トヨタプリウスα7人乗りの中古車相場は?故障や注意点は?

プリウスα

トヨタの販売するプリウスαというワゴン車及びミニバンがありますが、5人乗りと7人乗りのタイプが存在します。

新車でなくても中古車で満足する買い物ができる車ではあると思います。

中古車相場、購入についての注意点、故障などなど購入を考えている人が気になる点を解説していきます!

今回は7人乗りのミニバンタイプについての解説です。

どうでもいいことですが、プリウスには違和感を感じますがプリウスαには違和感を感じません(笑)

Sponsored Link

 

トヨタプリウスαとは?

プリウスα

トヨタが2011年から販売している5人乗りワゴン及び、7人乗りのミニバンです。

なんか違和感を感じるセダンのプリウスと比べて、綺麗にまとまっている感じがします。

あくまでも個人的な感想ですがね。

 

プリウスαのいいところは、やはりハイブリッドなので燃費が良いこと!

そして流通台数が多いので、故障したときもネットで検索すれば同様の事例がありがちで、解決策が分かりやすいことですね。

 

トヨタプリウスα(7人乗り)の中古車相場は?

プリウスα 7人乗り

過走行のプリウスαなんてあまり買いたくないですよね。心理的に。

走行距離が5万キロ程度であれば、すぐにぶっ壊れる確率は低いでしょう。

その程度のものであれば150万~から存在しているんです。

新入社員でもローンを組んで無理なく買えるレベルですね。

荷室も広いので実用性もばっちりです!

Sponsored Link

 

トヨタプリウスα(7人乗り)は故障するの?

一部車両にリコールがアナウンスされています。

普通はリコールがあれば直しに行くのですが、直していない人もいるんです。

そんな車両を買った場合どうなるのか!?

・・・ちゃんと国土交通省から案内がきて無料で修理できます。

とはいえ修理に出すのはめんどくさいですし、どこかでぶっ壊れるとめんどくさいので、購入の際営業マンに聞いてみましょう。

「リコール対象車ではないですよね?」

と聞くだけです。即答できる営業マンはあまりいないと思いますが、時間があればきちんと調べてくるでしょう。

 

ちなみにリコールの内容は「ハイブリッドシステムの制御」についてというものがあるので、いきなり走行不能になるかもしれません

買う前に必ず営業マンに聞きましょう。

 

さて、故障についてですが・・・

検索すると色々でてきますが、壊れにくい車であることは間違いないです。

何か異常を感じたらディーラーか修理工場に持っていけばいいや!

的な気持ちで大丈夫です。

ディーラーは高いから嫌だ!!

という人は、車が好きな人に信頼できる整備工場について聞いてみるといいかもしれませんね。

腕のいい工場を紹介してもらえるかもしれませんよ。

 

唯一気になることは「ハイブリッドの駆動用バッテリーの寿命」です。

故障というよりは交換サイクルの問題なのですが、5年or10万キロが1つの交換の目安です。

なぜかというと、5年or10万キロがディーラーが保証する距離・年数だからです。

それくらいなら多分壊れないんじゃない?ってことで設定した数値ですからね。

交換費用はバッテリー代で約13万+工賃で、20万はかからないくらいです。

高い!

と思った方がいらっしゃると思います。

たまに20万の出費があるくらい大したことではありません。

車を持つということはそんなもんです。

その分燃費がいいんですから、いいんじゃないかな~と個人的には思います。

 

トヨタプリウスα(7人乗り)の注意点は?

3列目シートが狭いことです。

大人をぱんぱんに詰めると、きっと3列目に座った人からクレームがくるでしょう(笑)

しかも7人でフル乗車すると荷室スペースが狭くなります。7人乗って旅行に行くような車ではありません。

 

最後に

わざわざ7人乗りを買う必要性って何だろう、と思ってしまいます。

5人乗りと7人乗りで大きさが変わるわけでもなく、狭い3列シート付の7人乗りをわざわざ購入するメリットはあまり感じられません。

というわけで、わざわざ7人乗りをチョイスする必要はない!ということが僕の出した結論です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください