首都高速C2 小菅~堀切で車線拡幅工事完了。渋滞緩和となるか?

首都高C2小菅~堀切 拡幅工事の画像

首都高C2中央環状線の堀切JCT~小菅JCT間内回りが、2018年2月25日(日)午前5時に従来の3車線から4車線になり、車線が拡幅しました。

僕がいつも使う場所なのでこのニュースは嬉しいですね。でもここを渋滞している時間帯に通ることがほぼないので、今とあまり変わらないか(笑)

Sponsored Link

 

首都高C2 小菅JCT~堀切JCTの拡幅工事の詳細

首都高の特徴として、JCTで合流して速攻でレーンチェンジしてまた別方向に向かう。というような場所が多いわけで、入り乱れて色んな車がレーンチェンジをしだすとそりゃ渋滞もします。

構造的欠陥とでもいうのでしょうか。特に慣れていない人にとって、首都高の走りづらさはなかなかのものではないかと思います。

Sponsored Link

小菅~堀切の拡幅でどうして渋滞緩和がされるのか?

今回の拡張工事でどうなったのかというと、こうなりました↓

 

●Before

小菅~堀切の画像
参考:首都高速道路

●After
小菅~堀切の画像
参考:首都高速道路

6号線からC2に合流する際、最も左のレーンによる必要がなくなったという部分が大きい模様です。

 

個人的に拡幅してほしい首都高の場所

6号向島線上りから両国JCTに合流する箇所を1→2車線に変更してほしいですね。

両国JCTまではスイスイいけるのに、あそこはいつも渋滞しているのでなんとかしてほしいです。

両国JCT渋滞の図
2車線だったところが急に1車線になるので、混まないわけがないですからね。

ここ最近首都高での工事が活発なので(予算消化か!?)渋滞緩和が進むことを祈るばかりです!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください