BMW3シリーズ(F30)のサイズを検証!(ボディ・タイヤ・荷室)

bmw 3シリーズ

現行型BMW3シリーズ(F80)と言えば、街中でもよく見かけることのあるベストセラーです。

そんな3シリーズ(F80)のボディやタイヤ、荷室のサイズについて徹底検証してみました。

果たして3シリーズ(F80)のサイズはユーザーを満足させることができるのでしょうか?

Sponsored Link

 

BMW3シリーズ(F80)のボディサイズ

bmw 3シリーズ

bmw 3シリーズ

全長 全幅 全高
4,625mm 1,800mm 1,440mm

全て標準的なサイズであり、全幅が1,800mmに抑えられているのは実用性という観点から見るとl、非常に素晴らしいサイズだと思います。

コインパーキングにも問題なく駐車できますし、機械式駐車場もよっぽど狭くない限りは駐車が可能なサイズです。

日本の狭い路地裏でも取り回しが非常に簡単です。

まさに日本の道路に適合した1台と言えるでしょう!

自宅の駐車場が狭すぎない限りは、弊害が出てくる場面はあまりないんじゃないでしょうか。

 

僕の車は1,795mmなんですが、駐車できなかったのは狭い機械式駐車場だけであり、コインパーキングに停めることができなかったことは1度もありません。

また、狭い道での離合でも問題があったことは1度もありません。

それだけ1,800mmという全幅は日常生活を行うにあたって、非常に実用的ということができるでしょう。

Sponsored Link

 

BMW3シリーズ(F80)のタイヤサイズ

タイヤ

グレードによって異なっているのですが、BMW3シリーズはグレードが多すぎます(笑)

ホイールのインチアップを行ったり、オプションで大径ホイールを装着している場合は下記の限りではありませんのでご注意ください。

①205/60 R16

318i SE
318i
320d
330e iPerformance

②225/50 R17

318i Sport
318i Luxury
320i Sport
320i Luxury
320i xDrive Sport
320i xDrive Luxury
320d Sport
320d Luxury
330e iPerformance Sport
330e iPerformance Luxury

ほとんどのグレードが17インチのタイヤを標準で装備しているようですね。

③前:225/45 R18 後:255/40R18

318i M Sport
320i M Sport
320i xDrive M Sport
320d M Sport
330e iPerformance M Sport
340i M Sport

Mスポーツは前後異形のタイヤを装着しています。

④225/45 R18

340i Luxury

たったの1グレードだけ前後で225/45 R18のタイヤを装着しています。

18インチのタイヤはサイズがでかいだけあって、値段が高くなってしまいますが現行の340iを購入できるほどの財力があるのならば、あまり気にしなくていいんではないでしょうか(笑)

 

BMW 3シリーズ(F30)の荷室サイズ(容量)

色んなものを詰め込んで実験している動画をご覧ください。

大きなカバンを5人分積載するくらいなら問題なさそうです!

5人で旅行に行く場合でも楽々積み込みができそうですね。

 

タイヤを4つぶち込んでさあ、交換しにいくぞ!という時はさすがに入らなさそうですね。

そんな時は後部座席に無理やり突っ込むことでなんとか対応しましょう。

僕はそうしました(笑)

セダンのトランクにタイヤ4つを積み込むのは現実的ではないですからね。

 

最後に

BMW3シリーズのサイズについてお届けしましたが、実用的で日本にフィットしたサイズであることが分かりました。

タイヤのサイズはグレード毎に異なっているので、自分が持っている車のグレードをきちんと把握しておきましょう。

荷室の容量もまあ日常生活においては不満はでないでしょう。たくさん荷物を積んでキャンプとかしたいんだ!って方は3シリーズツーリングをお勧めいたします。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください