MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

新型クラウン220系のサイズは?車体(ボディ)・荷室・タイヤ等を検証!

新型クラウン220系が発売されたばかりであり、ディーラーにも実車が登場しています。

今回はそんな新型クラウン220系サイズについて迫ってまいります。

車体(ボディ)サイズだけでなく、荷室タイヤについても検証していき、総合的に新型クラウンを評価していきます!
[box class=”box1″]★”トヨタ”新型クラウン”220系のまとめページはこちら!新型クラウンの情報を徹底網羅!★
[kanren id=”5420″][/box]

 

目次

新型クラウン220系の車体(ボディ)サイズは?

新型クラウン220系
全長 4,910mm
全幅 1,800mm
全高 1,455mm
ホイールベース 2,920mm

全長は4.910mmと5mに迫る勢いですが、ギリギリ5m内に収まっています。

全長は一般的なミドルクラスの車両と比較すると200~300mm程度長いわけですが、5m未満であれば小さく狭い駐車場でなければ大きな支障はでないはずです。

密集した狭い住宅地に、道路に向かって縦に停める場合は一度確認した方がいいかもしれませんね。

 

新型クラウン2018

最も特筆すべき点は全幅が1,800mmであることです。

最近のコンパクトカーですら1,800mmを超えるサイズの車がバンバン登場している中で、全幅を1,800mmに抑えたことはアッパレです!

1,800mmあれば狭い道での離合は困りませんし、狭いコインパーキングでも車体はきちんと収まるでしょう。

Eセグメントのセダンで全幅をここまで抑えることができたのは、日本の道路事情を考慮するとライバルに対して大きなアドバンテージを得たと言っても過言ではありません。

この1,800mmという全幅の数値には強いこだわりがあるのではないかと思います。

 

 

広告

新型クラウン220系の荷室のサイズは?

最大で9.5インチのゴルフバッグを4個搭載することができるという広さ!

ただし2.5Lのハイブリッドである場合、アクセサリーコンセントを装着すると3個まで、アクセサリーコンセントを装着しなおかつリアオートエアコンを装着すると2個までしか入らなくなるそうです。

リアに色んなものを装着してくると荷室スペースはどんどん狭くなるようですね。

 

ゴルフバッグを4個積むと他の荷物が一切入らなくなるというケースは多いので、着替えのバッグ等は車内に持ち込まないと入りきらないかもしれませんね。

新型クラウン220系のタイヤサイズは?

タイヤサイズは16インチ・17インチ・18インチの3つのサイズが用意されています。

見た目重視なら間違いなく18インチですね!

詳細は以下の通り。

 

●16インチ:215/60 R16

●17インチ:215/55 R17

●18インチ:225/45 R18

 

タイヤが大きくなり、薄くなればなるほど乗り心地が悪くなりがちとは言え、乗り心地の面でクラウンが妥協しているとは思えません。

18インチでも快適な乗り心地を再現しているでしょう。

 

新型クラウン220系のその他の記事

[box class=”box1″]★”トヨタ”新型クラウン”220系のまとめページはこちら!新型クラウンの情報を徹底網羅!★
[kanren id=”5420″][/box]

 

広告

新型クラウン220系のサイズのまとめ!

新型クラウンのサイズは日本の道路事情を考慮して作られており、その点に魅力を感じる人は多いのではないでしょうか。

非常にスタイリッシュで流行りの流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)も装備しており、最新のサルーンとしてふさわしい1台として仕上がっているかと思います。

Eセグメントのセダンを欲しており、なおかつワイドボディを嫌う人にとってはピッタリの選択肢となるでしょう!

広告

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる