中古車だと20代でも買えるレクサスIS-F!維持費や燃費は?

レクサスISF

国産の大排気量ハイパワーFRであるレクサスIS-F。国産車としてC63やM3と並べられるほどの大パワーFRが国産車です。

中古車であれば20代でも購入できるほど価格が落ちてきているので、是非ともオススメしたい1台です。

5リッターのV8FRという暴力的FRマシンであるIS-F、きっと病みつきになる車でしょう。

IS-Fは生産終了しているので、中古車しか存在しません。

Sponsored Link

レクサスIS-F 主要諸元

エンジン:V型8気筒自然吸気
馬 力:423ps
トルク:51.5kg-m
車 重:1,690kg
タイヤ:F225/40/R19 R255/35/R19

 

排気量は4,968cc。自動車税は覚悟しておきましょう(笑)タイヤもかなりデカいです。

 

レクサスIS-Fの外観


リアの4本出しマフラーが特徴的。

 

レクサスIS-Fの魅力

今後はもう世に生まれてこないであろう、大排気量NAのエンジンを搭載していることでしょう。

排ガス規制が厳しくなり、大排気量エンジンはもう生まれてこないと言われています。

 

レクサスIS-Fの欠点

実燃費7km/Lという大食らいっぷり。燃費を気にする人が乗る車ではありません。

あとは後部座席が狭いこと。マイチェン後に少し改良されましたがそれでも少し狭いです。

Sponsored Link

 

レクサスIS-Fの価格帯

前期型だと5万キロ程度の個体が250万から購入できます。後期型だと300万は軽く超えていきます。

300万前後でローンを組むとこんな感じでしょうか。

頭    金:0円
月    々:20,000円~30,000円 × 60回(5年)
ボーナス払い:150,000~200,000円(年2回)

※金利2.3%計算

 

レクサスIS-Fの維持費は?

あまり壊れない・・・というものの、消耗部品がいちいち高いです。

ガソリン代、ローンを除いて100万円程度は覚悟しておいたほうがよいでしょう。

ブレーキディスクで40万近くかかったりすることはありませんが、大事に乗っていくのであればIS-F用に100万円弱はポンと出せるとベストですね。

100万円も用意できねーよ!という方は、気合と根性があればおそらく維持はできると思います。

車の維持は気合と根性だ!

 

レクサスIS-Fの注意点

後部座席

お世辞にも広いとは言えない後部座席がネックです。デカい大人を乗せての長距離移動は少し苦痛かもしれません。

そしてこの車、セダンですが乗車定員は4人です。気を付けましょう。

 

パワー

そしてビッグパワーのFRなので、アクセルを踏み込む際は注意しましょう。

VDIMという電子制御システムがカバーしてくれるはずですが、過信は禁物です。

 

iPhone等のBluetooth接続

前期型はできません。社外品にて対応可能なのがC63との違い。

 

レクサスIS-Fの動画

ドイツのモンスターFRと互角に戦うIS-F。国産車にもこういう車が増えてくるといいですね!

 

最後に

レクサスという国産ブランドということで、信頼性も高くそんなにボカスカ壊れることはないでしょう。

宿敵C63やM3も同世代のモデルにおいては、頻繁に壊れるわけではありませんがね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください