MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型フィット4のフルモデルチェンジは2019年が濃厚!デザインが激変?

ホンダフィットのエンブレム

現行の3代目フィットはリコール続きで話題となった不運の車。

そのことも過去の話となり?2019年には新型のフィット4へとフルモデルチェンジとなる可能性が非常に高いです。

 

2019年に発表とされる新型フィット4はスパイショットも出回っています。

スパイショットから見るに、デザインはエッジの効いた3代目から激変!?

ということで新型フィット4がどのようになるのか見ていきましょう!

目次
広告

新型フィット4は2019年にフルモデルチェンジするのか?

①フィットのフルモデルチェンジ周期

  • 初代フィット:2001年~2007年
  • 2代目フィット:2007年~2013年
  • 3代目フィット:2013年~

これまでのフィットのフルモデルチェンジ周期は6年

2013年に発売したフィット3も6年と仮定すると、2019年に新型フィット4へとフルモデルチェンジする計算となります。

多少のズレは誤差の範囲ですが、2019年内にフルモデルチェンジしてもおかしくはないことは間違いありません。

 

ただしこれだけでは根拠としては薄いですね。

では次の項目ではフルモデルチェンジ前につきものである、スパイショットについてお伝えしていきます!

 

ちなみに2代目のフルモデルチェンジは、あまりデザイン変わってないなと思います。

 

②2018年にスパイショットが出回っている

新型フィット4のスパイショット

引用:moror1.com

新型フィット4のスパイショット

引用:moror1.com

新型フィット4のスパイショット

引用:moror1.com

 

すでに新型のフィット4と思われる車種のスパイショットが2018年から出回っています

上記の画像は2018年9月26日に海外の車情報メディアmoror1.comで投稿された記事内に存在している写真です。

2018年9月時点でスパイショットが出回るということは、2019年にフルモデルチェンジし発売される可能性は高まっているのではないかと思います。

 

2019年には東京モーターショーが開催されますし、どれだけ発売が遅れてもそこには間に合わせてくるでしょう。

 

新型フィット4はフルモデルチェンジでデザイン大幅変更?

①新型フィット4のスパイショット

新型フィット4のスパイショット

引用:moror1.com

新型フィット4のスパイショット

引用:moror1.com

新型フィット4のスパイショット

引用:moror1.com

迷彩ではっきりとしたデザインは分かりませんが、3代目のエッジの効いたクセのあるデザインから一転して、マイルドな顔つきになったのかなと思います。

 

先祖返りとでも言うのでしょうか。

初代や2代目のフィットを彷彿とさせるフェイスになっている気がしますね。

②ベストカーによる予想デザイン

国内大手車情報メディアベストカーによる新型フィット4の予想デザインです。

全体的な予想デザインはスパイショットをベースにして作られたものだと分かりますね。

 

特にフロントのデザインについては、スパイショットを踏襲しています。

2018年末にマイナーチェンジをした新型プリウスはベストカーの予想デザインは的中していましたので、そこそこ信頼性のあるのではないでしょうか。

 

広告

新型フィット4も最近のホンダのトレンドを踏襲?

ホンダ新型インサイト

インサイト

 

ホンダオデッセイ

オデッセイ

 

シビックハッチバック

シビック ハッチバック

2010年代後半のホンダのフロントフェイスのトレンドは上記の画像の通り。

グリルに入ったラインがヘッドライトの一部に食い込むデザインです。

僕は勝手にガンダムフェイスと読んでいるのですが、海外専売車のパスポートやパイロット(共にSUV)も同じようなフロントのデザインをしています。

 

2010年に入ってからは国内メーカーもデザインにアイデンティティを持たせる戦略を取ることが多いです。

 

ではもう一度新型フィット4のスパイショットを見てみましょう。

新型フィット4のスパイショット

引用:moror1.com

ヘッドライトの下側のカムフラージュされている部分があります。

ここにグリルから左右に伸びたラインが食い込んでくるのではないでしょうか!

 

グリルから伸びたラインの上にヘッドライトが乗っかるような形ですね。

つまり・・・

これが正解に近いのかなと思います。

海外のINDIAN AUTOS BLOGというメディアが作成した新型フィット4の予想レンダリング画像です。

 

広告

新型フィット4のフルモデルチェンジ情報まとめ

新型フィット4は初代・2代目に近い顔つきが予想されています。

 

スパイショットも出回っており、概ね完成車のデザインも予想が立てやすいですね。

2019年内に発売となれば夏頃には我々の前にベールを脱いだ姿を現してくれるかも知れません。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次