ゴールデンウィークで車中泊に必要な物、危険でない安全な場所は?

ゴールデンウィークで車中泊という体験をしてみてはいかがですか?

気候的にも暑すぎず寒すぎず、意外と快適かもしれません。

でも車中泊は危険な面があるので、安全な場所で車中泊をしましょう!

前置きが長くなりましたが、車中泊の心得を解説していきます!

Sponsored Link

 

車中泊する時に必要なもの・心得

車中泊を決めたなら必要な物は事前に用意しておきましょう!一応横になって眠れる車を前提にしています。

セダンであれば後部座席を倒して寝ることができるタイプもありますし(トランク貫通型)、ワゴンであればシートを倒して横になって寝れますね。

寝床となる場所は綺麗にしておいてくださいね。これも必須な事前準備です!

 

①枕

快眠には必須である枕を事前に持っていきましょう。

いつも使い慣れているものでよいのでは?

 

②布団

ゴールデンウィーク中は寒いかもしれません。

布団がなくて風をひいてしまっては元も子もないので、布団、もしくはブランケット等暖をとれるものをあらかじめ用意しておきましょう。

 

③マットレス

一応下に敷くものがないと快眠は厳しいと思うので、マットレス的なものは持っていきましょう。

車中泊をするということは大人数での移動ではないと思うので、トランクに詰め込むスペースはあるはずです!

 

④ボディーシート

汗をかいてべたべたする・・・

そんなときのためにボディーシートがあれば、一応気休め程度にはなるでしょう。

汗をほったらかすよりはましです。

 

⑤イヤホンまたは耳栓

外はうるさいかもしれません。

それだと眠れないですよね。

イヤホンまたは耳栓があれば少しは安心できるはず!

 

⑥アイマスク

外の光がまぶしい時に役立ちます。

イヤホンとアイマスクで音と光を遮断し快眠しましょう!

 

⑦ほんの少し窓をあける

酸欠で死ぬことはないと思いますが、二酸化炭素濃度が上昇し気分が悪くなるかもしれません。

わずかながら窓を開けておきましょう。

思いっきり開けると防犯上よろしくないので、やめたほうがいいです。

Sponsored Link

車中泊は危険?

一酸化炭素中毒、防犯上の問題、熱中症などなど車中泊には危険がつきまといます!

でもしっかりと対策をすれば怯えなくて大丈夫です!

 

★一酸化炭素中毒

→寝るときはエンジンを必ず切りましょう。

 

★強盗、車上荒らしなど

人気のないところでの車中泊をする、そして必ず車の鍵はロックしておきましょう!

女性の1人旅だと性犯罪に巻き込まれた事例がありますが、人通りがありなおかつドアをロックしておけば防犯効果は高いです!

 

★熱中症

ゴールデンウィーク中だと熱中症はあまりないかもしれませんが、寝る前には水分をたくさんとる、小型扇風機を持って行くなどで対策をしましょう。

 

安全な車中泊の場所

サービスエリアや道の駅は夜中でも人通りがあり、そこそこ安全ではあります。

特にゴールデンウィーク中は人が多いので、ある程度安心ですね。

もしサービスエリアや道の駅で車中泊をするのであれば、そこそこ車が目立つところにしましょう。

端の方だと何かあっても気づかれません。

 

あと、仮眠や長時間の休憩は許されていますが、あまりにも長く寝ているのはルール上良くないため、爆睡しすぎないようにしましょう。

そして、こんなサイトがあるので車中泊する方は覗かれてみては?

リンク:Aランク、Sランク おすすめ車中泊場所マップ

 

最後に

車中泊って最初のハードルが高く感じられますが、非日常的な雰囲気を味わえていい経験になると思います!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください