超痛車天国inニコニコ超会議2018とは?けんすけって何者?

ここ数年で痛車を見かける機会はかなり増えてきましたね。

そして2018年4月28日(土)・29(日)に開催されるニコニコ超会議2018では、痛車を展示するブースがあるのです。

2018年の概要について、去年の様子を交えてご紹介していきます。

また、痛車界隈には「けんすけ」という有名人がいるそうなのでそちらの調査をしてみました。

Sponsored Link

 

超痛車天国inニコニコ超会議2018とは?

ニコニコ動画って皆さんご存知だと思うのですが、そこでの有名人がやってきたり、動画で育った文化を基に様々な催しを行うビッグなイベントです。

その会議の会場で、自分の痛車をエントリーして展示することができるのです!

一般の方はもちろんのこと見学が可能です。

開催概要は下記の通りなので、興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

超痛車天国inニコニコ超会議2018の概要

開催時期:2018年4月28日(土)・29(日)

開催場所:幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール

 

超痛車天国inニコニコ超会議2017の様子

去年はどんな様子だったのかを見てみましょう!

かなり手が凝っている車ばかりですね!

Sponsored Link

 

「けんすけ」とは?

このイベントについて調べていると、「けんすけ」という男性の存在に心を惹かれました。

一体何者なんだと思い、調べてみたところ痛車界隈のレジェンドであることが判明。

Googleの予測変換に出てくるあたり只者ではありません。

けんすけのインテR

こちらの画像の痛車のオーナーである彼が「けんすけ」さんだそうです。

ベース車両はホンダインテグラタイプR(DC2)ですね。純正色のチャンピオンシップホワイトです。

 

非常にレベルの高い痛車であり、誰も真似できないことをやってのけました。

そのせいか有名になりすぎてしまい、どこかで見たことがあるというほど、この画像は拡散されていきました。

 

けんすけさんの今の愛車はシビックタイプR(EK9)?

けんすけのシビックek9

インテRの写真は何年も前のものであり、現在は一体何に乗っているのか?そして灼眼のシャナへの愛はまだ続いているのか?

と思っていたら、いつのまにか愛車がシビックタイプR(EK9前期型?)に変わっており、ラッピングされているのは「灼眼のシャナ」!

タイプRへの愛?とシャナへの愛は今も変わっていないようです。

1つの作品に対してここまで一途になれるというのは、凄いです。

 


ロールバーが張り巡らされ、車内のシートはBRIDEのフルバケのみという漢仕様。

痛車のラッピングだけでなく、改造にも相当手をかけていることが伺えます。

サーキット走行にも出向かれているみたいですね。ちなみに2017年末にラッピングは剥がされ痛車ではなくなったようです。

 

余談ですが僕も昔EK9に乗っていました。どうでもいいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください