東京都内の車イベント!代官山蔦屋書店モーニングクルーズとは?

関東圏在住の車好きにとって欠かせないイベントといえば、これ!代官山T-SITEで行われるモーニングクルーズ!通称「モニクル」

モーニングクルーズって何?という人もいると思うので、紹介していきます。

Sponsored Link

代官山蔦屋書店モーニングクルーズとは?

朝から優雅なクルージングをする、というわけではありません。代官山T-SITEは大きな駐車場を保有しています。

そこにお題に沿った車が集合し、またギャラリーとしてもイベントに参加できるのです。

イベントと言っても色々な車が集合し、それを見るだけのイベントなのですが貴重な車やスーパーカーが集まったりするので、必見です。

お題としては「V12気筒搭載のフェラーリ」、「ベントレーorロールスロイス」、「空冷ポルシェ」などなど。

 

代官山蔦屋書店(T-SITE)の場所は?

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16−15


※旧山手通りから右折で入庫することはできませんので要注意。

 

代官山蔦屋書店(T-SITE)のモーニングクルーズはいつやるの?

基本的には毎月第二日曜日の07:00~09:00(08:00~10:00)に開催されます。

直前になるとFacebookで告知されるので、詳細はこちらでチェックできます。

「代官山 蔦屋書店 クルマ・バイク コーナー」

開始直前になると駐車場の前に待機列ができるのが恒例です。お題によっては駐車場が満車になってしまうこともあるので、どうしても行きたい場合は早めに現場に向かいましょう!

 

代官山蔦屋書店モーニングクルーズの駐車料金は?

入庫した後に係員の指示に従って車を停めましょう。モーニングクルーズ参加者である旨を店内受付に伝えると2時間無料となります。伝え忘れると悲惨なことになるので、必ず店内の受付に参加者である旨を伝えましょう。

よく分からない!という方は、現場の方に聞いてみましょう。イベント当日は係員が何名か配置されているので、気軽に聞くことができます。

お題の車で来ていない場合、つまりギャラリー参加の場合でも2時間無料になることができます。

僕は参加の旨を伝え忘れ、高額な駐車料金を払ったことがあります。その額なんと5000円オーバー(笑)

 

代官山蔦屋書店モーニングクルーズの参加方法は?

事前予約等は要りません。というよりできません。当日飛び入り参加が原則です。時間になったら現場に向かえばいいだけですので、とても簡単です。

ギャラリーとして車で行ってもよし、徒歩でもよし、公共交通機関を使ってもよし!

Sponsored Link

 

代官山蔦屋書店モーニングクルーズに必要なものは?

早起きする努力。ただそれだけです(笑)

 

代官山蔦屋書店モーニングクルーズの様子

 

代官山蔦屋書店モーニングクルーズの注意事項

現場周辺は住民の方がいらっしゃるので、空ぶかしや近所迷惑になるような行為は避けましょう。イベントの存続に関わります。

また、現場の写真をSNSに上げる時はナンバープレートを隠しておきましょう。

ナンバープレートは個人情報にはあたりませんが、ナンバープレートがネット上にさらされるのを嫌う方は大勢います。

ナンバープレートで居場所や住所を特定された方もいるみたいなので、これは守りましょう!

 

その他

千葉県の柏の葉T-SITE、神奈川県の湘南T-SITEでも同じイベントが定期的に開催されています。こちらもホームページで詳細を確認することが可能です。

 

最後に

車好きが大勢集まるイベントですので、マナーを守って参加し今後も存続させていきましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください