MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型次期ハイエース300系へのモデルチェンジ後デザインはダサいって本当?

新型ハイエースことLCVコンセプト

ハイエース200系はなんと10年以上も販売され続けている超ロングセラーです。

そこまでロングセラーとなると、そろそろ新型ハイエース300系発売のうわさも聞こえてくるわけです。

モデルチェンジ予想デザインが『ダサい』と言われているようですが、モデルチェンジ後の新型ハイエース300系はどんなデザインなんでしょうか?

新型車種がダサいと言われるのはある種宿命でもありますが、なぜダサいと言われるのか原因を探ってみました。

【2019/02/19】

※正式に発表されたハイエース300系の画像を追記

目次

新型ハイエース300系の姿が公開

新型ハイエース300系

新型ハイエース300系

新型ハイエース300系

正式に公表されたトヨタの新型ハイエース300系の画像です。上記の画像は商用車モデル。

アメリカの刑事ドラマでよく何かを輸送している『白いバン』というイメージですね(笑)

 

新型ハイエース300系

新型ハイエース300系

新型ハイエース300系

ハイエースロング?(恐らくコミューター?)と思われるモデルです。

ホイールベースが非常に長いため、恐らく通常のモデルとは異なるものでしょう。

 

デザインに関してはハイエースというミニバンに近づいた感じですね。

安全性の観点から運転席の前にノーズ部分を設ける事(いわゆるセミボンネット化)になった影響でしょう。

 

従来のハイエースファンからすると、ちょっと残念というポイントかもしれません。

 

広告

新型次期ハイエース300系のモデルチェンジ予想デザイン?

新型ハイエースことLCVコンセプト

新型ハイエースことLCVコンセプト

ハイエースと言えばBOXタイプの直方体の車、というイメージが強いですが新型ハイエース300系はセミボンネット型になるのではないかと噂されています。

いわゆるバスのようなキャプオーバー型から、ちょっとだけボンネットがひっついたセミボンネット型への移行です。

 

その原因の1つが、2017年にトヨタが発表した『LCV CONCEPT』というコンセプトカーです。

これが市販されることはないだろう的なデザインと機能ですが、LCVは次世代ハイエースの基礎になると噂されています。

このLCVがセミボンネット型なので、次の新型ハイエース300系はセミボンネット型になるのではないかと予想されています。

 

もう1つは、2016年5月16日付けの日刊自動車新聞にてそのような情報が掲載されていたということ。

当時の新聞記事は会員にならなければ読めませんが、そういった情報が広まることで新型ハイエース300系はセミボンネット型になるんだと予想されているわけですね。

 

海外のドラマ等でよく見かけるバンににていますね。

「犯人はフォードの白いライトバンで逃走中」のようなセリフがありますが、まさにそんな感じ。

ハイエースが築き上げてきたデザインとしては…かなり挑戦的ともいえるでしょう。

 

新型次期ハイエース300系のデザインはダサいのか?

ワンピース

ダサいというよりは、これはハイエースではないだろう!

ということでダサいという言葉が使われているようです。

 

セミボンネット型になることで、『あふれ出す商用車感』と『お前のようなハイエースがいるか感』のコラボレーションが見る人に違和感を与えているのでしょう。

 

永遠のライバルである日産キャラバンとどう戦うかが見ものですね。

ちなみに日産キャラバンはこちら。

 

知らない人が見たらハイエースと区別がつきません。

主な違いはハイエースと比較してリセールが悪いが、盗難率が高いハイエースと比べると盗まれる可能性が低いことです。

広告

新型ハイエース300系に最も近いのはプロエース?

プロエース

プロエース

海外で発売されている『プロエース』という車があります。

これが新型ハイエース300系に最も近いのではないかと言われていますね。

 

メルセデスベンツのVクラスっぽいシルエットになっており、ハイエース感は薄れています。

 

広告

新型次期ハイエース300系のフルモデルチェンジまとめ

ハイエース

ハイエースといえば普通免許でも運転することができるデカい車として人気ですが、本当にセミボンネット型になったらファンはどのような反応をするでしょうか。

まだ新型ハイエース300系がセミボンネット型になると確定したわけではないですが、それを望まないファンにとっては不安がよぎります。

セミボンネット型でもカッコいいと思えるようなデザインに仕上がることを祈るばかりですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • とんでもない、カッコいいです。寧ろ何故今迄発売されなかったのか?不思議です。業務用に関しては特に国交省、警察庁、国税庁等行政機関と損害保険業界のバックアップのもと、業界団体の既存の車両からの代替を促進するよう車両サイズの改正などの特例適用、取得時及び自動車税の減税で支援してほしいですね。安全性向上の為にも早期に新モデル移行が必要と思います。

    • コメント頂きありがとうございます。

      2019年2月時点で国内販売の予定はないとのことですが、サイズが大きすぎて国内での使用が難しいとの声が多いですね。
      超長期間に渡りモデルチェンジが行われていませんから、次のモデルを見てみたい気はします。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次