありました。

タクシーのクラウンの後部座席よりも快適ですね。長距離の移動でも全く疲れを感じることはないでしょう。

 

ドリンクホルダーは足元中央部分に2つほど存在しています。

写真は撮ったと思ったのですが、撮っていませんでした

 

ゲレンデの内装

綺麗な画像を使用(笑)足元中央にドリンクホルダーがあるのが分かりますでしょうか。

ここまでくると、ゲレンデは5人分のドリンクを置く場所は用意されていないということにお気づきの方がいらっしゃるかもしれませんね(笑)

 

しかしながら、中央に座っても足元のスペースが広く取られているのはいいですね。

ゲレンデで旅行に行ったらきっと楽しい時間を過ごせるんだろうな~と思います。

Sponsored Link

 

Gクラスの荷室

ゲレンデの内装

両サイドはタイヤハウスが存在しているためデッドスペースとなっていますが、それにしても荷室スペースは非常に広いですね。

広いというよりは高いという感じでしょうか。後部座席を倒してしまえば何でも積めてしまえます。

スーツケースを5人分詰め込んで旅行なんてことも簡単ですね。

★Gクラスことゲレンデのまとめページはこちら!ゲレンデの情報を徹底網羅!★
メルセデスベンツGクラス(ゲレンデ)のまとめページ!中古車・新車情報や試乗体験も完全網羅!

 

Gクラスの内装まとめ

とにかく後部座席が広いということに驚きました。

大人3人が横並びになっても快適な車ってなかなかないでしょうからね。

いつの日かゲレンデを買って大勢で旅行に行きたいなと!

今回ゲレンデを見てそんなことを思った次第です。

 

そして最も痛感したのは写真のセンスが絶望的にないということでした(笑)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください