C63AMG(W204型) インプレッション!走行性能や実用性について解説!

c63 amg

C63AMGを購入して早7ヶ月がたとうとしている中、愛車のインプレッションを一切していないということに気付いてしまいました。

ということで今回はC63AMGのインプレッションを行います!

Sponsored Link

走行性能

パワー

これに関しては文句は全くありません。街中であればアクセルを少し踏むだけで、もりもり加速をしてくれます。

坂道であろうと全くへたる気配を見せません。

 

ハンドリング

1.8トンの重い車体をグイグイ曲げてくれる足回りと相まって、ハンドルを切れば車体はリニアに反応してくれます。

軽快とはいきませんが、ガッチリと左右に反応してくれます。

 

ブレーキ

フロントにブレンボの6pot、リアにはブレンボの4pot。フルブレーキをしなくても恐ろしい制動力を発揮します。

多少ヤバイと余った場面でも、ブレーキを底まで踏まずとも車は停まります。

 

パドルシフト

マニュアルモードにして運転してみるとよく分かりますが、シフトアップ、シフトダウン共にワンテンポ遅いイメージです。

セミATだとこんな感じなのだろうか…

ベタ踏みしてレッドゾーン手前でシフトアップをするには、慣れが必要です。

変速のスピードはかなり早いので、パドルを引くタイミングが重要となってきます。

ESP

軽井沢で事故を起こしたバス会社と同じ名前だが、全く無関係。

ELECTRIC STABILITY PROGRAMの略称であり、いわゆるスピンしないための電子制御システム。素人がこの車を運転できるのは、ESPのおかげです。

このシステムはかなり優秀で、危ない場面ではドライバーを助けてくれます。

ハイパワーFRを身近な存在たらしめるための必須の装置ですね。

 

3つの走行モード

Comfort

いわゆる街乗り用。特にコメントすることはないです(笑)
ギアは2速までしか落ちません。

 

Sport

Sportモードではギアが1速まで落ちるようになります。1速では繊細にアクセルを踏まないと、急加速していくので要注意。

Comfortに比べ多少回転数を引っ張ってくれるようになるが、スポーツ走行には物足りない。

 

Manual

変速は自分でやりましょうモード。ワインディングやサーキットではこれ一択。

エンストを防ぐため、回転数が落ちすぎると勝手にギアダウンします。

 

その他

エキゾースト

車内の防音性が素晴らしいため、あまり音が聞こえないものの、外からはかなりの爆音だそうです(笑)

普通に運転する分にはそんなに音は大きくありません。また、アイドリングもかなり静か。

コールドスタートの最初の習慣はかなりやかましいですが(笑)

ちなみに窓を開けてアクセルを踏み込むと幸せになれます。

マフラーを変える必要はないくらいの麻薬のような音だと思います。

 

冷却性能

C63AMGのネックといえばこれ。エンジンオイルの冷却性能があまり良くありません。

真夏に飛ばすと油温は容易く130℃を超えてきます。

本気でサーキットを攻めるんであれば、要改造かもしれません。

運転席

バケットシートに近いため、スポーツドライビングにも不満は出ない作りです。

普通に運転していても疲れないので実用性は最高です。

ただし、車で一眠りする際の寝心地は悪いです(笑)

後部座席

大人2人が座ってもそこそこの広さを誇ります。が、ベースはCクラスなので過度の期待は禁物。

広々とはいきませんが、不満が出るような広さではありません。

 

車高

低いっちゃ低いんですが、今のところ段差で擦ったことはありません。

段切りと前進駐車に気をつけていればそう簡単には擦らないはずです。

センターコンソールの電話番号のボタン

これを使う日が来ることはないだろう。

無駄機能である。きっとできるビジネスマンのためにつけた機能だろうが、ビジネスマンはC63に乗りながら仕事をしない。

恐らく携帯をBluetoothで接続すると、番号を押して電話をかけることができる。はず。

トランク

タイヤは後部座席を倒すと4つ入ります。巨大な物を入れるのでなければ、セダンとして十分な広さです。

バックモニター

便利ですよねー、後ろの距離感が曖昧なので最近頼ることが多いです(笑)

 

最後に

いかがでしょうか。実用性も兼ね備えたモンスターマシンことC63AMG!最高の1台です。

C63AMGについてのまとめページはこちら↓
[blogcard url=https://c63amg-young.com/2018/01/08/w204_toppage/”]

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください