MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

マークXスーチャー!首都高最速覆面の最高速と見分け方は?

東京都に配備された最速の覆面パトカーと名高い「トヨタ マークX」スーパーチャージャー!200km/hを超えても追尾してくると噂の「スーチャー」の最高速は?

車も速いが乗ってるドライバーも凄腕と噂の覆面パトカーについて、解説します!

目次

最速覆面パトカーことスーチャーの最高速は?

 

まずはこの車の正式名称を紹介。本来は「マークX+Mスーパーチャージャー」という非常に長い名前をしています。通称は「スーチャー」

スペックは3.5L V6エンジンを搭載し360馬力を発生、トルクはなんと50.7kgm・f!

トルクはなんとランエボXを超えています(笑)

気になる最高速ですが、260km/hと言われています。

リミッターを解除してあるかどうかは諸説ありますが、

高性能な車はあっという間に200km/hを超えていきますから、それを追尾するとなると当然のことですね。

とあるZは200km/hを超えてもスーチャーは追尾してきて、最終的に捕まりました

また、チューンされたFDが逃げ回るも最終的に捕まってしまったそうです。

普通の覆面であれば200km/hで振り切れば追いかけてこないといいますが、スーチャーはそうもいかないようです。

 

広告

マークXスーチャーを振り切るには?

まずは法定速度を遵守して走りましょう!

仮定の話になりますが、振り切るのであれば徹底して逃げ切るしかないですよね。

高速機動隊は特殊な訓練を積んでおり、生半可な腕では逃げ切れません。

噂ですが、スーチャーのドライバーは特に腕利きが運転しているとか。

腕があまり関係しないのは長いストレート。後は車のパワーが物を言うかもしれませんね。

 

広告

マークXスーチャーの見分け方


これは箱崎PAで撮影したマークXスーチャー。

まずスーチャー自体そんなに街中を走っている車ではないので、見かけたらまずは注意しましょう

スーチャーを見かけたらまず覆面と思えばいいと思います!

そしてこちらは知人がくれた覆面スーチャーのナンバープレート一覧!

これが正しいかどうかについて、僕は責任をとりませんので参考程度に。

とりあえずこれを頭にたたきこんでおけば大丈夫でしょう。

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次