スバルのアイサイトVer.4とは?自動ブレーキで事故を防げるのか!?

アイサイトver4の画像

スバルといえばアイサイト!しかも最新のものはアイサイトVer.4(通称:アイサイト4)と進化している模様です。

しかしながら事故例を聞くこともあるアイサイト。本当に自動ブレーキで事故が防げるのか調査しました!

Sponsored Link

 

アイサイトとは?

そもそもアイサイトとは何なのか?一度は耳にしたことがあるとは思いますが、詳細はよく分らん!といったところだと思います。

 

プリクラッシュブレーキ

衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。前方車両との速度差が約50km/h以下なら衝突回避、または被害を軽減します*3

出典:スバル公式サイト

これがあるからと言ってよそ見運転をしてはいけません。

 

後退時自動ブレーキシステム

後退時、車体後部に装着されたソナーセンサーが障害物を検知。衝突の可能性がある場合は、警報音と警告表示で、段階的に注意を喚起します。回避操作がない場合は自動的にブレーキをかけ、衝突回避または被害を軽減します。

出典:スバル公式サイト

これがあればコンビニに車ごと入店することを避けられそうですね(笑)

 

AT誤発進抑制制御

前方の壁や生け垣などの障害物が検知*7され、誤発進とシステムが判断した場合、警報音と警告表示で注意を喚起。同時にエンジン出力を抑え、発進をゆるやかにします。

出典:スバル公式サイト

ゾンビだらけの街では、ゾンビに反応してしまいそうなこの機能。まず街中がゾンビだらけになることはないので安心してください。

 

AT誤後進抑制制御

Rレンジの状態でアクセルの急な踏み込みを検知し、誤後進とシステムが判断した場合、警報音と警告表示で注意を喚起。エンジン出力を抑え、後退の飛び出しを抑制します。また、後退時の制限速度を設定できる「後退速度リミッター」も備えています。

出典:スバル公式サイト

上述した「後退時自動ブレーキシステム」との違いはなんでしょうか。当システムはアクセルを急に踏み込んだ時に作動するシステムであり、後退時自動ブレーキシステムはアクセルを踏み込まなくても作動するのが違いです。

 

前車速追従機能付クルーズコントロール

高速道路や自動車専用道路で、0km/h〜約120km/hの幅広い車速域*8で先行車に追従走行。
高速巡航からノロノロ運転が続く渋滞時まで、アクセルとブレーキ操作のわずらわしさを軽減し、快適で安全なロングドライブを提供します。

出典:スバル公式サイト

最近の車には大体ついている、前の車を勝手に追尾しながら速度をシステムが調整してくれるものです。これに頼りすぎて事故を起こす事例があるので、常に前を見て運転してください。

 

車線逸脱抑制

ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識。自動車専用道路などを約60km/h以上で走行している場合、車線からはみ出しそうになるとステアリング操作のアシストを行い、車線からの逸脱を抑制。安全運転をアシストします。

出典:スバル公式サイト

居眠り運転をしてしまっても、なんとか耐えることが・・・眠くなったら必ず休憩をとるか翼を授かってから運転しましょう。

 

警報&お知らせ機能

自車のふらつき(高速走行時・約60km/h以上)や車線逸脱(約40km/h以上)を検知した場合、警報音と警告表示でドライバーに注意を促します。また、先行車の発進に気づかず停止状態のままでいる場合には、ボイスインフォメーション(アナウンス)と表示でお知らせします。

出典:スバル公式サイト

警告がうるせーよ!!と思ったらこの機能はオフにできますのでご安心を。他の機能も基本的にはオフにできます

Sponsored Link

 

アイサイトVer4とは?

今までのアイサイトに、アクティブレーンキープ(車線をはみ出さないようにする機能)と車線中央維持機能(読んで字のごとく車線の中央を維持しながら走る機能)が追加されたもの。

いや、元からこの機能はアイサイトに搭載されていました。アイサイトVer4のすごいところはこの機能が0km/hから作動すること!

今までのは65km/h以上でなければ機能してくれなかったわけです。

つまりアイサイトVer4があると、同一車線上で自動運転チックなことができてしまうのです。

渋滞してもクルコンが追従してくれますからね!

 

アイサイトの自動ブレーキで事故を防ぐことはできるのか?

2016年に行った調査ではアイサイト搭載車は非搭載車と比較して、対車両衝突事故が8割減、対歩行者の衝突事故は5割減、全体で事故の6割を減らすことに成功しています。

ちなみに調査結果はスバルが交通事故総合分析センターのデータを基に作成しています。

減ったということはアイサイト搭載車でも防げない事故はあるというわけで・・・

そりゃそうですよね。でも大幅に事故率が減っているので、事故数の削減に一役買っているということでしょう。

 

アイサイトの動画

文字に書いてうだうだいうより、動画を見た方が早いです(笑)

 

アイサイトの小話

アイサイト ホテル

ラブホテルの入り口にビラビラしたカーテンが設置されている場所がある(最近はほとんど見かけませんが)のですが、アイサイトがビラビラのカーテンを障害物だと思い込み、ラブホテルの駐車場に進入できなかったという話があります(笑)

どこまで本当か分かりませんが、実際にあり得そうなところがミソですね。

ちなみにアイサイトはボタン1つで解除できるため、アイサイトを搭載していてもビラビラカーテンのラブホテルに進入することは可能です。

まあ最近はそんなホテルはあまりないような気がしますけどね!

アイサイトを搭載した車でラブホテルに行ってビラビラカーテンがあった場合は、突破できるのかチャレンジする価値はあると思います(笑)

 

事故を減らすならアイサイト!


大事な家族が乗る車であるなら、事故率の減少に一役買っているアイサイト搭載車の購入はいかがでしょうか?

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください