亡くなった親の車を相続したが売却したい!高く売るならどこがいい?

自然の中の車

親が亡くなった場合、色々な物を相続することになると思います。

相続した場合、そのまま乗る場合もありますが売却したい時もあるでしょう。

特に兄弟がいる場合、は分けて相続できませんし売却してお金にして分割した方が揉めないでしょう。

では亡くなった親高く売るにはどこ売るのがいいのか、要望毎に分けてお伝えしたいと思います。

 

亡くなった親から相続した車を売りたい!どうせなら高いほうがいいですよね?

ガレージの中にある複数の車

相続して名義変更をした後なら手間はあまりかかりませんが、名義変更前だと色んな手続きで相続に時間もかかることでしょう。

時間がかかるなら一分一秒を争って売るより、少し時間がかかっても高く売ってお金にした方がいいですよね?

 

やり方を変えるだけで車の買取価格は高所得サラリーマンの月給レベルで変わるケースもあります。

知人の知人(いわゆる知らない人)がアウディTTクーペを、下取りでは80万と言われたにも関わらず133万で売りました。

僕はシビックEK9を、下取りでは100万円と言われたにも関わらず112万円で売れたのです。

僕の場合はコアサポートという部分を修復したのが査定額に響いてしまいました。本当なら125万円は買取価格がついたらしいです…(事故車ではありませんが、ジャッキアップをミスしてコアサポートを曲げてしまったのです。ちなみに100万と言った店は車を見ていない状態でいわれた下取り価格なので、現車確認されると更に価格は下がったと思います。)

 

話が脱線してしまいましたが、車をそのまま下取りに出してしまうと損なのです。

新車の価格を抑える材料の一つとして下取りに出すのはナシではないんですが、単純に高く売りたいならお勧めの方法ではありません。

 

手間をかけず、やり方を変えるだけで数十万円も手元に入るお金が変わるかもしれません。

おいしい話に聞こえるかもしれませんが、普通に考えれば当たり前のことなんです。

買い取り専門店に売り出すのが、手間とリターンを考えればそれくらいの差は出てきます。

 

極端な話ですが、ポルシェセンターに日産ノートを売りに行っても高く売れるわけないじゃないですか。

僕がポルシェの営業マンならこの車どうすりゃいいんだよ!!ってなりますよ。

ポルシェにノートを高く売る販売網は恐らく持っていないと思います。

なのであらゆる車の販売網を持つ買い取り専門店が高く買い取ってくれるのは自然なことなんです。

 

例えばガリバーも『LIBERALA』という高級車をメインで取り扱うお店を持っていたりと、買取専門店は買い取った車を販売する手段も強かったりします。

 

ということで、買い取りを得意とするお店に車を売るのがいいのはご理解いただけたかと思いますが、一体どうやって売ればいいのか?

非常に簡単なのでご説明します!

 

亡くなった親から相続した車を高く売るならどこがいい?ユーカーパック or カーセンサーでOK!

一社だけに査定させても買取価格は大して伸びません。

ディーラーに下取りに出すよりは高値がつくでしょうが、効率的ではありません。

そこで手間をかけずに車を高く売る2つの方法をお伝えします。

 

①交渉が苦手&めんどくさがりだけど高く売りたいなら『ユーカーパック』

 

電話は『ユーカーパック』のやり取りのみでかなり楽

個人情報が販売店に流れない

査定場所は自宅か提携したガソリンスタンド

 

下取りに出すより高く売れる可能性が非常に高いです。

そして大きなデメリットがないのも特徴です。

誰でも80%程度の力を発揮できる万能武器みたいなものですね。

 

サイトに情報を入力


担当から電話がかかってくる(30分後など)


現車確認の日時を決める


現車確認


オークション


査定額がついて売却

 

オークションは見ているだけですから、特に面倒な手続きがありません。

一括査定みたいに1時間に何十件も電話がかかってきてイライラがMAXなんてこともないので、ストレスも溜まりにくく個人的におすすめです。

交渉が苦手な人や、めんどくさがりな人にはピッタリのサービスです!

 

②交渉が得意&手間がかかっても高く売りたいなら『カーセンサー』

ユーカーパックよりも高値がつく可能性が高い

査定場所は基本的に自宅や契約駐車場

申し込み直後から20件近く電話がかかってくることも…

バラバラに査定士を呼ぶと何度も対応することになりめんどくさい

 

基本的にはユーカーパックよりもめんどくさいです。

電話が鳴りまくる上に、何社も見積もりを取らせるとスケジュール調整がめんどくさいです。

でもこの問題はすぐに解決します。

詳しくはこちらの記事で解説していますのでご参考まで!

車を下取り価格より『50万円も=一流企業の月収』高く売った話-50万円で友人は結婚指輪を買うそうです-

 

ちなみに、面倒なだけあってユーカーパックよりも高値がつく可能性はあります

 

サイトに情報を入力


販売店から電話がかかってくる


現車確認の日時を決める


現車確認


その場でオークション


査定額がそこで決まる

 

数社から電話がかかってくるので、申し込む前に2時間くらい時間をとれる時間帯を決めておきましょう。

その時間に電話がかかってきた業者を同じ時間に集めます。

別々に呼ぶと「今ならこの価格で!」と最初に来た業者が今すぐ売るように圧力をかけてくるので、全社同じ時間帯に呼び寄せます

時間が合わない業者は縁がなかったということでサヨウナラ。

 

友人の友人はこの方法で50万円も得をしましたし、僕は…まあ12万円ですけど下取りより高い値で車を売ることができました。

交渉が得意な人や、10社以上電話がかかってきても対応してやるという気概があればこのカーセンサーの一括査定がおすすめです。

 

亡くなった親から相続した車を売る場合の注意点

契約して握手を交わす依頼人とクライアント

上記の査定に申し込んだら電話がかかってきますが、相続の状況は相手に伝えておいたほうが良いでしょう。

というより伝えないと後々揉める可能性があります。

なぜかというと相続をした車を売るには必要な手続きが多いからです。

車を相続する時に必要なもの一覧

相続した車ということであれば、査定の担当が手助けしてくれるかもしれませんので相談してみてはいかがでしょうか。

自分で調べるよりも簡単で早いかもしれませんよ!

 

亡くなった親の車を高く売るならネットで申し込むのが手っ取り早い!

●とりあえず楽に高く売りたい人向け

●少し手間がかかってもより高く売りたい人向け

 

●個人的な感想

僕は職場で残業中に一括査定に申し込んでしまったため、職場でひらすら中古車ショップから大量に電話がかかってきて焦りました(笑)

楽なのは間違いなく『ユーカーパック』ですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください