MENU
【自動車保険専門サイトをチェック】『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

ホンダ 新型ヴェゼルがマイナーチェンジ!リコール大丈夫?

引用:INDIAN AUTOS BLOG

ホンダの人気SUVであるヴェゼルが2018年3月?にマイナーチェンジ!
1月28日(日)更新
ホンダが公式に発売日を発表しました。2018年2月15日に発売開始です!
参考:ホンダ公式サイト

直近の割には情報があまり出てきませんが、それほど大きな変更点はないのでしょうか・・・?

日本版の公式サイトではまだアナウンスされている様子がありません。

 

そういえば友人がいつか買いたいと言っていたヴェゼルですが、結局のところまだ買っていません。

早く買わせたいところです(笑)

 

目次

ヴェゼルとは?

ホンダが発売するコンパクトSUVで、一番下のグレードは新車価格が200万円とお求めやすいこともあり、若者からも人気の1台!

ただし本格オフローダーではないので、悪路をガンガン攻めるような車ではありません。

 

ヴェゼルはマイナーチェンジで何が変わるのか?

何が変わるのかあまり情報が出ていませんが、ターボエンジンモデルが追加されるとの情報があります。

2018春ではなく、翌年の追加になるとの噂もありますが・・・

車が好きでない方はNAだろうとターボだろうとあまり興味がないとは思いますが、頭の片隅に置いていただければ。

 

あとは見た目が多少変わるのは間違いないでしょう。スパイショットは色々と隠れすぎてよく分りません。

 

ヴェゼルの燃費は?

実走行で15km/Lくらいは走ってくれるでしょう。カタログ値は20km/Lを超えているので、最低でもこれくらいは走らないと困りますよね(笑)

 

DCTについて

ヴェゼルにはATでもCVTでもなく、DCTという変速システムが採用されています。

一時期壊れるという例が多数報告されましたが、「ヴェゼル ハイブリッド」においてリコールの対象となりましたね。

 

DCTとはデュアルクラッチトランスミッションの略であり、分かりやすく大雑把にいうとATが進化したようなイメージです。

CVTのように回転数が上がらずにひたすら加速していくことに、違和感、気持ち悪さを感じる人もDCTなら安心です。

広告

ホンダセンシングについて

現行のヴェゼルには全車標準装備として搭載されている「ホンダセンシング」というものがあります。「ホンダ先進グ」という意味なのかどうかは謎。

もしそうだとしたらネーミングセンスに若干はてなマークでございます。

ホンダセンシングとは、ホンダが開発した先進的な技術の総称ことです。下記装備が新型ヴェゼルには、全てのグレードにて標準装備されます!

 

①衝突軽減ブレーキ

スバルで有名なアイサイトと似たようなシステムで、前走車や、人などに反応して勝手にブレーキを踏んでくれる技術。きっとコンビニに突っ込む前にも作動してくれるでしょう。

ラブホの入り口のすだれみたいなものに反応するかどうかは不明。そもそも最近そんな場所は、あまり見かけませんが。

 

②誤発進抑制機能

停車時や10km/h以下の低速走行時、前方の障害物を検知してドライバーがアクセルペダルを踏み込んだ場合の急加速を抑制します。

ゾンビが前にいた場合に発動するとヤバいですね。

 

③歩行者事故低減ステアリング

歩行者側の車線を逸脱し、歩行者と衝突のおそれがある場合、音とメーター内の表示で警告。

さらに車道方向へのステアリング操作を支援することでドライバーの回避操作を促します。

それはそれで危ない気がしないでもないが(笑)

 

④アダプティブクルーズコントロール

前の車の距離を検知し、速度を一定に保ちながら車間も調整してくれる便利な機能。

 

⑤先行車発進お知らせ機能

停車時に前の車が発進したことを教えてくれる機能。信号待ちの時にスマホいじりが捗っているかと思いますので、これがあれば後ろからクラクションを鳴らされずに済みますね。

 

⑥車線維持支援システム

車線を逸脱しないようにステアリング操作に補助が入ります。アナログな車しか運転したことがない僕には、どんな勝手に補助が入る感覚というのがよく分りません。

居眠り運転をしていてもこれがあれば車線をはみ出さずに・・・いや、まずは眠くなったら仮眠をとりましょう。

 

ホンダヴェゼルの内装



広告

ヴェゼルの闇、リコールの嵐

そう、このヴェゼルはリコールが何度か通知されている不遇の車なのです。

この車が発売された当時、本田技研工業の伊東社長の経営方針が「コスト圧縮、開発期間の短縮」を強引に推し進めてきたことが原因とされています。

この社長はあまり評判がよくありません(笑)

 

広告

最後に

安全装備が全てのグレードに標準装備されるというのは、いい決断ですね!

事故の軽減に一役かってほしいものです。

 

 

『自動車保険』を比較・分析して賢く選ぶ!

出典:自動車保険ガイド

自動車保険は個人の年齢、自身が補いたいリスクなど、人によって様々なニーズがあると思います。ただ自身のニーズにあった商品を一社一社見ていくのも、大変な作業です!

もちろん、懇意にしている保険会社があれば、それを利用するのも手ではありますが、「合理的」「経済的」に考えたい方は、数社から見積もりを取るのが良いでしょう。

そんな時には、【一括見積り】で、自動車保険を比較し、「自分のニーズにあった商品」を見つけたり、「ある程度保険会社を絞ること」が最も効率的でしょう。

自分のニーズにあった『最安の保険会社』を簡単に見つけたい方はこちらをチェック!

 

『一括査定』提携300社以上から愛車を一番高く売る!無料で手間なく一括査定!

様々なところに車の査定をしても、毎回同じような点を入力したり、問い合わせるだけで結構な手間がかかるのは事実です。

懇意にしている会社があれば、そこを使用するのも良いでしょう!ただ合理的に算出して欲しい方は300社以上の企業から、見積もりを貰い、一番高いところに売る!もしくは、ある程度売却する会社を絞るのが良いでしょう。

有名店から地域密着専門店まで網羅しているので、一度ぜひ試して見て下さい。

利用実績450万人以上!複数社(提携社数300社以上)に一括査定!比較・分析して、賢く売却!

■Sponsored Links

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次