MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型ジュークがなかなか出ないが2019年秋にはフルモデルチェンジか?

日産ジューク

2018年に新型ジュークがフルモデルチェンジ!

という話もありましたが、結局のところ延期となってしまったようです。

なかなか新型ジュークが出ないわけですが、2019年秋頃にはフルモデルチェンジとも言われており…

 

  • 本当に2019年秋ごろにフルモデルチェンジなのか
  • なぜ2018年にフルモデルチェンジとならなかったのか

 

についてお伝えしてまいります。

目次
広告

新型ジュークの前回のフルモデルチェンジは?

ジュークは2010年に登場して以来、一度もフルモデルチェンジをしていません。

なんと9年間もフルモデルチェンジをしていないんです。

 

ということでいつフルモデルチェンジをしてもおかしくはない状況下にあります。

9年間同じモデルを販売し続けるということは、稀とまでは言いませんが少し珍しいと言えるでしょう。

 

日産ジュークのデザインそのものはかなり奇抜とも言えるため、2019年現在でも古さを感じません。

時代を先取りしすぎてしまった車なのかもしれませんね。

 

新型ジュークは2019年秋ごろにフルモデルチェンジか?

英Auto Express誌にて「2019年に新型ジュークがフルモデルチェンジではないのか?」と報じられたことが、事の発端のようです。

[The current Juke] is in the latter period of its life. For sure, in the next year you’ll hear more about the new Juke.

引用:Auto Express

 

欧州の日産のコンパクトカーマーケティングのボスである『ヘレン・ペリー氏』が上記のように語ったとのこと。

 

next yearというのは2019年のことですね。

つまり「2019年内に新型ジュークにしてさらなる情報が手に入るでしょう。」ということです。

 

フルモデルチェンジするとは明言していませんが、新型ジュークに関する公式的な情報が年内に発表されると見て間違いないでしょう。

ヘレン・ペリー氏は日産のゼネラルマネージャー兼マーケティング担当であるようで、その発言の信憑性は高いかと思います。

Auto Express誌が曲解していなければの話ですが(笑)

 

2019年内に新型ジュークのフルモデルチェンジ情報は期待できるものの、発売に関してはまだ不透明と言った感じですね。

広告

新型ジュークが2018年にフルモデルチェンジしなかった訳

三菱にはRVRというSUVがラインナップされていますが、そのRVRは日産の新型ジュークとプラットフォームを共通化するのではないかと噂されています。

そのプラットフォーム共通化が原因で、2018年の新型ジューク発売に間に合わなかったという説があります。

 

ゴーン社長の逮捕により、日産・三菱・ルノーがアライアンスを組んでいることが割と有名になりましたが、アライアンスを組んでいるのでプラットフォーム共通化も現実的な話ではありますね。

 

またジュークは日本での売れ行きがあまり芳しくなく、開発が後回しになって単純に遅れていたりするかもしれませんね。

これは個人的な想像です。

 

広告

新型ジュークのフルモデルチェンジまとめ

2019年に新型ジュークに関する情報が出てくる可能性は高いでしょう。

ただしフルモデルチェンジを行うのかどうかはまだ怪しいのかなと思います。

 

e-POWERの採用やプロパイロットの搭載が有力視されていますが、一番気になるのはデザインですね。

新型ジュークはあまり奇抜なデザインにならないと予想されていますが、スパイショットがあまり出回っておらず予想の段階を過ぎないという状態です。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次