群馬県前橋の事故 高齢者が女子高生2人を轢き、被害者2人の安否は?

1/9(火)に群馬県前橋市で起きた85歳の高齢者が高校生2人を轢いてしまうという事故。

女子高生2人は始業式に向かう途中だったそうで、まだまだ若いです。

現場にはブレーキ痕が見られないため、居眠り運転とも言われていますが、原因はよく分かっておりません。

Sponsored Link

下記は上毛新聞の記事です。

「9日午前8時25分ごろ、前橋市北代田町の群馬県道前橋赤城線で、自転車に乗っていた市立前橋高1年の太田さくらさん(16)=同市高井町=と、同校3年の大嶋実来さん(18)=同市元総社町=が乗用車にはねられた。2人は頭などを強く打ち意識不明の重体。前橋署は同日夜、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同市下細井町、無職、川端清勝容疑者(85)を逮捕した。
◎「気付いたら事故起こしていた」

 同校はこの日が始業式で登校途中だった。2人は市内の病院に搬送された。

 逮捕容疑は、2人の自転車に相次いで衝突し、けがを負わせた疑い。同署によると、川端容疑者は容疑を認め、「気付いたら事故を起こしていた」と話している。

 川端容疑者は県道を南へ走行中、対向車線にはみ出し、路側帯を走っていた太田さんをはね、民家の塀に衝突した後、大嶋さんをはねた。さらに走行車線に戻り、渋滞で止まっていた同市の男性会社員(35)の軽乗用車に衝突した。川端容疑者は頭、男性は首にそれぞれ軽傷を負った。現場にブレーキ痕はなかった。同署は男性の負傷についても、同容疑で捜査を進める。

 川端容疑者はこの事故の直前、約150メートル北の同県道交差点で、対向車線で右折待ちをしていた同市の女性(26)の乗用車と、右のドアミラー同士が接触する事故を起こしていた。市内の老人福祉センターに向かう途中だった。

 県警によると、昨年、認知機能検査を経て免許が更新されていた。

 現場は片側1車線の直線道路。周辺は住宅が多く、同校から直線で約1キロ」

出典:上毛新聞

 

川端清勝容疑者

逮捕された川端清勝容疑者(85)は普段から事故や接触を繰り返しており、家族にも運転を止めるよう諭されていたみたいです。

事故当日は家族に止められないよう、2時間早く家を出たそうですね。

女子高生2人と家族があまりにも可哀想です。

被害者の2人は1/12(金)00:00現在も意識不明の重体です。

 

高齢者の運転について

群馬県といえば、1家に1台ではなく1人に1台とも言われる車社会です。

高齢者が車を運転しなければ、生きていくのが難しい社会構造も原因の一端なのでしょうか。

とはいえ、家族の制止を振り切ってまで運転してこの有様では容疑者を責めたくなるのは当然かと思います。

ともかく女子高生2人には無事でいてほしい、後遺症もなく回復してほしい一心です。

 

最後に

いずれは自分も高齢者になりますが、運転することが楽しみな僕は将来どういう選択をとるのでしょう。

そのころには自動運転の車以外は存在していないかもしれませんが。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください