新型次期ポルシェマカンのマイナーチェンジ最新情報!後期と前期の違いは?

新型次期ポルシェマカンこと後期型

新型次期ポルシェマカンの登場が間近です。

マイナーチェンジをして、デザインもはっきりと分かる違いを携えた上で満を持しての登場ですね。

今回のマイナーチェンジでマカンは後期型になるわけですが、前期型との違いは何なのでしょうか?

新型次期ポルシェマカンマイナーチェンジ最新情報と共に、前期後期型の違いについてお伝え致します!

Sponsored Link

新型次期ポルシェマカンの日本発売はいつ?

新型次期ポルシェマカン

ポルシェジャパンは2018年12月19日に新型次期ポルシェマカンを発表。

日本での発売は2019年の夏頃と言われています。

 

2018年の11月2日から予約受注を開始しているので、ほぼ間違いないでしょう。

 

新型次期ポルシェマカンのデザインの変更点(違い)

①エクステリアデザイン

新型次期ポルシェマカンこと後期型

後期型

ポルシェマカン

前期型

フロント部分に大きな変更点はありません。

グリル形状が多少異なりますが、概ね前期型のフォルムを踏襲しています。

 

ポルシェマカンこと後期型

後期型

ポルシェマカン

前期型

細かい違いでいえばヘッドライトがLED4灯になっていることでしょうか。

細かいですがフロントからマカンを見た際、前期と後期を見分ける最重要ポイントになりそうです。

 

ポルシェマカンこと後期型

後期型

ポルシェマカン

前期型

大幅な変更となったのはリアのデザイン。

新型911でも導入された左右が一体型になったテールランプです。

最近はこのタイプのテールランプが流行っていますね。

今後の欧州車のトレンドになるのかもしれません。

ポルシェの中でいえば、かつてのカレラ4Sを彷彿とさせますね。

 

②インテリアデザイン

新型次期ポルシェマカンの内装

後期型

ポルシェマカンの内装

前期型

目をひくのは大型化されたタッチスクリーンですね。

タッチスクリーンの大型化に伴い、エアコンの通風孔の位置も変更されています。

 

新型次期ポルシェマカンの機能の変更点(違い)

新型次期ポルシェマカン

日本仕様ではブレーキアシストや、歩行者検知機能付きのACC(アダプティブクルーズコントロールシステム)、レーンチェンジアシストなどの運転補助装置が標準で装備されることになります。

 

新型次期ポルシェマカンの新機能

また車庫入れの際に警告音とモニターに表示される画像で駐車をアシストする、パークアシスト機能が標準装備となりました。

アラウンドビューモニターを更に進化させたような機能であり、なんと自分のマカンが3Dでモニターに表示されます!

まるでゲームをプレイしているような感覚です。

 

マカンは小型と言われるものの超ワイドボディであり、決して小型と言えるサイズではないので結構重宝する機能なんじゃないかと思います。

 

その他65km/h以上で作動するレーンキープアシストや、渋滞時に発進と停止を自動で行うシステムがオプションで用意されています。

Sponsored Link

新型次期ポルシェマカンのスペックの変更点(違い)

ポルシェマカンこと後期型

新型次期ポルシェマカンのエントリーグレードには2.0Lの直列4気筒ターボエンジンが搭載されます。

搭載されるミッションは7速PDK

最高出力は252馬力。

 

エンジンは前期型と同じものを搭載しています。

一部では245馬力にパワーダウンしたと報じられていますが、ポルシェジャパンの公式サイトでは252馬力と発表されています。

本国の公式サイトでは245馬力になっているので、本国仕様と日本仕様では出力が違うということでしょうか。

 

また前期型から15馬力パワーアップと表記されているサイトも見受けられますが、確かにマカンのエントリーグレードは発売当初237馬力でした。

しかしその後の改良により前期型の最新のモデルは252馬力に出力が向上しています。

 

パワーユニットとギアボックスに大きな変更点はありませんね。

 

 

サスペンションなどの足回りには改良が加えられており、1.5kg程軽量化が施されています。

バネ下重量が減ったことでハンドリング性能が向上していると思われますが、素人レベルでは感じ取れないかもしれませんね。

 

新型次期ポルシェマカンの価格は?

ポルシェマカンこと後期型

新車価格は699万円~とのことですが、オプションが魅力的かつ高額なのでグレードによっては購入価格は1000万円オーバーとなってもおかしくないでしょう。

また、『ファーストエディション(889万円~)』『シュポルト(916万円~)』なる2つのグレードが用意されていることが示唆されました。

搭載するエンジンはエントリーグレードと同様の2.0Lの直列4気筒ターボエンジンです。

 

元から色んな装備を搭載しておいたマカンのエントリーグレードの特別使用車という位置づけでしょう。

 

新型次期ポルシェマカンのマイナーチェンジ最新情報まとめ

ポルシェマカンこと後期型

前期と後期の主な違いは、リアのテールランプ、モニターのサイズ、運転補助機能の拡充の3点ですね。

今後はマカンGTSやマカンターボなどの上位グレードの追加が予想され、新型ポルシェマカンに対する期待が高まりますね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください