W205 メルセデスAMG C63の化物スペック、その価格は?

c63セダンの画像

出典:メルセデスAMG公式サイト

メルセデスAMG C63、恐ろしいスペックと価格が多くのファンをひきつけます。

ちなみにW204まではメルセデスベンツ C63 AMG、とAMGが最後尾につくような呼称でした。

だから何だよって感じではあるかと思いますが・・・

ではでは気を取り直して現行のW205型のC63の化物じみたスペックについて解説してまいります!

★メルセデスベンツCクラスのまとめページはこちら!Cクラスの情報を徹底網羅!★
W204 C63amg【解体新書】この記事だけで満足ですか?メルセデスベンツCクラスについてもっと知りたい方のためのまとめページ!

Sponsored Link

 

AMG C63とは



出典:メルセデスAMG公式サイト

出典:メルセデスAMG公式サイト

メルセデスベンツが販売するミドルクラスのセダン、ステーションワゴンのCクラスをベースに、AMGが手を加えたハイパフォーマンスマシン。それがC63です。

最先端AMGテクノロジーが創り出す、最強のCクラス。という謳い文句も伊達ではなく、通常のCクラスと中身は全くの別物。

似ているのは内装と見た目だけと言っても過言ではありません。

 

W205型 AMG C63に搭載するエンジン

M177エンジン
出典:メルセデスAMG公式サイト

V8 4.0Lツインターボ「M177」が搭載されています。

前のモデルのように6.2LのNAエンジンを創り出すことがAMGの本望ではあったのでしょうが、環境規制の影響で排気量を小さくせざるをえなかったようです。

このエンジンには第三世代の直噴システムである「BlueDIRECTテクノロジー」によって効率的な燃焼を実現しています。・・・・なんだこのシステムは、よく分からん(笑)

 

W205型 AMG C63のパワー

排気量が小さくなったとはいえ、先代のW204よりもパワーは大幅にアップしました。

C63で476馬力、66.3kgf・mを、C63Sでは510馬力、71.4kgf・mという驚異的なパワーを発揮します。

 

W205型 AMG C63の足回り

車にはパワーだけがあっても仕方がない。C63は走りを追求したモデルです。

足回りにはフロントに「4リンク式」リアに「マルチリンク式」のAMG RIDE CONTROLスポーツサスペンションを搭載。

更に4輪それぞれを独立した電子制御するダンピングシステムを採用。「Comfort」「Sport」「Sport+」の3つのモードを使い分けることができます。

W204の前期型は常に足が硬いので、少し羨ましいです(笑)

足回りが強固なおかげで、スーパーフロントヘビーのC63はコーナーでもグイグイ曲がってくれます。

 

W205型 AMG C63のブレーキ

500馬力近いパワーを持つC63を止めるために、ブレーキはフロントに360Φの6ポット、リアに4ポットの大型ブレーキを備えています。

いつもより少しブレーキペダルを踏み込むだけで、車は恐ろしい勢いで減速をしていきます。

この感覚のまま他の車に乗ると危険ですので、早め早めのブレーキを心がけましょう(笑)

追加料金を払うと「カーボンセラミックブレーキ」に交換することができますが、死ぬほど高いですし、通常のブレーキでも十分な性能です。

 

W205型 C63の走行モード

「Comfort」:街乗り用

「Sport」:ワインディングなどで楽しむ用

「Sport+」:更にアグレッシブなドライビングを楽しむ用

「RACE」:公道で使うのはやめましょう。

C63は上記の4つのシステムを備えています。なお、「RACE」モードはC63Sのみの設定となります。

Sponsored Link

AMGスピードシフトMCT

湿式多板クラッチを使用した7速のミッションを搭載し、パドルシフトを用いた変速スピードは一瞬です。

 

雨の日のドライブ

大雨のなかでも安定した走行をできるのがこの車のいいところ。ESPによる電子制御システムは優秀で、姿勢が崩れることを阻止します。

とはいえ、雨の中アクセルを底まで踏むと恐怖を感じます。高速域でいきなりべた踏みするのはやめた方がいいでしょう。

 

可変バルブシステム

ボタン1つでブオンブオンと官能的なドロドロ音を強調することができます!住宅街などで目立ちたくない時と、それ以外で使い分けることができるのです。

実用性も兼ねた車ですからね!

 

C63とC63Sの違い

c63sの画像
出典:メルセデスAMG公式サイト

購入の際に気を付けたいのは、この違い。色々なところが違い、Sがつくだけでリセール価格や購入価格が違ってきます。C63Sになると下記のようになります。

 

①ブレーキ

Sになるとフロントのブレーキが360Φから390Φへと巨大化します。そしてディスク交換の際、非常に高額になります。Sの場合40万くらいは覚悟しておきましょう(笑)

 

②RACEモードの追加

ESP(電子姿勢制御システム)、変速において「RACE」モードが追加されます。本気の人はC63Sを選びましょう。

 

③専用ホイール

専用ホイール
出典:メルセデスAMG公式サイト

C63S専用の19インチアルミホイールが装着されます。

 

④電子制御式LSD

C63では機械式のLSDですが、C63Sでは電子制御式のLSDが装着されます。不感症の僕にはきっと違いは分かりません(笑)

 

⑤価格

C63:¥13,060,000~

C63S:¥13,570,000~

と、このようにC63Sの方が若干高めです。このクラスに手が出る方なのであれば、せっかくのなのでSを買っちゃいましょう!

 

C63はモテるのか!?

c63の内装
出典:メルセデスAMG公式サイト

結論からいうと男にはモテます。残念なことに、女性からはモテないのであしからず・・・

 

W205型 C63AMGの動画



この車に欠かせないのはエキゾースト!この車の大きな魅力の1つですので動画は必ずご覧ください。

また、W205型のAMG C63はマイナーチェンジを行うので後期型からも目が離せませんね!

205後期 新型AMG C63がマイナーチェンジ!2019年発売?

 

最後に

現行のW205型はまだまだ高いですが、型落ちのモデルはかなりお求めやすい価格で出回っています。

型落ちといえどスーパーカーと張り合うだけのポテンシャルは持っており、何より大排気量NAという付加価値があるため、先代のW204は根強い人気を持っています。

是非ともAMGの沼に落ちて抜け出せなくなってください^^

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください