新型ベンツEクラスワゴン(S213)の荷室やボディのサイズは?

S213 eクラスワゴン

新型メルセデスベンツEクラスワゴン(S213)は、Sクラスに追随するようなラグジュアリーさを纏っています。

Eクラスワゴンのサイズがデカそうで心配、荷室の容量やサイズはどうなの?といった疑問を踏まえ、新型EクラスワゴンことS213を評価致します!

Sponsored Link

 

メルセデスベンツEクラスワゴン(S213)とは

S213 eクラスワゴンS213 eクラスワゴン

2016年にフルモデルチェンジを行った、5代目EクラスセダンがW213であり、S213がワゴンです。

Cクラスよりもラグジュアリー感が欲しいけども、Sクラス程のものは要らない。

そんなニーズに応えてくれる車がメルセデスベンツEクラス!

昔実家にもEクラスが置いてありましたが、子供の頃はどうも内装の革が苦手で好きになれませんでした(笑)

 

新型メルセデスベンツEクラスワゴン(S213)のサイズ

s213 ワゴン

AMGはサイズが異なるので、下記には載せていません。

ちなみにAMG E63のサイズはこんな感じです。

全長5,005 x 全幅1,905 x 全高1,475

全長は5mを超え、幅は1.9mを超えています(笑)

 

全長:4,940~4,950mm

全長はギリギリ5mを切っているとはいえ、少し大きいですね。

滅茶苦茶狭い路地裏に迷い込んでしまうと、少し苦労するかもしれません。

ちなみに、フェリーに乗船する際の料金は5m未満区分で乗れそうですね。

そこを気にする人はいないでしょうが(笑)

 

全幅:1,850~1,860mm

そこそこデカイですね。

コインパーキングに入れるには一苦労する場面が出てくるかもしれないです。

また、家の駐車場が狭いという方は要検証となる場面が出てくるかもしれません。

 

全高:1,455~1,495mm

橋に屋根がぶつかったりする心配はありません。

 

メルセデスベンツEクラス(S213)の荷室のサイズ

s213 ワゴン

荷室のサイズは640L~であり、広々と中を使うことができます。

後部座席を倒してしまえば、引っ越しの時にもいろいろなものを積み込むことができそうです。

旅行に行くには全く申し分のない広さ、というところでしょう。

英語ですが上記の動画で荷室に色んなものを積み込んで検証をしています。

Sponsored Link

 

メルセデスAMG E63S 4MATIC+

最高出力612馬力の意味不明ともいえるハイパワーマシンです。

しかも4WDなのでC63と比較すると安定性があります。

新車価格は2000万円近くしますので、高嶺の花子さんですね(笑)

 

新型メルセデスベンツEクラスワゴン(S213)の評価

中古で寝落ちした低走行のタマを購入でき、なおかつ大きなボディを収納できそうな駐車場を確保できれば、車での移動をラグジュアリーにしてくれる。

3年おきに乗り換えるという方であれば新車での購入もよいのでは?

そんな車だと思います。困ったことがあれば、上記動画をご覧ください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください