マツダCX-30の日本発売は2020年頃か?日本でも売れるはず!

マツダCX-30

2019年3月にマツダの新型SUV『CX-30』が公開されました。

欧州で発売となりますが、日本では発売されるのか2019年3月時点では未定となっています。

 

とはいえCX-30は日本でも発売されることが有力視されています。

  • いつ頃の発売が濃厚なのか
  • 日本でも売れるのか

という点で情報をお伝えいたします。

Sponsored Link

CX-30の日本発売は2020年に発売となるか

マツダCX-30

そもそも日本で発売されるのか?

CX-4みたいに海外専売になるのでは。

となる可能性がよぎりますが、マツダの公式ホームページでもCX-30のページが特設されており、順次日本にも導入されると考えられるでしょう。

欧州での売れ行きや日本での反応を見ながら、発売へと向けて動き出すと見られます。

 

2019年夏に欧州で販売開始となりますから、2020年には日本で発売される可能性が高いでしょう。

※確定次第詳細の日程を更新いたします。

 

CX-30は『CX-3ロング』という位置づけか

①そもそもCX-3とCX-5は何が違うのか

CX-3:コンパクトSUV

CX-5:ミドルサイズにしては幅広

 

一言で表すとこんな感じです。

詳しくは下記の記事を御覧ください。

参考:マツダCX3とCX5の違いを比較!維持費やサイズ面ではどっちが不利?

 

CX-3とCX-5の間には絶妙な格差があり、中間の需要にビタッとハマる車種がありません。

中国専売のCX-4はルーフが低くなったCX-5なので、もちろんその需要を埋めることは叶わず。

 

その中間需要を埋めるべく登場したのが今回のCX-30です。

ではボディサイズを見てみましょう。

 

②CX-30はCX3より若干大きい

【CX-30】 【CX-3】
全長 4,395 mm 4,275 mm
全幅 1,795 mm 1,765 mm
全高 1,540 mm 1,550 mm
ホイールベース 2,655 mm 2,570mm

CX-30はCX-3と比較して全体的に少し大型化をしています。

ホイールベースが+95mm全長が+120mm拡大されているので室内スペースにゆとりが生まれているはず。

 

なおかつ全幅は1,800mm以下に抑えられており、日本の狭い道路事情での取り回しも楽でしょう。

 

ちなみにCX-30のベースはCX3ではなく、Mazda3(旧アクセラ)です。

共通のプラットフォームを使用しています。

Sponsored Link

CX-30は日本で発売されてもヒットする?

マツダCX-30

CX-30のターゲットは、

CX-5では大きすぎるけどCX-3は少し小さいかな。

と思うファミリー層や若者になるでしょう。

マツダは主に若者を取り入れたいと考えている模様。

 

CX-5は結構大きいんですよね。

全幅が1,840mmですから機械式駐車場に入れるには厳しい。

また、運転に自身がない人なら敬遠してしまうサイズ感でもあります。

日本の道路事情からすると少し大きいと言わざるを得ません。

 

しかしながら、CX-3は少し小さい

後部座席はそんなに広くはないですから、ファミリーで使うにはちょっと不満。

子供が乗るのであればいいんですが、大人が乗るには若干狭い。

 

Twitterを見ても興味を持っているユーザーは一定数見受けられ、日本でも売れるのではないかと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください