MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

価格が安いベンツのSUVは?人気車ベンツSUVの車種や種類・特徴を解説!

誰もが憧れる高級外車の1つに「メルセデスベンツ」があります。日本では「ベンツ」の名称で親しまれ、年代と世代を問わず人気の高い外車です。

そして、昨今人気の高い車種と言えば「SUV」です。

日本メーカーのみならず、海外メーカーもSUVの開発や販売に力を入れており、現代はまさにSUV戦国時代と言っても過言ではありません。

今回は、ベンツSUVの種類と特徴について徹底解説していきます。

目次

 ベンツSUVの種類とそれぞれの特徴について

ベンツの商品ラインナップは、6つのクラスから構成されています。

それぞれのクラスはアルファベットで分けられており、アルファベット順に車格が大きくなるとともに価格も高くなっていきます。

また、ベンツのSUVは名称に「G」もしくは「GL」が付いており車種を見れば簡単にSUVだと分かるようになります。

それでは、各クラスのSUVの特徴について見ていきましょう。

ベンツGLA

Aクラスは、ベンツの中で一番小さいサイズの車となります。

価格帯もベンツンの中では一番リーズナブルで、エントリーモデルの車となっています。エントリーモデルとは言っても、車内の完成度は非常に高くベンツは高級外車メーカーであることを感じさせてくれます。メーターはフル液晶でセンターにあるインフォメーションディスプレイと一体となったモノリスタイプです。

シートにもステッチが施されておりデザイン性の高さが伺えます。

また、エアコンの吹き出し口やコンソールなどにはシルバー調の加飾が施され、落ち着いた黒を基調とした車内にアクセントと高級感を醸し出しています。

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ

GLAもベンツのSUV商品群の中では一番コンパクトな車種となり、クーペのような外観が特徴の車です。

ラインナップは、2Lディーゼルターボの「GLA200d 4MATIC」と1.3L ガソリンターボの「GLA180」の2種類があります。

  • 全長4,415mm、全幅1,835mm、全高1,620mmとコンパクトで女性でも運転がしやすいサイズ感となります。
  • 本体価格は、GLA200d 4MATIC5,560,000円~、GLA1805,320,000円~となっています。
  • 燃費(WLTCモード)は、GLA200d 4MATIC16.5km/LGLA18014.1km/Lです。

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ

広告

ベンツGLB

Bクラスは、Aクラスに比べてSUV感が強くなったデザインが特徴です。

GLBは、3列シートとなっており乗車定員は7名となります。ラインナップは、2Lディーゼルターボの「GLB200d 4MATIC」と1.3L ガソリンターボの「GLB180」の2種類です。

  • 全長4,640mm、全幅1,835mm、全高1,700mmGLAに比べて一回り大きいサイズ感となります。BクラスはAクラスとプラットフォームを共有化していますが、GLAに比べて全高が高いため室内が広く感じられます。
  • 本体価格は、GLB200d 4MATIC5,930,000円~、GLB1805,680,000円~となっています。
  • 燃費(WLTCモード)は、GLA200d 4MATIC15.9km/LGLA18013.4km/Lです。

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ 

ベンツGLC

Cクラスはベンツの中でも一番の売れ筋クラスであり、車の質感もこのクラスからアップしてきます。GLCはスタイリッシュな外観をした、都会派SUVのデザインとなっています。

ラインナップは、2Lディーゼルターボの「GLC 220d 4MATIC」と2L ガソリンターボの「GLC 300 4MATIC」、そしてガソリンターボ+プラグインハイブリッドの「GLC 350 e 4MATIC」の3種類です。そして、GLSにはクーペタイプ(GLS Coupé)もあり、SUVをよりスポーティーに楽しみたいという方にはクーペタイプもおすすめです。

GLC 350 e 4MATICGLC 350 e 4MATIC Coupéはハイブリッド車となり、ベンツのSUVでは唯一のハイブリッド車となります。(ISGは除く)

