レヴォーグF型の2019年マイナーチェンジが現実味を帯びている!?

2019年オートサロンで展示されたレヴォーグ

レヴォーグはすでにE型であり、次はフルモデルチェンジして2019年に発売だ!

というのが定説でしたが、なんとレヴォーグのF型が発売される可能性がでてきたとのこと。

F型となるとフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジ(改良)となりますね。

今回はレヴォーグのF型に関する情報をお届けしていきたいと思います!

Sponsored Link

レヴォーグF型は出ないと言われていた理由

2019年オートサロンで展示されたレヴォーグ

スバルはマイナーチェンジ(改良)する度に、A型⇒B型⇒C型…といった感じでアルファベットが進んでいくんですね。

そしてE型というのは、基本的には最終後期型となります。

インプレッサもフォレスターも基本的にはE型まで。2018年にマイナーチェンジを行ったレヴォーグはE型。

通例ではE型の次はフルモデルチェンジとなるので、2019年にレヴォーグはフルモデルチェンジと言われていました。

 

レヴォーグのF型発売が噂される理由

  • ディーラー情報によるとF型が登場する?
  • ネットで噂になっている

ネットで噂になっているのがレヴォーグF型の登場。情報源をたどるとディーラーの情報とかなんとか。

スバル関係者はすでに知っているはずですが、ディーラーからこういう情報って流れたりするもんですね(笑)

2019年にはフルモデルチェンジと言われたいたので、もしかしたらレヴォーグを買い控えようかと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。どうせならフルモデルチェンジまで待とうと。

ただし最終後期型は熟成が進んでいい車になる傾向があるので、正直悩みどころではあるかもしれません。

 

レヴォーグF型のスペック等の情報

2019年オートサロンで展示されたレヴォーグ

ボディーカラーにクールグレーカーキが追加されると騒がれています。

2019年の東京オートサロンで発表された『レヴォーグSTI Performance』のボディーカラーが『クールグレーカーキ』です。

個人的にはちょっとマッド感のあるこの色は好きですね。他の人と被りたくない思考が強い人は、気に入るのではないでしょうか!

その他の情報についてはベールに包まれており、まだまだ謎が多いです。

 

また、一部で噂されている?多段式ATの導入はありえないと思います。マイナーチェンジでノウハウのない多段式ATの採用はどう考えてもおかいでしょう。

スバルにはそのノウハウがなく、アイシンなどトヨタ系列の部品メーカーの提供があれば現実味を帯びてはいますが、少なくともF型に導入される可能性は限りなくゼロに近いと思います。

Sponsored Link

レヴォーグのF型は発売されるなら2019年

2019年オートサロンで展示されたレヴォーグ

レヴォーグはおよそ1年スパンでの改良を行っています。

2019年4月時点で最新のE型が発売されたのは2018年の6月。

この法則に沿っていけば、2019年の夏頃にはレヴォーグのF型が発売されると思われます

 

また、不確かな情報ですが6月頃には発表となる可能性もあるとのことです。

何れにせよ2018年時点では「ないだろう」と思われていたF型の発表が現実味を帯びてきたのは間違いないようですね。

 

レヴォーグF型のまとめ

  • 2019年の夏頃に発売予定
  • ボディーカラーの追加
  • フルモデルチェンジは2020年か?

レヴォーグF型となったとしても、大幅な改良になるのかどうか。

最終後期型なので熟成が進むことは間違いなく、リセールも高くなることが予想されます。

気になる方は今後の情報に注意しておきたいところですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください