新型プリウスが2018年にマイナーチェンジ!後期のデザインと前期の違いは?

新型プリウス

2018年12月17日にプリウスマイナーチェンジを行います。これが後期型ということになるでしょう。

4代目となるプリウスですが、奇抜で斬新なデザインで登場しユーザーの度肝を抜いた車でもあります。

豊田章男社長は「4代目プリウスはカッコ悪い」という発言をしたことがある通り、実際のところ4代目のデザインはかなり不評。

いつか見慣れると思っていましたが、いつまでたっても見慣れない(笑)

 

そんな4代目プリウスマイナーチェンジデザインが変更となるようですが、前期型と比較してデザインはどう変わるのでしょうか!?

今回は新型プリウスデザインについて迫ります!

Sponsored Link

【12月1日更新】新型プリウスのデザイン公開!ベストカーの予想通り

新型プリウス

新型プリウス

新型プリウス

LAオートショーで公開された新型プリウスです。

エクステリアのデザインはベストカーの予想通り。

奇抜さを抑えて比較的無難なデザインに抑えてきました。

前期型のデザインが余程不評だったのでしょう(笑)

 

またインテリアにも変更が加えられており、センターコンソールにドデカイ液晶が鎮座しています。

テスラを彷彿とさせるほど巨大な液晶で視認性は大幅アップ。

 

新型プリウスのマイナーチェンジ後と前期型のデザインを比較!違いは?

①プリウスのフロントを比較

マイナーチェンジ後の新型プリウス

後期型(ベストカーによる予想図)

新型プリウス

前期型

まず最初に目につくのが、ヘッドライトデザインの変更です。

前期型は縦に伸びるウィンカーが特徴的でしたが、新型プリウスはヘッドライトデザインが非常にすっきりとしていますね。

縦に伸びるヘッドライトはデザインが不評であることの原因の1つでしたから、変更を加えたということでしょうか。

 

ロアグリルにも変更が加えられており、開口部のサイドに黒いアクセントが加えられています。

ロアグリルは若干の変更となりそうですが、黒いアクセントの影響でスポーティな印象が増しました。

 

アンダープライオリティというロアグリルを強調したデザインを積極的に取り入れているトヨタですが、プリウスのロアグリルは控えめです。

プリウスだけは、特徴的なデザインにしなければならないという何かがあるのでしょう。

 

②プリウスのリアを比較

マイナーチェンジ後の新型プリウス

プリウスのリア

4代目プリウスのデザインが酷評される原因でもあった、縦に長く伸びるテールライトが廃止されました。

新型プリウスは下に伸びていた部分をそのまま90度内側に折り曲げたようなデザインとなっていますね。

 

またナンバープレート周辺の凹凸も変更となり、トランク周りとテールランプに大きな変更を加えてきました。

 

個人的には新型プリウスのデザインの方がいいかなあと思います。

好みの問題ですが万人受けするようなデザインになったのかと思います。

Sponsored Link

4代目プリウスは本当はかっこいい車になるはずだった!?

実は4代目プリウスは、発表前はかなりデザインに期待が寄せられていたんです。

なぜかというと、4代目プリウスコンセプトとして2012年の北米国際オートショーで披露された『NS4』のデザインはかっこよかったからなんです。

プリウスコンセプト

プリウスコンセプト

NS4はPHVなので厳密にはプリウスPHVがこのデザインを市販車に落とし込んだものになるのですが…

市販されたプリウスはNS4とあまりにもかけ離れたデザインであり、どうしてこうなった!?

という事態になったんです。

 

期待が高かったことも相まって4代目プリウスのデザインは酷評されているのかもしれません。

 

とはいえそれでもプリウスは売れているので、さすがはプリウスと言うかトヨタと言うか、それまでに築き上げたブランディングの賜物なんだと舌を巻きます。

 

でもコンセプトに近い形で売り出していればもっと売れていたんではないかと思いますが、色々社内の事情等もあったのだと思います。

ちなみにCH-Rはコンセプトカーからほぼデザインを変えずに販売しており、賛否両論ですが売れ行きは好調です。

 

●車を高く売ってみたい

●車を買い替えたい

 

そんなお悩みがあるのであれば、是非この体験談を読んでみてください。

車を下取り価格より『50万円も=一流企業の月収』高く売った話-50万円で友人は結婚指輪を買うそうです-

実体験を基鬼電に対応する必要もなく手間暇を極力省くノウハウを詰め込みました

 

下取りに出すよりも、一流企業の月収並の金額を上乗せした価格での売却も夢ではありません。

 

 

4代目プリウスを手掛けたデザイナーは誰?

プリウス

4代目プリウスのプロジェクトチーフデザイナーは『児玉修作』さんという方です。

空力を重視してデザインをすることで、自然と『MIRAI』に似たシルエットをしています。

3代目は生真面目ということで、4代目は大幅にデザインを刷新して斬新かつ前衛的な仕上がりになったのです。

 

ただ、それでもプリウスは売れるんです!

 

新型プリウスのデザインまとめ

車の整備

新型プリウスのデザインは前期型と比較するとかなり落ち着いたデザインになりそうです。

デザインが変わるだけでなく、先進安全装備のアップグレードと燃費の向上などの改良が加えられるようです。

新型プリウスの発売が楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください