ベンツ新型Aクラス(W177)がフルモデルチェンジ!日本発売はいつ?

新型Aクラスw177

フルモデルチェンジを行うメルセデスベンツ新型Aクラス(W177型)がついにベールを脱ぎました。

外装、内装の変更、MBUXの搭載等々話題に事欠かない新型Aクラスですが、日本での発売はいつ頃になるのでしょうか?

今回は新型Aクラスの様々な部分に触れながら、日本での発売日を予想いたします!

Sponsored Link

 

メルセデスベンツAクラスとは?

横転しやすい車という印象からスタートしたメルセデスベンツAクラス。初代は絶対に一般受けしないような外観で世に現れ、完成度の低さからあまり売れませんでした。

当然です。

 

2代目はなんと9年間にもわたって販売され続けたロングセラーモデルに急成長?長期間フルモデルチェンジを行わなかっただけで、売れていたのかどうかは分かりません。

 

3代目のW176型になり若者にも受けそうな見た目のコンパクトハッチバックとして姿を現し、怪しいマダムのセカンドカーというイメージは払拭されました。

メルセデスベンツのエントリーモデルとして、今ではホットハッチとしての地位を確立しつつあります。

 

メルセデスベンツ新型Aクラス(W177)の外装画像

 

新型Aクラスw177

新型Aクラスw177

新型Aクラスw177

新型Aクラスw177

 

先代のAクラスと比べるとかなり強面です(笑)

この画像の新型Aクラスは「AMG Style」というグレードだと思われます。オプション装備かもしれませんが。

今まで「AMGスポーツパッケージ」だとか「AMG Line」という類の、いわゆる見た目がかっこよくなる類のオプションです。

 

比較のために現行のAクラスの画像はこちら↓


出典:メルセデスベンツ公式サイト

これはA180 AMG Styleというもので、一番街中で見かけるAクラスのグレードです。

個人的には現行型の見た目の方がスタイリッシュで好きですね。

新型Aクラスの見た目は正直なところ、ちょっと下品だなあと思ってしまいました。

 

メルセデスベンツ新型Aクラス(W177)の内装画像とMBUX

特徴的なのは超ワイドなアイパッドを並べただけかのような適当感満載インパネ周りですね!

 

新型Aクラスw177内装

フルデジタルのメーター、そして超ワイドな中央の液晶モニターが新型Aクラス細大の特徴と言っても過言ではないでしょう。

新型AクラスではMBUXという、電脳コンシェルジュサービスのような機能が搭載されるのです。

一言でいうと頭が良くなったSiriみたいなものです。

ヘイ!メルセデス!と声をかけるとシステムが起動するのです。

ますますSiriみたいだ・・・

実際使ってみないと分かりませんが、完全にアナログ世代は置いてけぼり状態です。

ということでMBUXの実際の動画を見てみましょう!

近くのお店を案内してくれたり、車内のアンビエントライトの色の変更を音声で変更できたりと、未来を感じさせますね。

動画の撮影はクロアチアで行っているらしく英語で喋っていますが、日本ではさすがに日本語で話してくれる・・・はずです。

Sponsored Link

 

メルセデスベンツ新型A45AMGについて

新型Aクラスが発売されるとなると、もちろん新型A45 AMGも目下開発中なわけです。

2018年の秋頃には姿を現すと噂をされており、公開は間近ですね!

 

メルセデスベンツ新型A45 AMGのスペック

2.0Lの直列4気筒ターボエンジンが搭載され、最高出力は400馬力を超えてくると予想されます。

また、0-100km/hの加速は4.0秒を下回る3.9秒を叩き出しているとか。

現行型のA45 AMGは2.0Lの直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力は381馬力なので、排気量、パワー共に大きく向上しています。

 

軽量化されたプラットフォームMFA2を使用し、トランスミッションは9速DCTを採用する見込みです。

パドルシフトを使って9速ものギアを使うのは苦労しそうですね(笑)

駆動方式はもちろんのこと4WD。4MATICは現行型から引き継がれるようですね。

 

またPHV(プラグインハイブリッド)のAMGもラインナップに加わるとかなんとか・・・

わざわざAMGを買う人がPHVに手を出すとは考えにくいのですが、僕の考えが古すぎるのでしょうか。

 

メルセデスベンツ新型A45 AMGの画像

新型Aクラスw177

フロントグリルには縦にラインが入る通称”パナメリカーナグリル”を採用していますね。

これからのAMGの上位グレードは全てパナメリカーナグリルに移行していくと考えられます。

新型Aクラスw177

AMGの証である4本出しのマフラーは健在ですね。

 

メルセデスベンツ新型A40AMGとは?

メルセデスベンツ新型AクラスにはA40というグレードが設定されるようで、AMGファミリーの一員に加わるようです。

最高出力は300馬力程度になると予想されており、アウディS3の対抗馬として姿を現すでしょう。

他のクラスの43シリーズと同じ扱いになると思われるため、搭載されるエンジンはマイスターによる手組のエンジンではなく、工場で組み上げられたものになるでしょう。

 

メルセデスベンツ新型Aクラス(W177)の発売日はいつか?

新型Aクラスw177

 

先代のAクラスはこのような時系列で日本に発売されました!これを基に新型Aクラスの日本発売日を推理します!

 

現行Aクラスの時系列

2012年3月:ジュネーブモーターショーにて公開

2012年秋:欧州にて発売

2013年1月17日:日本にて発売開始!(A250は春の登場)

 

新型Aクラス(W177)の時系列

2018年2月2日:オランダアムステルダムにてベールを脱ぐ。

2018年3月:ジュネーブモーターショーにて一般公開。

2018年6月:イギリスにて発売開始

 

ここから推理すると新型Aクラスの日本の登場は早くても2019年の前半になると思われます!

 

新型A45 AMGの発売日はいつ???


新型Aクラスw177

一部の方はA45 AMGの発売日はいつかということが気になるはずです。

世界最強ともいわれる直列4気筒エンジンを搭載しているA45 AMGの発売日を推理します!

ということで現行Aクラス(W176)の時系列を振り返りましょう

2012年1月:Aクラスの日本での発売を開始

2013年7月:A45 AMGが日本で発売

 

新型Aクラス(W177)が2019年前半に登場すると、新型A45 AMGの日本発売は2019年後半となることが考えられます!

 

メルセデスベンツ新型Aクラス(W177)販売価格は???

A180dというディーゼルエンジン搭載型が2万4000ポンドで発売予定。

日本円にして370万円ほど!現行モデルは最低価格は300万円からスタートしていますが、少しだけ最低価格が上がるかもしれませんね。

ちなみにですが、300万円が最低価格とはいえ、メルセデスベンツにオプション等をつけずに買う人は稀有なので、実購入価格はプラスアルファされると思います。

まつけん
ポンドだと日本円に換算していくらになるのか全くピンとこない。
マイケル
トップギアを見て”~~ポンド”と価格を言われても全くピンとこないよな。
Sponsored Link

メルセデスベンツAクラス(W176)のグレード

参考までに、現行モデルはこの4つです。

①A180 Style


出典:メルセデス公式サイト

A180 Styleは受注生産という扱いであり、僕は今まで街中で見たことありません(笑)

街中で見かけるとかなりのレア車であることは間違いないです。

②A180 AMG Style


出典:メルセデス公式サイト

街中で最も見かける機会が多いもの。エアロ等を装備し、スタイリッシュなモデルです。

 

③A250 SPORT 4MATIC


出典:メルセデス公式サイト

A250 SPORTを侮るなかれ。210馬力とコンパクトカーには十分すぎるパワーと運動性能を与えられたモデル。排気音もかなりイイ音がします。

これを買う人は本当に走るのが好きな人なんだろうと勝手に思っています。

ちなみにSPORTと書いて「シュポルト」と読みます。

④A45 AMG 4MATIC


出典:メルセデス公式サイト

モンスターマシン。4MATICは四駆を現し、濡れた路面でもその性能をいかんなく発揮できるでしょう。

もちろんのこと381馬力ものパワーを街中でフルに発揮してはだめです(笑)

 

 

最後に

メルセデスベンツ新型Aクラスの見た目は賛否両論ありますが、搭載されるMBUXは興味深いですね。

買ったばかりの時は無駄に話しかけまくってしまいそうです。そのうち飽きそうですが。

近いうちにAMGの情報も公開されるかと思いますので、その際は改めて記事を更新しますのでお楽しみに!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください