MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

最速セダン?生産終了間近のBMW M3(F80)のスペック、燃費は?

bmw m3 f80

先代のE90とE92のBMW M3ではV8エンジンを搭載していましたが、現行のBMW M3(F80)では直6エンジンとなり、かつてのシルキーシックスを響かせるモデルとして生まれ変わりました。

また、現行モデルからM3はセダン、そして新たにM4がクーペという住み分けをすることとなりました。

そんなBMW M3(F80)のスペック(パワー、燃費等)!

もう生産終了が決まってしまっているんですけどね・・・

目次

BMW M3(F80)のスペック

BMW M3(F80)寸法

bmw m3 f80

●全長x全幅x全高(mm)
4,685mm x 1,875mm x 1,430mm

全幅が1,875mmもあり、割と幅広なワガママボディでありコインパーキングに入らない可能性がありますね。

競合車種であるC63 AMGよりも若干ワイドです。

リアから見るとよく分るのですが、リアフェンダーが大きく張り出しているのが原因かもしれません。

とはいえリアフェンダーの張り出しが魅力の1つでもあるので、そこは仕方がないと割り切りましょう!

 

●ホイールベース(mm)
2,810mm

ホイールベースが2.8mあると直進安定性が高いですね。

アウトバーンを高速巡行するだけの能力は十分なので、日本の道路ではその性能を持て余すでしょう。

 

●トランク容量
480L
bmw m3 f80
ハイパワーマシンですが、実用性もきちんとあるところが流石BMW M3といったところですね。

長期旅行にでかける際にもこれだけ容量があれば、問題はなさそうです。

 

●定員
5人

5人フル乗車する機会ってなんだかんだで年に数回程度しかない気がします。

一家の大黒柱であれば話は別ですが、独身だと5人を乗せる機会はほとんどありませんでした。

 

BMW M3(F80)エンジン及びパワー

bmw m3 f80

最も気になるスペックはこれですよね!

S55B30Aという名前を覚えるのに苦労しそうな直6のツインターボエンジンを搭載しています。

排気量は2,979ccながら最高出力は431馬力にも及びます。

最大トルクは550Nmで、加速力も文句なしです。

気づいたら猛烈に加速しているC63とは違い、矢のような、風と同化したかのような加速をします。

これはあくまでも個人的な感想です(笑)

 

BMW M3(F80)の燃費

bmw m3 f80

JC08モードというあまりあてにならないものですが、この基準での燃費は12.2km/Lです。

一般道だと8~10km/Lくらいだそうですが、高速道を大人しく走れば12km/Lも夢ではありません。

また、平成17年度排出ガス基準を満たしているエコカーでもあります。

 

燃費を気にしてBMW M3に乗る人は少ないとは思いますが、なんだかんだで燃費の話題ってでてきますからね~

 

その他スペック

bmw m3 f80

●駆動方式
M3といえばFRですね。ライバルであるC63 AMGもFRです。

FRの利点はフロントタイヤを操舵のみに使うことが出来るので、ハンドリング性能がFFと比較して向上することが挙げられます。

またFFと比較して加速が有利なこともメリットの1つです。加速時はリアに荷重がかかるため、前輪でタイヤを回すより後輪でタイヤを回す方が有利なんですね。

まあ4WDの加速には勝てないのですが(笑)

 

ちなみに電子制御をきってフル加速するとホイールスピンしてしまうので、一般道では電子制御をオフにしないように!

海外の動画でスピンして壁や電柱に突っ込んでいく動画がたまにありますからね。

力量と車の限界を見極めて、無茶をしないで運転したいものです。

 

●トランスミッション
7速 M DCT ドライブロジック

何それ?って感想を抱いた方は多いと思いますので解説します。

トルコンではなく2枚のクラッチを機数と偶数で使い分けており、クラッチぺダルを使わずに変速を行うという優れものです。

利点は素早く変速を行えることであり、まさに技術の進歩が生み出した代物なんです。

 

●タイヤサイズ
フロント
255/40ZR18

リア
275/40ZR18

かなり太いタイヤを履いていますね。そのせいか最小回転半径は5.9mと、お世辞にも小回りが効くとは言えない車になってしまいました。

インチアップすることも可能であり、19インチホイールを履くとかなりカッコよくなります。

 

聞いた話ではあるのですが、インチアップをすると足回りの重量が増えてしまうので、本気でサーキットを走る人は18インチを選択するようです。

まあ見た目も大事ですから、どれを重要視するかが大事ですね!

 

●車両重量
1,640kg

ハイパワーマシンがどんどん重量級になっていくなか、BMW M3は比較的軽量であり、500馬力オーバーの車もテクニカルコースではM3に勝てない・・・

そんな場面も出てきます。

レースの世界ではほんのわずかな軽量化に命を懸けていますから、ボディの軽量化がいかに運動性能に影響を及ぼすのかが分かりますね。

 

広告

BMW M3(F80)は生産終了?

bmw m3 f80

海外サイトにて報じられていましたが、法規制に対する改良を行わないため現行型のF80型BMW M3は2018年5月で生産終了となる模様です。

次期型M3は開発中ですので、M3の歴史に幕が閉じるわけではありません!

また、クーペ型のBMW M4は生産が継続されるようです。

これはM3よりもM4の方が売れ行きが良く、法規制に対して改良を加えてもペイできるという判断の元なのでしょう。

 

広告

まとめ

中古車市場価格は落ちてきており、型落ちとなれば一般庶民でも頑張れば手に届く範囲となりそうです。

素晴らしい車なので、いっそのこと所有欲を満たすのはどうでしょうか。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次