  • GLSのサイズは全長4,670mm、全幅1,890mm、全高1,645mmと大きめになってきます。GLS Coupéは、全長4,740mm、全幅1,890mm、全高1,605mmとなります。
  • GLSの本体価格は、GLC 220d 4MATIC7,680,000円~、GLC 300 4MATIC8,630,000円~、GLC 350 e 4MATIC9,130,000円~となっています。
  • GLS Coupéの本体価格は、GLC 220d 4MATIC Coupé7,630,000円~、GLC 300 4MATIC Coupé8,540,000円~、GLC 350 e 4MATIC Coupé9,630,000円~となります。
  • 燃費(WLTCモード)は、GLC 220d 4MATIC15.1km/LGLC 300 4MATIC10.8km/LGLC 350 e 4MATIC12.4km/Lです。

GLC 220d 4MATIC

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ 

GLC 220d 4MATIC Coupé

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ 

ベンツGLE

GLEは、ミドルサイズのSUVという位置づけの車となります。GLEにはワゴンとクーペの2種類があり、ワゴンは7名乗り、クーペは5人となります。

どちらもサイズが非常に大きく迫力のあるSUVです。

ラインナップは、2Lディーゼルターボ+ISGの「GLE 300 d 4MATIC」と3L ディーゼルターボの「GLE 400 d 4MATIC Sports」、3Lディーゼルターボの「GLE 400 d 4MATIC Coupé Sports」の3種類です。

ISGとは、発進時にモーターアシストをすることで滑らかな発進と効率的なエンジン回生により燃費を向上させるシステムです。日本では「マイルドハイブリッド」などと呼ばれることもあります。3Lエンジンは直列6気筒となるため、車格に負けないくらいの十分な馬力と走り心地が期待できます。

  • 車両サイズは、ワゴンが全長4,930mm、全幅1,950mm、全高1,770mmとなっており日本の駐車場では場所を選ぶサイズとなります。
  • クーペのサイズは、全長4,955mm、全幅2,020mm、全高1,715mmとこちらも巨大サイズとなっています。
  • 本体価格は、GLE 300 d 4MATIC10,590,000円~、GLE 400 d 4MATIC Sports12,140,000円~、GLE 400 d 4MATIC Coupé Sports12,700,000円~となっています。どれも1千万円越えをしてくる価格ですので、ハイクラスのSUVと言えるでしょう。
  • 燃費(WLTCモード)は、GLE 300 d 4MATIC13.6km/LGLE 400 d 4MATIC Sports11.9km/LGLE 400 d 4MATIC Coupé Sports11.7km/Lです。

車格は大きくなりますが、SUVとしては平均値並みの燃費を確保した形となっています。

GLE 300 d 4MATIC

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ 

GLE 400 d 4MATIC Coupé Sports

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ 

ベンツGLS

GLSは、ベンツ最高峰のSクラスに属するSUVです。GLEもかなり大きいサイズでしたが、GLSはそれよりさらに大きく全長はなんと5,210mmとなります。

7人乗りの3列シートとなりますが、車両サイズが大きいため室内空間も広々としています。

3列目のシートでも大人2人が余裕で座れる広さで、左右にアームレストとカップホルダーも装備されておりまさに走るリビングのような乗り心地です。

前席

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ 

3列目シート

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ 

ラインナップは、3L ディーゼルターボの「GLS 400 d 4MATIC」の1種類のみとなります。こちらもGLEと同じく直列6気筒ですので、大きなボディでもストレスなく力強い走りが感じられるパワーユニットになっています。

  • 車両サイズは、全長5,210mm、全幅1,955mm、全高1,825mmとなっており駐車スペースを探すのには一苦労しそうなサイズ感となります。
  • 本体価格は13,390,000円~となり、最高級クラスのSUVに相応しい価格となっています。

しかしながら、全面革張りのインパネ、2列目シートのポジション電動調整機能、2列目だけでなく3列目まで専用のエアコン吹き出し口が完備されているなど妥協のない仕上がりとなっています。

価格相応の装備、価値は十分に備わっている最高級のSUVと言えるでしょう。

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ 

ベンツGクラス

最後にご紹介するのが、ベンツでSUV専用のGクラス(G-Class)です。

G-ClassのSUVはこれまで紹介した車とは異なり、本格オフロードSUVとなります。他のSUVはモノコックボディと言うボディとフレームが一体になった車両構造に対し、G-Classはラダーフレーム構造と言うフレームの上にボディが乗った作りで悪路にも強い仕様になっています。

こんな最強SUVのG-Classですが、日本では新車の販売がほとんど行われていないのが現状です。

メルセデスベンツの公式ホームページにも「G-Classは在庫僅少につきご購入いただけない場合がございます。詳しくはお近くの正規販売店にお問い合わせください」と書かれております。

特別カラーや限定車としての販売も多く、日本での販売台数も数十台から数百台と非常に少ない台数となっています。価格は販売される限定車によりさまざまですが、おおよそ28,000,000円前後からとなります。

簡単に手に入る金額と販売台数ではありませんが、興味がある方は是非、本格派と高級感を兼ね備えたG-Classのご購入を検討してみてください。

引用:メルセデスベンツ公式ホームページ 

価格が一番安い車種(SUV)はどれ?

一番価格の安い車種は、Aクラス「GLA180」の5,320,000円(本体価格)となります。

一番安い車種ながらも、一枚つながりとなったフル液晶メーターとインフォメーションが付いており近代的な空間を思わせるインテリアに仕上がっています。Aクラスにはもう1つ、ディーゼル車の「GLA200d 4MATIC」があります。

こちらの本体価格は5,560,000円ですが、ガソリン車のGLA180と比べると価格差は240,000円です。

ディーゼル車のランニングコストを考えると、GLA200d 4MATICの方がガソリン車のGLA180に比べてライフではお得意なることも考えられます。

広告

沢山人が乗れる車種(SUV)はどれ?

メルセデスベンツのラインナップの中で、定員数が一番多いのは7名乗りです。

7名乗りのSUVは、下記の通りとなります。

Bクラス

  • GLB200d 4MATIC
  • GLB180

Eクラス

  • GLE 300 d 4MATIC
  • GLE 400 d 4MATIC Sports

Sクラス

  • GLS 400 d 4MATIC

これらは、3列シート備えた7人乗りのSUVとなります。

BクラスのSUVは、Aクラスと共用のプラットフォームとなるため3列目は少し狭く、馬力面でもEクラスとSクラスに軍配が上がります。特にGLB180は、1.3Lガソリンターボのため7名フル乗車でのドライブだとパワー不足を感じてしまうこともあります。

快適にリラックスしたドライブを楽しみたい場合は、EクラスかSクラスSUVのご検討がおすすめです。

広告

まとめ

誰もが一度は憧れる高級外車のベンツ。

そんなベンツのSUVは我々が期待する通りの高級感はもちろんのこと、走りも高級車ならではのエレガントさと力強さを兼ね備えています。

エントリーモデルとなるAクラスは、5,300,000円からと決して手の届かない金額ではありません。

  • Aクラスでもメーターとインフォメーションパネルが一体となった液晶ディスプレイやシルバー調の加飾が施されたエアコンの吹き出し口など、高級感ある完成度が高い仕上がりとなっています。
  • Bクラスは、AクラスよりもSUV感を強めたデザインが特徴。7名乗りとなるため、お子さんのいるご家庭やレジャーなどを楽しみたい方たちにおすすめのクラスです。そして、さらなる高級感を楽しみたい方にはEクラスとSクラスがおすすめです。

サイズも一気に大型化するため存在感の溢れる見た目に、まるでリビングで寛いでいるような居住性の高い車内となっています。

ベンツは、いつでもあなたに特別な空間を提供してくれます。

自分に合ったとっておきの1台を見つけたい方、上級クラスSUVのご購入を検討されている方は候補の中にメルセデスベンツも入れてみればいかがでしょうか。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次