MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

トラックが追い越し車線で遅いのに邪魔?なぜなのか?

高速道路を走っていると、追い越し車線をチンタラ走っているトラックがいて邪魔だと思ったことはありませんか?

遅いからといって煽っても、この問題は解決しません。

ということで寛容な心を持つためにはどうすればいいのか、ということを紹介します!

 

目次

トラックはなぜ遅いの?

大型トラックには90km/hでスピードリミッターがかけられており、アクセルをべた踏みしてもそれ以上のスピードは出ないんです。

これは過去に高速走行中のトラックの事故が多いため、2003年に保安基準でスピードリミッターの設置が義務化されたからなんですね。

メーカー毎に僅かにスピードリミッターがかかるスピードが違ったり、タイヤによって微妙な差がでたりするみたいでもありますが、基本的に大型トラックは90km/h以上は出ないんです!

 

広告

なぜ遅いのに追い越し車線に入るのか?

大型トラック同士が走っていると、1~3km/h程度ですがスピードの差が出てきます。

そしてトラックドライバーはできるだけ早く目的地に到着したいんですよね。

なおかつ長距離運転になるので、少しでも時間を稼いでPAやSAで休憩をしたいんです。

疲れている上に、眠気も襲ってくるわけですから仕方がないことなんです。

 

追い越し車線でトラックに追いついた時


Photo by Seb Creativo on Unsplash

 

大型トラックが目の前にいてどうしても追い越せない時はどうしましょう。

どうにもできません(笑)

恐らく前を走っているトラックはアクセルをベタ踏みしています。

どうしようもないんです!基本的にトラックは追い越しが完了したら左に寄ってくれるので、寛容な心で後ろを走りましょう。

煽ったとしても、トラックは加速できません。無理なんです。

諦めてください。

 

広告

それでもなおトラックにイライラしてしまう方へ

トラックドライバーの方がブログを書かれています。これを読めば少しは心が寛容に・・・なればいいですね。

リンク:トラックドライバーからのお願い

 

広告

最後に

時折絶対後ろを見てないだろ!!!

っていうタイミングで出てくるトラックもいますが、トラック全般を悪者扱いしないような寛容な心を持ちたいものですね。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次