MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

ベンツG350dことゲレンデを試乗し評価!乗り心地は改善された?

メルセデスベンツGクラスことゲレンデを試乗してまいりましたので、今回はゲレンデの試乗記をお伝えいたします!

試乗したのはG350d Heritage Editionという限定車ですが、一部装備以外は通常のG350dと同じです。

乗り心地を含め、運転した感想を基にG350dを評価してまいります!
[box class=”box1″]★Gクラスことゲレンデのまとめページはこちら!ゲレンデの情報を徹底網羅!★
[kanren id=”4690″][/box]

 

目次

ゲレンデことG350dのスペック

ゲレンデ 試乗

今回試乗したG350d Heritage Editionのスペックは下記の通りです。

Heritage Editionには専用ホイール、AMG仕様のフェンダーが標準装備となっていますが、馬力やトルクは通常のG350dと変わりはありません。

メルセデスベンツ G350d
最大出力 244ps
(180kw)
最大トルク 600N・m
(61.2kg・m)
全長 4,575mm
全幅 1,860mm
全高 1,970mm

 

広告

G350dの乗り降りについて

ゲレンデ 試乗

座席の位置が高いため、一歩踏み出すだけで座席に到達するのが難しいです。

そのため一度サイドの出っ張りに足をかけて乗り降りをするのが安全ですね。

助手席には取手のようなものが装着してあるため、これを掴んで乗り降りをすると楽です。

 

小さな子供やお年寄りにとっては、ゲレンデの乗り降りは大変な作業なのかなあと思った次第です。

また、最近の車はキーレスゴーが一般的ですが、G350dはキーレスゴーではなかったので個人的には嬉しいポイントでしたね。

キーを回す瞬間ってなんかいいんですよね~

 

G350d(ゲレンデ)の加速は上々

ゲレンデ 試乗

さて、早速ハンドルを握ってお店を出発しました。

お店を出て長い直線に差し掛かったので、許可をもらってアクセルを底まで踏ませていただきました。

低速トルクがモリモリ(421馬力のG550とほぼ同じ)であるため、一度アクセルを踏むと車重が2トンもあるにもかかわらず、G350dはスムーズに加速をしていきます。

気が狂ったような加速をするわけではありませんが、普段使いにおいて力不足を感じることはなさそうですね。

G350dの最も楽しい走らせ方は、ジェントルに走らせてあげることです。

暴力的な加速を求めるのであればAMGを手にする必要があります。

 

G350dのハンドリングはモッサリ?

ゲレンデ 試乗

パワステが効いているのはもちろんのことなのですが、C63と比較してもハンドルは重たいな~という印象でした。

とはいえ非力な僕でも取り回すことは容易いので、慣れてしまえば問題ないでしょう。

 

また、ゲレンデのハンドリングってどんな感じなんだろう?

ということで車体を少し左右に振ってみました。

 

オフロードでの走行を前提に作られた車であるため、ハンドリングはモッサリしています。

クイックなレスポンスを求める方には向いていない車ではないかと思います。

 

まあゲレンデにそれを求めるのは間違っているのかもしれませんね。AMGであればもっとクイックなのかもしれません。

また、慣れるまではハンドルの切れ角に戸惑ってしまう場面が多いでしょう。

お店を出発した瞬間、いつもの車の感覚でハンドルを切ったのですが思った以上に車の切れ角は

 

G350dの車幅は広すぎない?

ゲレンデ 試乗

ゲレンデの車幅は広いのですが、運転席が高く見切りがいいためこのサイズの車にしてはかなり運転しやすい部類に入るのではないでしょうか。

また、全長が長いため内輪差も普通の車を運転する感覚で気を遣ってあげれば問題ないかと思います。

G350dの乗り心地は改善された?

ゲレンデ 試乗

ゲレンデはあまり乗り心地が良くないと言われることがありますが、試乗したG350dの乗り心地は上々でした。

段差でも車が付きあがることはなく、長時間運転していても疲れることはないでしょう。

また、足回りがフワフワしている感じもないので非常によく纏まっていると思います。

 

ゲレンデの悪路走破性

ゲレンデ 試乗

メルセデスミー東京では最大傾斜角45度の坂道を登って下るというイベントを行っています。

運転するのはスタッフであり、走行に使われた車両はG550ですが傾斜をものともせず走るゲレンデには舌を巻きました。

 

ゲレンデ 試乗

こちらは頂上で撮影した写真です。道行くギャラリーから写真を撮られまくるので、ちょっと恥ずかしいです(笑)

それにしてもこの悪路走破性は、流石元軍用車といったところですね!

 

ゲレンデ 試乗

外から見るとこんな感じです。ジェットコースターの坂を上っているかのような感覚です。

 

ゲレンデ 試乗

下る時の方が怖いです(笑)

 

ちなみにゲレンデであればこんな道でも走れます。

ゲレンデ 試乗

恐らくこんな道を走る機会は一生訪れないとは思いますが(笑)
[box class=”box1″]★Gクラスことゲレンデのまとめページはこちら!ゲレンデの情報を徹底網羅!★
[kanren id=”4690″][/box]
 

広告

G350d(ゲレンデ)の総合評価

[rate title=”G350dの総合評価”][value 3.0]加速感[/value][value 2.5]ハンドリング[/value] [value 5]デザインの美しさ[/value][value 5]室内の広さ[/value][value 3]値段[/value][value 3.5]普段使い[/value][value 4.0]乗り心地[/value][value 5.0]悪路走破性[/value][value 4.5]運転難易度[/value][value 5.0 end][value 4.5]総合評価[/value][/rate]

新車価格は1080万円(税抜き)からですので、ちょっとお金に余裕がある方は是非一度試乗してみてはいかがですか?

 

広告

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる